忍者ツールズ

Entries

メカトロウィーゴは巡り巡って…

一般参加で行ってきたWF2017冬以来、自分的にはちょっと1/35メカトロウィーゴ強化シーズン再来です。とはいってもワリとプチカスタマイズな子たちばかりではありますが。
ただ共通しているのは、そのどれもが新規で作成したものではなく、既存のウィーゴたちの再改造品だということ。たぶんこれ以上の再改造はないだろうとは思うけれど、なんども手を入れてより愛着が深まるってのもなかなかおつなモノで。

■白オカメウィーゴ「ふくふく」
今まで飼っていたなかで一番永く一緒の時間を過ごした白オカメインコ「ふくふく」専用ウィーゴとして作った千値練製1/35のウィーゴ。
アイデア自体は半年くらい前からできていたんだけど、先日ふと手持ちのウィーゴで作れちゃうと気付いてサクッと作っちゃいました。とはいえたぶん今後のウチのウィーゴたちの中ではフラグシップ的存在になりそうな予感。

白オカメウィーゴ「ふくふく」

元々は安かったから(確か二千円以下で買えた)「びびっと」だったんですが、これが昨年の初夏にWF出展用に作っていたウィーゴGTモデルにフレーム部分をもっていかれ、ドンガラ状態だったのを、組み立て式のフレームを移植して再生したのが「びびっとりぺあ」。その「びびっとりぺあ」と別途やはり安価にGETした「しろ」との二個一で作ったのが「ふくふく」です。
ポイントはオカメインコの特徴であるほっぺの赤と、あと白オカメの特徴である頭部のハゲ。
この二つのポイントでかなりユルくも可愛いウィーゴとして転生できたんじゃないかな?と。

■ズグロシロハラウィーゴ
自分の場合に良くある「欲しいから」ではなく「作れるから」で作った千値練1/35ウィーゴで実質「ふくふく」の相方役。
今年の初めくらいにふと「しろ」が1500円くらいで売っていて「これは保護しなければ」と購入。その後そのまま置いていたんですが、先日の「ふくふく」作成時にパーツ取りで使い、残ったパーツを組んでみたらな~んか既視感あるな、と思い行き着いたのが背中のカウルを緑色に塗ったら「お腹がちょっと黄ばんじゃったズグロシロハラインコ」www

ズグロシロハラウィーゴ

なので早速背中をデイトナグリーンで塗ってみました(あと頭部ハッチは銀→黒に)手が赤いのは「びびっと」から流用された名残で本物のズグロシロハラインコには無い色」なんですが、これはこれで良いアクセントだな~と。やはり「しろ」買っておいて良かったな~

■USBメモリウィーゴ2「あぽろちょこ3号」
前にハセガワ1/35の初号機「デカ目」を改装した「デカ目USB」は2GBのフラッシュメモリを内装していましたが、パッとみ普通っぽいけど実は…な感じを狙って作ってみたUSBメモリ内装ウィーゴ弐号機です。内装するメモリの容量は初号機の4倍、でもやっぱり控えめな8GB。

USBメモリウィーゴ「あぽろちょこ3号」

「あぽろちょこ」は、元々ウィーゴ布教の為に某友人へのプレゼント用として日本橋のマクドでちょこちょこっと組んだハセガワ1/35「ももいろ」と「ここあ」のミキシングウィーゴ。
なので既に手元には無いんですが、後日「でもやっぱりあの組み合わせは良かったよなぁ」と再度自分用に組んだのが「あぽろちょこ2号」でした。
その「あぽろちょこ2号」に今回新たに8GBのUSBメモリを搭載したので、本来は「あぽろちょこ2号改」が正しい名前になるんですが、なんとなく気分的に「あぽろちょこ3号」を襲名しちゃいました。
「デカ目USB」はUSBメモリユニットを搭載することで折れちゃった胴体カウルの関節パーツ補強という意味合いももっていたんですが、今回は純粋にどこにも破損個所のない個体への搭載なので今まで以上に気兼ねなく持ち歩ける一体となりました。

■りさいくる
何体もウィーゴのプラモ組んでいると、当然ながら流用したパーツの残り、というモノが増えてきて、それで一体組めるような状態に到達します。そんな感じで一体組めるパーツが揃ったんですが、やはり色味的にはイケてない。ならば全塗装すれば良いんだけど逆にこのイケてない色合いで敢えて完成体として組んでみようと思った次第。

1/35ウィーゴ「りさいくる」

この子にはちょっとストーリー的な設定も加味されていて…

少し昔、メカトロウィーゴが華々しく市場に出回った頃。
とあるあんまり経済的に余裕のない家庭の男の子と、その男の子を溺愛しているお爺ちゃんが居て、そのお爺ちゃんは町の自動車修理工場で働いていた修理工でメカには結構強い。
ある日男の子が「僕もメカトロウィーゴが欲しいよう」とねだったんだけど買えるようなお金もなく、そこでお爺ちゃんが一念発起して古くなったりでスクラップ工場とかに廃棄されていたウィーゴを現役時のつてを頼って集め、自分で組み立てた、という感じ。

ただしお爺ちゃんは修理工としてはベテランだったけれど、メカとして動けば外観はあまり気にしない性格だったんだろうな、とかコレをプレゼントされた男の子はたぶん「え~こんなボロいのやだー」とか言ってお爺ちゃんを困らせたんだろうな、とかw

そして時は経って男の子は社会人に、お爺ちゃんからもらったウィーゴはあんまり手入れは行き届いてはいないけれど、今も大切な相棒として家にいる。という感じに。

要は組んだだけでは物足りなくなって、徹底的に汚し塗装しちゃったワケ
ポイントは、全体的に塗装は剥げたり紫外線で退色したり、そして錆もかなり浮いてきているし、そして頭部ハッチや肩・腰の丸いパーツは金属製じゃなくFRPか何かでできていて、これもまた紫外線での退色が本体とは別に進んでいるんだろうと。
調子に乗ってノリノリでドライブラシしていたら、想像以上のポンコツっぷりを発揮していました。でもそれがまた可愛かったり。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/856-ccc6854d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索