FC2ブログ
忍者ツールズ

Entries

メカトロメイトを組んでみよう(その1)

2月18日(日)のWonder Festival 2018 Winterで無事購入した4-08-06モデリズムのメカトロメイト、「あいぼりー」、「うすみどり」、「おれんじ」各100個で合計300個。1人2個限定制限で開場から1時間半ほど経った11時半には完売した(完売したのは予想どおり「あいぼりー」→「うすみどり」→「おれんじ」の順)とのこと。

小さいながらもこの手の無発泡ウレタン製ガレージキットとしてはパッケージもしっかりしていながら1個2000円とかなり良心的なお値段。あっという間に完売だろうなと予想していましたが実際そのとおりで、でも当日ワンフェスに行けるのであればダイレクトパスとかがなくても、ちゃんと「メカトロメイトを第一目標に!」朝から並んでいればちゃんと確保できる程度の入手難度。
入手してからパッケージを開けて、その可愛さに悶え苦しんでいる人も多いのでは?

後日通販も予定しているということから、幸い今のところネットオークションなどで出品されている様子もなく、旅立っていった300個は皆「自分が欲しくてしかも組みたい」層のところにちゃんと行っているんだろうと。

ウチにやってきた「あいぼりー」と「うすみどり」についても、まず「うすみどり」から組んでみようと、早速昨日夜に組み始めてみました。
組立て手順についてはモデリズムのブログにてパーツ洗浄から親切丁寧に解説されているのでガンプラ組んでいる程度のスキルさえあればそう困るような工程はないかな?という感じ。

それにしても、実はモデリズム純正のキャストキットは組むの初めてなんですが、いやコレって精度高い!!
僅か8パーツとシンプルな構成で、全パーツが無発泡ウレタン製ながら、パーツのゲート処理をしてやると仮組みの段階でも各パーツがしっかりとハマり、テープ止めすら不要です。

仮組みのメカトロメイト♪

仮組みして早速1/35ウィーゴと並べてみたんですが…
あーもうっ!可愛い過ぎる!!

早速組んじゃおうということでまずパーツの離型剤を中性洗剤で洗浄し、更に塗料の食い付きが良くなるようにスポンジやすりで表面処理しておこうかと。

その前にちょっと可動面での要検討事項。仮組み前からちょっと考えていたんですが、メイトの脊椎にあたる腰と首のボールジョイントパーツも当然無発泡ウレタン製なのでちょっとだけ強度に不安が残る。ボール部分が捻じ切れちゃったりしないかな?とか。

折れ対策としてはパーツに1mmφの穴を縦に貫通させて1mm真鍮線を入れれば良いんだけど、ボールジョイント部分が弄っているうちに摩滅してユルユルになりそうな予感が。
なのでまず首と腰のジョイントについてはメインシャフトを3mmφプラ棒に変更し、ボール部分をイエサブの関節技に入っているボールに変更してみました。

首と腰のジョイント換装

肩関節については今時点ではどーしよーかなー?と考え中。ボールジョイント化して可動範囲をもうちょっと広げてみても良いんだけど、今のままでもとりあえず良いかな~と。

さてそろそろ塗装の方の心配に移ってみようかな。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/895-aecf90c1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索