忍者ツールズ

Entries

中華なタブレットに中華なタブレットケースを

買ってから約半月、「WFで怪しいタブレットを売って怪しいタブレットを買おう」プロジェクトで買ったWindows10/Android5.1デュアルOSな8インチタブレット、PloyerのMOMO8wですが今のところ快調に動作中。ちょっと温かくなるのはご愛嬌としても日常での実用レベルで使えてます。

で、最遠方としては呉に行ったときにも持っていったりと持ち出すことも増えてきたので、簡単なものでいいからケースを用意しようかな~と考えて、週末(8/20)に秋葉原(実はHeyで当日販売していたダライアスタオルを買おうってのがメインの目的だったり)へ。

そしてMOMO8w買った東映無線のラジオデパート店行ってみたところ、やはりMOMO8w純正のケースは無い様子。ついでにいうとMOMO8wも在庫切れっぽくて店頭で見かけず。それ以外にChuwi Hi8用とかONDA V820w用とかのケースが大体千円前後で売ってたんだけど、一つ気になる代物が。

それが特売品扱いのONDA V801用のケースで税込みたったの300円!!

とりあえずサイズは合いそうなので、最悪まったく使えなくても300円なら痛くないし、なによりネタとして楽しめそう!ということでこの特売品を購入。

帰宅後にマジマジと見てみたらまぁ安い作り(300円だからあたりまえだけど)で、透明のケース本体に表の木目っぽい白いシートと液晶面に接触する裏面の油紙っぽいシートが粘着テープで貼り付いているだけっぽい簡素な構造。
そして当然(?)ながらUSBもHDMIも、SDカードスロットもイヤフォンジャック端子も、もちろん背面カメラもぜ~んぶ位置が違うw
かろうじて電源とボリュームボタンは位置が合ったけれど、これもケースにハメると頗る使いにくくなる。

いいもんね~どうせ最初っから切削加工するつもりだったからね~とプラモ用ニッパーとカッター取り出して、まず電源周りのボタンを押し難くしているプラ部分を切り取る。
透明プラでしかもやっすい再生プラ使ってそうなので、てっきりパキッと割れちゃうかも、と思ったけれど、思いのほか切削しやすい。ニッパーで大まかに切ってからカッターでの成形が非常にやりやすい。もしかしてこれPET樹脂じゃない?
と嬉しい誤算もあったりして、サクサクと10分足らずでケースの切削加工完了。イヤフォンジャックとSDカードスロット、そして背面カメラ部分はまだ穴開けてないけれど、ケース付けたまま充電できるようになったのでこれで当面は十分かな?と

もう一つ嬉しい誤算としては、やっすい構造ながら、ちゃんと液晶保護面のシート折り曲げてスタンドとしても使用可能でした。やるな!格安中華タブレットケース!!
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/832-ccc0a321

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索