忍者ツールズ

Entries

35メカトロウィーゴ GTモデル

とりあえず、7月24日(日)のワンダーフェスティバルでの卓番号が決まりましたので告知させていただきます。

4-14-03 「A.S.O.」
当日の出展作として現在鋭意仕上げ中なのが千値練版35メカトロウィーゴの改造キャストキット・・・



35メカトロウィーゴGTモデルです

予定頒価¥2,000-で、予定頒布数が30セット。組み立てるためには別途千値練の35メカトロウィーゴ(完成品でもかまいませんが、通販やイベントで販売している「くみたて式」、「くみたて式2」を推奨)が必要となりますので、その旨ご了承ください。

さて、この35メカトロウィーゴGTモデルのGTとは?
一目見ればわかるとは思いますが、当然グランツーリスモの略ではありません。
そして某横スクロールSTGに登場する鯨型巨大戦艦のコトでもありません。

その正体は、某「お前のモノは俺のモノ、俺のモノも俺のモノ!」で音痴でちょっと隠れ少女趣味ももったガキ大将の専用モデルをイメージしたメカトロウィーゴです。

ちなみに察しの良い方はお気づきかと思いますが、コイツを作るキッカケとなったのは本家モデリズムが前回のWFで出した35メカトロウィーゴの改造キット、メカトロウィーゴ「すぽーつ」の存在でした。
なので今回の予定頒布数の30セットというのも「すぽーつ」の頒布数と合わせていたりしますw

WeGoGT_02.jpg

んでもってまぁ、「すぽーつ」を見て、ウィーゴの体型自体を変えるのもアリだね~と気づき、「すぽーつ」がオリジナルよりもキュッと絞ったスリム体型に振っていたので、じゃあ肉付きの良いモデルを作ってみようかと。そんなこんなで最初に描いてみたアイデアスケッチレベルのラフがこんな感じ。

この時点からお腹はオリジナルよりもだいぶ恰幅の良いスタイル、と言うのだけはコンセプト固まっていました。
それ以外の部分はまだちゃんと固まる前だったのでアレですがw

WeGoGT_03.jpg

そしてラフスケッチを元にハセガワ版35メカトロウィーゴをベースにエポパテ盛ってみた形状試作モデルがコレ。
この時点でオリジナルよりもふてぶてしい雰囲気は出ていますし、殴られたら顔面にめり込みそうな拳というコンセプトも出てきてはいます。

ただしこの試作1号機は、親友でありデブに関して見識の深いAzrielさんから「お腹のラインがまだ足りない」との感想を得て次のステージへ。

WeGoGT_04.jpg

試作1号機改。
お腹に二回目のエポパテ増量を行った腹部形状再考モデルです。手首とかはノーマルに戻っていますが、大体この時点でお腹のラインは固まってきた感じ。

WeGoGT_05.jpg

試作2号機。
とはいっても、印象こそ変わってはいますが、実は色が変わった以外はそれほど1号機改と変わっていません。ただしグーパン用の試作手首を新たに左腕に装備。しかしこの手首はあまりにもグラップラーなのでこの後再考することに。

そしてこのあたりでGTモデルの仕様に迷いが出てきます。当初はハセガワのプラモ版35メカトロウィーゴの改造キットを計画していたんですが、千値練版の改造キットに変更したほうが良いんじゃないかと。

その結果、WF本申請の前にGTモデルの仕様はハセガワプラモ版改造キットから千値練版の改造キットに変更となるのでした。

そして・・・

WeGoGT_06.jpg

くみたて式をベースに製作し始めた本番原型。
試作2号機の頃からGTモデルのキャラクター性の一つとして「肩と腰部分にオーバーフェンダーを付けてチョイ悪感を演出」というのをやってみたらそこには・・・

クリスチーネ○田さんが立っておりました。
まさか妹のほうにバケるとは!!

あと両腕は強烈な拳骨威力を想起させつつもどこかしらユーモラス(ただし実用性はないぞ、コレ)なグーパンハンドになりました。

WeGoGT_07.jpg

頭部周りがあまりにも某女性万画家志望の妹っぽくなってしまったコトもあり、太くて男らしい眉毛をイメージしたラインをt
頭部に付加。

また下っ腹に手動での腹部カウル開閉取っ手を付けたら、本来自分の好きなラインとは違うんだけど、でも納得のいく形状に落ち着いたのでこの線で行くことに。ココから腰と肩のオーバーフェンダーに取り付けボルトのデティールを追加したのが現状の原型となりました。

WeGoGT_08.jpg

オリジナルの35メカトロウィーゴ(ハセガワプラモ版)との比較。
足首がデカくなった分、ほんのちょっとだけ身長が伸びています。そして無害そうなオリジナルと比べると如何にもきかん坊な印象に。でも悪役ってほどではない微妙なラインになりました。

WeGoGT_09.jpg

プラモ版試作二号機との比較。一見試作二号機の方が太くみえますが、実はウエスト周りは原型モデルの方がほんのちょっとですがサイズアップしています。
ただし試作二号機と比べても「ただ太い」から「動けるデブ」に印象変えることは出来たんじゃないかな?

ってな感じでWF当日に向けて型取りと複製作業を鋭意進行中の35メカトロウィーゴGTモデル、興味のある方は是非4-14-03「A.S.O.」まで遊びに来てください!!
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/827-921186f8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索