忍者ツールズ

Entries

グラフィグマスコット艦隊これくしょん「高雄改」&「愛宕改」

またしてもやり過ぎ万歳。

高雄改&愛宕改

以前、製品鈑のグラフィグマスコット「愛宕」をプチ改造して姉妹艦の「高雄」作ってましたが、その後この高雄を起点として由良、山城改、扶桑、白露、古鷹、黒潮、不知火とグラフィグマスコット版の艦娘つくってましたが、だんだんと擬装周りが凝ってきて、高雄の擬装が見劣りする(扶桑とかは主砲塔が旋回したりできるのに、高雄の主砲塔は髪と一体のシール表現ですから)ことに。
そこで思い切って高雄を改造してみることにしました。そうすると愛宕との共通点は多いものの、以前は妥協していた相違点の回収(ベレー帽の被り方や前髪の形状など)もしちゃうことに。そして主砲塔も髪から独立した二作目の「高雄改」が完成することに。

そしてここで済ませればまだ良いんですが、高雄改完成直後に脳内に棲んでいる悪魔がそっと耳打ちしてきやがりました。

「可動グラフィグのRJ作ったときは俎板な胸をネタにしたのに、高雄さんの胸もRJと同じフラットなままなのかい?」

そこ言われちゃうともう引っ込みがつきません。辛うじて我慢してた部分でもあるし、じゃあどうすれば良いかの方策も脳内で完成していたので。
早速竣工間もない高雄改さんを近代化改修。首元から身体のシールを一度剥がして、胸部に1mm厚のプラバンでバルジを増設。たった1mmとはいえ、高さ25mmしかないグラフィグマスコットには効果てきめん。首元から胸への稜線と、そこから下乳のラインを楽しめるバルジを実装した艦娘はやっぱりちょっと良い感じです。

グラフィグマスコット高雄改

…となると当然気になってくるのが姉妹の愛宕さん。既に製品版だと全く釣り合わない状態に陥っていたので、高雄さんと同じように改造することに。主砲群を作り直すのはまぁ良いとして、折角なので胸部のバルジは高雄改の5割増し(1.5mm)としてみました。なので竣工した「愛宕改」さん、パンパカパーンに恥じない豊満なボディにw

グラフィグマスコット愛宕改

今後ここまで極端な艦娘はたぶん大和/武蔵あたりくらいしかいないだろうけれど、竣工済みの不幸姉妹のバルジはどうしたものかとちょっと考え中です。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/680-615fecb3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索