FC2ブログ
忍者ツールズ

Entries

千値練シンプラー版メカトロウィーゴのススメ

週末の土曜日に末広町のアーツ千代田で6/15〜16の二日間で開催された千値練10周年記念展に行って当日先行発売されたシンプラー版のメカトロウィーゴ(イベント限定版のホワイト)を買って組んでみました。

当ブログでもちょこちょこ出てきているメカトロウィーゴ、今迄は一般的に入手の容易さでハセガワの1/35scale、1/20scaleのインジェクションキット(いわゆる普通のプラモデル)と、千値練から出ている1/35scaleダイキャスト完成品、1/12scale完成品があり、それ以外ではガチャポンのタイニーメカトロウィーゴやなどがあります。
また今だとちょっと入手困難だけど、創造主である小林氏の手になるガレージキット版(無発泡ウレタン製のキット)なども。

そしてそこに新たにやってきたのが千値練からリリースされたシンプラー。
スケール表記はないけれどサイズ的には1/35scaleの1.25倍、約1/28scale(実寸で92mm程度)と手に持つのにジャストサイズなんですが、このキットの最大の特徴は「簡単組立/工具不要」、つまり接着剤不必要でパーツの手もぎ推奨という青空モデリングに最適なイージーキット。お腹のハッチが開かなかったり(ハメこんでいるだけなので外すことは可能)腕部や脚部にコストダウンの為の肉抜き穴も開いてはいますが、関節の可動範囲も広く。プラモ組み立てに慣れているなら10分程度、慣れていない人でも30分前後でカラフルで可愛いウィーゴが手に入るという素敵なキットです。
なおイベントでの価格は1個1,500円とこれまたお手頃。

190615_01.jpg

当日、あいにくの雨降りでしたが9時半に末広町の交差点で待ち合わせ、そこからアーツ千代田までは数分の距離で展示は10時開催、物販は10時半からスタートということで早速物販列に並ぶことに。その時点で既に80人強並んでたかな?
アーツ千代田が元々中学校の校舎で、物販列は1Fの物販コーナーを先頭に階段を上がり、3Fの廊下あたりで並んでいたんだけど、なんともいえない「廊下に立たされている」感www

なんだかんだで買えたのは11時ちょっと過ぎた頃。当初の予定では外の広場で青空モデリングしようかと考えていたんだけど、雨降りだったので1Fのコミュニティスペースで休憩も兼ねて早速組み立て。出来てからそのウィーゴを手に展示の方を見に。

190615_02.jpg

ウィーゴコーナーで「みんなのメカトロウィーゴ10」の作品群を見て、もうどれもプロ級にレベル上がったし、相変わらずの発想の自由さを楽しんだり。
そしてちょこちょことシンプラーの内情を聞かせてもらったんですが、今回のホワイトが(一応は)先行販売だけど、一般販売のみずいろおれんじあかもなんだかんだで6月中に発売予定。しかも6/17週はハセガワからメカトロメイトのプラモも発売予定ですので、6月後半はメカトロ中部に色々と搾取されそうな予感です。

さて組んでみたシンプラー版のウィーゴですが、簡単な構造ながらシンプルであるが故の丈夫さが頼もしく、ハセガワ1/35版だとちょっと気をつけないと折れちゃいそうなアームの爪部分も気にせず遊べ、腹部ハッチのヒンジもそもそも無いので折る心配なし。
素組みでも付属のホイルステッカー貼るだけで綺麗な完成品を手に取ることができます。

発売以前ちょっと気にしていた手足の肉抜き穴についても、このシンプラーをスケールキット的アプローチで組むのであればエポパテなどで埋めれば良いんですが、「メカトロウィーゴ」というキャラクターのアクションフィギュアを組み立てるイージーキットとして捉えれば全然きにならないレベル。
なので「肉抜き穴が目立つので買うのはちょっと考えようかな?」と考えている人には「全くの杞憂に過ぎないです」と断言して良いかと思います。

190615_03.jpg

ちなみに私のホワイトは、百均で買ったラインストーンシールを持参して、目とお尻のテールランプ部分に貼り、帰宅後に全身の墨入れも施してみましたが、これだけで満足できる新しい相棒に。
またほんのプチ改造ですが、ホイルシールの余白部分を使って、口を開いた時に除くウインドシールド部分に貼ってアクセントとしてみました。

シンプラー版とハセガワ1/35scale版を比較してみたところ、あくまでも個人の感想ですが、ハセガワ版は「メカトロウィーゴの1/35スケールキット」、シンプラー版は「Hello WeGo!に出てきたり、小林氏が描くキャラクターとしてもウィーゴ」になっている気がします。ある意味メカトロウィーゴの2019年版と言えるかと。

190615_04.jpg
190615_05.jpg
190615_06.jpg

そんなワケで、実は手に持って遊ぶには最優秀な製品ではないか、というシンプラー。メカトロウィーゴ好きには決して外せないちょっとした決定版なんじゃないかと思ってる今日この頃です。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/956-8cf2705f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索