忍者ツールズ

Entries

可動グラフィグ高速戦艦娘「金剛改二」竣工

通算7体目となる可動グラフィグ艦娘、高速戦艦娘の「金剛改二」さんがやっと完成しました。以前グラフィグマスコット艦娘の陸奥作ったときも思ったんだけど、やはり戦艦クラスとなるとかなり大人げない構成となりますね。№5の軽巡棲鬼もかなり大人げない構成となっていますが、それ以上に色々と大人げない代物になっています。

■可動グラフィグ艦娘№7「金剛改二」
そもそも金剛改二を可動グラフィグで作ろうと思ったのは、高田馬場BIGBOXのタイトーステーションに勤めていた某友人が近々地元に帰るというので、その餞別を兼ねて嫁さん聞いてみたら金剛改二さんだった、という理由から。

可動グラフィグ艦娘「金剛改二」

グラフィグマスコット版では作った経験あるものの、その二倍体、サイズで言えばねんぷちに相当する可動グラフィグ版で戦艦クラスの艦娘作るのは初めてだったので、今回は「壊れにくさ」を重点に建艦してみました。
なので艤装はプラバン積層のムク、頭部と身体はプラバン箱組みではありますが、中にアルミホイル充填して耐圧構造となっています。まぁ髪の毛は単なるプラバン箱組みを頭部に被せているだけなので先行する可動グラフィグ艦娘と強度面での差異は無いんだけれど。

それ以外の「金剛改二」ならではの大人げなさは、というと一つは艤装の可動軸、各砲塔の基部がそれぞれ一軸関節で接合されているのでそれなりに水平面ではフレキシブルに可動します。砲塔の旋回はどうしようかと思ったけど、こちらは流石に壊れにくさ重点の為オミットしています。

あともう一点がスカートの前垂れにあたる部分、本来紙製で厚みは限りなく0に近いグラフィグと異なり、プラバン製の可動グラフィグは数ミリとはいえ厚みが存在する。なので足を前に投げ出した座りポーズだとどうしてもスカート部分と干渉してしまうワケ
※今迄のはスカートの前部分を短くすることで足との干渉を回避していた

しかし今回は1mmの真鍮線を軸に蝶番式に可動する厚さ1.6ミリの可動前垂を作成し、これを装着することで足を前に投げ出す時に折れ曲がって干渉を回避するスカート部分を作成、なので座りポーズでも立ちポーズでも違和感のないシルエットが楽しめます。

予定では6月中に某友人のところに嫁入り予定の「金剛改二」さん、やはり作ってみると楽しいもんで、自分用の可動グラフィグ戦艦娘を作ってみたくなりちょっと困惑中の梅雨入りどきな昨今です。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/764-4bfadb7e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索