FC2ブログ
忍者ツールズ

Entries

販促アニメとしてのゾイドジェネシス

ゾイドジェネシス終わっちゃいましたね。
ここ一年ばかりエウレカセブンと並んで真面目にチェックしていた数少ないアニメだったんで、終わったときは結構感動ひとしおって感じでした。まぁ不満が全くないわけじゃないんですが、十分に燃えられる最終回だったんで。
しかしまぁ、振り返ってみるとゾイドジェネシスって脚本もかなり良かったんだけれど、なによりも「ゾイドの販促アニメ」として非常に秀逸な作品だったなぁと関心しちゃいます。若干個人的な好みもたぶんあるんでしょうけれど。

なにせMSそっちのけっぽくて、ちっともアニメ見ててもガンプラ買う気にならない種、死種は論外として(一部欲しいMSがいないワケじゃないんだけれど、それは本編よりも連合vsZAFTで自機として使って欲しくなったものばかりだし)、一部MSが壮絶格好良く描写されていて、フラフラッと買いに行きたくなる劇場版Z三部作(少なくともアッシマー、ギャプラン、ガザC、キュベレイ、ジ・オは観て欲しいと思った。肝心のZガンダムも最後のWR→MS変形シーンで欲しくなったし)などと比較しても、レギュラー陣ゾイドや、敵味方の雑魚ゾイド(含むバラッツ)、最初にモノ見たときには「コイツだけは絶対いらねぇや」と思っていたバイオプテラ、バイオラプターグイを一気に萌えゾイド(燃えじゃないところがちょっとだけ微妙)にさせた功績は非常に凄いんじゃないかと。
ただそれだけに直接ストーリーとは関係ないとしても、いつ出るかと最終回まで待っていたハウンドソルジャーとカノンフォートが単なる便乗再販になったのは残念ですが

で、まぁなんていうか、最終回見終わった後にアミタソと外出した際、「バイオプテラあったら買っちゃおうっ」と思ってたハズなのに、実際帰宅したときに買っていたのがコイツ。

コマンドウルフLC

荻窪の喜屋ホビーで処分価格¥380で売ってたので保護。ジェネシスではディガルド討伐軍改めジーン討伐軍の主力ゾイドとして、キャノリーモルガ、セイバータイガーと共に普通に見かけるゾイドでしたね。
基本的に墨入れだけして、あとは素組みしただけですが、それだけでも結構映えるもんです。実は一時期かなりのプレミア値ついていたアーバイン用コマンドウルフの色替えなんですが、定価¥1000でも結構お買い得なのに、¥380では買うしかありませんって感じでした。他にも¥380帯はキャノリーモルガ、ザバット、カノンフォートがあったし、バイオメガラプトルのグリアームドが¥1490とかだったんですが、キャノリーモルガは無敵団のメンバー分リペしたくなるし(本当か、俺?)ソラシティの自動防衛システムや、とうとう出てこなかった牛はいくら安いといってもねぇ…、バイオメガラプトルについても実は別ルートで確保済みだし(流石にコイツのサイズ考えると複数あっても置き場ないし)

あと、これはちょっと残念なところではあるんだけれど、販促アニメとしてジェネシスが秀逸だった分、肝心のゾイドにちょっと不満と疑問がありました。設定と商品企画部分に何点か。

まず、アニメとキットではゾイドのサイズが異なること。
なんといっても主役であるムラサメライガー(含むハヤテ、ムゲン)が異様にデカイのに、それと比較してランスタッグやバンブリアン、そしてバイオトリケラ、バイオケントロが小さいこと。今回レギュラー陣のゾイドに、旧キットのパーツ換えが多数いた(ソードウルフ、デッドリーコング、バンブリアン、ソウルタイガー)んですが、できれば全部新規でバイオ勢みたいな無動力ゾイドとして出しても良かったんじゃないかと。そうすれば無理矢理グラビティゾイドとして出ちゃったランスタッグなんかももっとマシなモノになっただろうし。それに敵の四天王のハズなのに、ムラサメの前では子供のようなバイオトリケラ、バイオケントロも惜しいです。
ちなみにギルドラゴンだけは、ホエールキングやホバーカーゴみたいなゾイドコレクションサイズってコトにすればワリと補完は可能ですけれどね。

またサイズ的には大きめなんですけれど、それでもラスボスのバイオティラノはもっと大きくするべきでしたね。今のサイズだとクイックキットのムラサメライガーと対峙させたほうがしっくりきそうです。

また設定的な問題なんですが、特にバイオゾイド勢はジェネシスの世界観でしか登場しないゾイドのはずなのに、設定が本編と異なる部分があるのは何故なんだろうかと?
ざっとアニメとキット設定との相違点を挙げてみると…

・バイオラプター/バイオラプターグイ、パイロットには土偶スーツ着用か機械化兵を入れて欲しかったが、普通のパイロットが入っている

・バイオラプターグイ、キット設定では口からアイスブレスとなっているけれど、アニメでは特にそんな描写なし(ナパーム撃ってたような気も)

・バイオプテラ、コクピット構造に相違点(アニメでは着座式っぽいがキットでは腹這い)

・バイオプテラ、キットでは火器装備してないことに、でもアニメ本編ではメガラプトルばりのナパーム発射可能

この辺はできればアニメスタッフとキットの開発陣でちゃんと統一しておいて欲しかったですね。

ちなみに今回のジェネシスでもちょっとした小改造やリペイントでバリエーション楽しめるゾイドが結構いたけれど、バイオケントロからビーストスレイヤー流用して、ソウタ用のランスタッグ作った人っているのかな?ちょっとだけ見てみたい気分。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/79-0eef72e9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索