FC2ブログ
忍者ツールズ

Entries

ArmorBlade ユートピアサイレン

ココ最近新型コロナウイルスの感染対策だの自宅待機だので家に籠る機会が多かったので、久しぶりに学生時代に良くやっていたプラ材(主にプラバンとプラ棒)使ったフルスクラッチしてました。

今回作ったのは高校時代にオリジナルのロボット物企画として作ってた「アーマーブレードX-SAM(ゼクサム)」(現タイトル"ArmorBlade ZX-AM"に登場するアーマーブレードの「ユートピアサイレン」

本作でのロボット兵器=アーマーブレードの設定は、ワリと「重戦機エルガイム」のヘビーメタル(以降HMと略)の真似だったりしてたんだけど、B級HMに相当する量産型アーマーブレードと、エースパイロット用にカスタムメイドされたA級HMに相当するカスタムアーマーブレードがあって、ユートピアサイレンはカスタムアーマーブレードのカテゴリ。

量産型/カスタム共通で機体フレームの概念(重量級のグリフォンフレーム、中量級のサイレンフレーム、軽量級のガーゴイルフレームなど)もあって、名が示すようにユートピアサイレンはサイレンフレームを使用した機体。
なおサイレンフレームを使用した機体は、機体の追従性と軽快性を生かした高機動型が多い(ハスキーサイレン、スラッシュサイレンなど)が主なんだけど、このユートピアサイレンは周りから「なんでサイレンフレームで作った?」と言われる異端な機体だったり。

というのもこのユートピアサイレンのパイロットであるストーリーの中盤くらいから登場するキャラクターのカリア・キャル・キャリーンが、別に存在するバーサーカーキャラ、ハイドロ・ガスミンの部下兼抑え役としてだけど、抑え役というよりは「毒をもって毒を制す」キャラ設定であり、そのカリアの要望を言われるがままに纏めて製作したらこんな機体に仕上がった次第で。

UtopiaSiren20041701.jpg
UtopiaSiren20041702.jpg

機体名の「ユートピアサイレン」も、決まっていたのはUサイレン(Aサイレン=アンカーサイレン、Gサイレン=ジェネシスサイレン、Hサイレン=ハスキーサイレン、Sサイレン=スラッシュサイレンなど)でUの意味合いは異なっていたんだけど、開発スタッフの嫌味も込めて「カリアの理想郷的コンセプトな機体」として命名されている設定に。

ちなみに今回スクラッチするにあたってデザインは機体コンセプトのみ受け継いだ上で再構成してるんだけど、その機体コンセプトは

・頭部が大きくウサ耳状のスタビライザー付き
・武装は連射型とエリア制圧型の火器だ主体で戦場を掻き回す役回り
・散々引っ掻き回した後はそれなりに格闘戦もこなせる


で、元々は肩と脚部に多弾頭ミサイルを満載、両腕にエナジーバルカンだったんですが、リデザイン後は
頭部にエナジーマシンガン×2、格闘専用の実体刀×2、全身14箇所に多弾頭徹甲弾ランチャー、爪先にも斬撃用ブレードを装備。
腕部に関しては機体性格上ほぼ使用する機会はないので通常時は腕部のランチャーに格納し、非常時に展開可能(その際はビーム剣の「エナジーセイバー」を使用」)となっていますが、頭部実体刀の取り回しに邪魔な腕部は状況に応じてパージ可能という、ある意味矛盾した機能も。
この辺がカリアの「その場の思い付きで要望を出している」あたりだったり。

UtopiaSiren20041703.jpg

スクラッチするにあたって、一部関節にWAVEのプラサポ使ったのと強度的に心配だった部分に1mmφの真鍮線を使った以外はほぼ全身がプラバン積層か箱組みからの成型で、ちょっと高校時代に自作していた頃を思い出してポリキャップは使用せずに組んでます。

ノンスケールながら頭頂高が10cm程度と1/144のガンプラより二回りほど小さいサイズで、ここまでの工作時間は1日7~8時間程度の4日間なので約30時間くらい。

まだ未塗装状態だけど、塗装についてはまだカラーリングを検討中。旧設定ではアメリカンチェリーっぽい色だったんだけど、さてどうしようかな?
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/994-a09a8b05

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索