忍者ツールズ

Entries

フィギュア捏造する際の行動原理とか

ときに欲しいものがあったとき、それを手にする方法は概ね
買う(買ってもらう)
作る(作ってもらう)
の2種類4パターンとなる。そしてその欲しいものが市販されているのであればやはり「自分で買ってくるの」が一番手っ取り早い方法となる。
※最近だとお金あってもあっという間に完売してなかなか手に入らないケースもあるけれど。

もし市販されていない/今後も市販されそうにないものであれば、取るべき方法は「作る」か「作ってもらう」しかないだろう。
この場合も実のところより簡単なのは「(自分で)作る」方となる。なにぶんその行為自体は自分以外の誰の労力もほぼ必要としないから。

問題があるとすれば自分に自分が欲しているもののクォリティを出せるか否か(つまり満足できるかどうか)くらいだし、場合によっては「作りたいけど(自分には)作れない」と挑戦する前から諦めてしまう人も少なからず居るというコト。

そうなると残る手段は一つ、「(誰かに)作ってもらう」だろう。

不意にこんなこと書き始めたのにはまぁ理由がないワケじゃなく、かれこれ自分が生きていた人生のごく幼少期を除いたほとんど全部の期間、なんらか者を作ることを趣味としてきたんだけど、ココ一年ほど「艦これ」にハマって艦娘フィギュア作るようになってから、あちこちからフィギュア製作依頼を受けるようになったから。依頼自体は受けて作ったこともあるし、なんやかんやで霧散したこともあるんだけど、この実際に依頼受けて製作したときと霧散した時とでは、実は明確な差異がある。その差は、こっちのやる気を引き出そうとしたか否か。

古くからの友人とかだと結構理解してくれていたりするんだけど、自分の行動原理には明確に「それをやって楽しいか?」というのがある。

だからとある命題があったときに、自分でその命題に楽しさを見出せば勝手に動き出すし、誰かから「やって?」と頼まれた場合も、損得はまた別の問題としてそこに楽しさ(直接的に命題そのものに楽しさがなくても、依頼してきた「誰か」には楽しいおもいさせて貰ったからなども)があれば結構動かすのは簡単だったりするワケ。

なんだけど、ネット上で知っただけでオフでは知らない人に頼みごとするのってやっぱり難しいワケで、そういうときに依頼する側として一番簡単な代償が金銭ってことになる。だけどなんていうか正直フィギュア一体オーダーで作る程度で得られる小金だと、こっちとしてもあんまり楽しさは得られないですよね。沢山積まれればどうかっていうと、それはそれでプレッシャーにしかならなくて敬遠しがちだし。

つまりこの面倒な男をその気にさせるのならば、こっちの興味を引いて「作ることによってこちらが得られる楽しさ」を提示してくれるのが早道だと。その為にはやはりコミュニケーションは大事なんだよな。ってコトで、
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/700-d1c0a745

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索