FC2ブログ
忍者ツールズ

Entries

ハセガワ「ちいさなメカトロメイト」さっそく組んでみた

基本的に自分は間の悪い人間だと思う。
Twitterでハセガワから「ちいさなメカトロメイトを出荷しました」のツイートが流れた翌朝(6/19朝)、出勤前のちょっとした時間で先週末買ってきたシンプラー版のメカトロメイト2箱目を開封し、塗装を始めていたのだから。

出勤して一日お仕事しながら塗膜がしっかり乾燥するのを待って、夜になって帰宅したら組むんだ♪
とか考えながら通勤電車の中でTwitterを見る。
もしかして早ければ今日店頭に並ぶところもあるんじゃないか?とか考えながら。

そして恐れていた事態がお昼ご飯食べてる頃にやってくる。
「秋葉原のイエローサブマリンでメカトロメイトの品出ししてる」とのこと。
これはもう、今日買うしかないじゃん!!
※この時点でちょっとシンプラーのコトは脳内から退避されちゃっている。

そんなこんなで、お仕事終わってから帰宅ルート上の寄れるお店ではまだ入荷されていないことを確認した上で秋葉原へ向かい、閉店5分前にラジ館内のイエサブで買ってきましたよ「ちいさなメカトロメイト」!!

キットは「みずいろ」と「おれんじ」の2セットでそれぞれランナー3枚+ポリキャップランナー1枚で透明パーツはナシ。構造も簡単なことからパーツ数も多くなく、どことなく組んでいる印象は先日組んでいたシンプラー版ウィーゴに通じるものが。基本接着剤不要のスナップフィットキットですが、ある問題とトレードオフすることで接着したほうが強度面では安心な感じ。

余談ながら素組みでの満足度は高いんですけれど、ウィーゴや特にチャンク(まだ試してはいないんですけれど、もしかしたらメイトはチャンクの運転席に入るんじゃないかってサイズ)と比較するとちょっとだけ割高感が。いえ不満なワケではないんですけれどwww

組み立ててみた感じ、工程は大体ウィーゴの半分、チャンクの1/3程度で本当にサクッと組める感じ、唯一肩の関節シャフト部分のパーツが高齢者の目には小さくて辛いかな?ってサイズ。このパーツ設計側でも折れることを考慮してか交換用も1セット付いている親切設計です。

そしてこれも同シリーズ共通ですが、色分けでパーツ分割されているので塗装にも易しい設計となっています。

唯一ちょっと勿体ないなと思ったのが脚部ですけれど、このキット腰パーツが2セット(立ちと座り)入っているんですが、その先にハメる脚部パーツが1セットしかなく、接着して組むとなるとどちらかを選択しなければならなくなります。
腰パーツに入れるポリキャップもちゃんとどちらの分もあるのに、ココだけは少しだけ残念。
まぁ基本スナップフィットなんで共有しちゃえって考えるのが自然ではありますが。

塗装せずに成型色を生かして組み立てる場合、目は油性の極細マーカーとかで、スミ入れはガンダムマーカーの筆ペンを使うと簡単で効果的。はみ出した部分を落とすついでに全身を100円ショップで売っているメラミンスポンジで磨くとインジェクションキット特有の艶を抑えて良い感じのフラットな完成品に仕上がります。

mate190620_2.jpg

今回「みずいろ」をベースにキャスト版で作った「ちんぷい」(バイオレットカラー)を再現してみたんですが、工作時間は塗装込み(乾燥時間も含む)で3時間弱。その後勢いで組んだ「おれんじ」が30分程度と本当にサクッと組めちゃいます。

mate190620_3.jpg

キャスト版と比較したところ、サイズは全く同じ・・・の筈なんだけどちょっとハセガワ版の方が心持ち足が長めに感じる。そしてキャスト版では差込みでのスイングしかしなかった肩が関節増えて二重関節化しているので可動範囲が格段に広がっています。

一ヵ月後の7月下旬には第二段のカラーバリエーション「くろ&もも」が出て組み合わせでのバリエーションも広がりますし、ある意味ウィーゴ以上にカラバリが楽しめちゃうかもしれないメイト、これからも色んなバリエーションで楽しませて欲しいところです。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/958-3c7c8f92

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索