FC2ブログ
忍者ツールズ

Entries

深く静かに建造せよ

このブログアップしている時点では既にお嫁に行っちゃってるんですけれど、ねんどろいど艦娘第5弾で且つ初のねんどろいど重巡洋艦娘「古鷹」が竣工しました。今回はある特定の人へのサプライズプレゼント用として作っていたので、当時の戦艦大和建艦並みの機密状態(つまりそこそこ厳重な機密のように見えて、実は案外穴だらけな機密)で建艦してました。

ねんどろいど古鷹1

今回の建艦の特筆点、最初の白露、由良のときはまず建艦したい艦娘が決まっていて、そこそこ時間もかけて開発資材集めをしており、三番目、四番目の黒潮、不知火は、逆に揃っている開発資材から建艦する艦娘を決めたというどちらもそんなに無理のない建艦計画。

しかし今回の古鷹は作るべき艦娘がまず決まっており、しかも完成させるまでの猶予期間が意外とない(建艦計画を決定してから完成まで一週間程度)状態。この一週間という時間が長いか短いかは個人差ありそうだけど、たぶん普通に日中仕事しながら夜に建艦となると余裕のあるスケジュールではない筈。

しかも今回、とりあえずねんどろいどでの建艦に落ち着いたけれど、当初はfigmaでの建艦も検討してました。しかし開発資材の調達上の問題でfigmaでの建艦は困難と判断し、急遽ねんどろいどにした感じ。ねんどろいどでも困難と判断した場合はねんぷちでの建艦も考慮してました。

■建艦着手初日の2/24(月)
仕事帰りにアキバ寄って開発資材探し。事前にグッスマのサイトでfigmaとねんどろいどのラインナップ確認し、古鷹建艦に最適と思われる素体を下調べし、現地で安価に入手できるものを探してみる。

結果アキバのまんだらけでねんどろいどのもしドラ川島みなみを1575円でGET。みなみは標準的なセーラー服素体だし、以前由良の身体のベースにも使っているんで素性は熟知している便利素体。その後バラで頭部パーツとして使えるものを物色してみたけれど有効なパーツは見つからずそのまま帰還。

帰宅して夕飯食べ、22時頃から作業開始。パーツ構成として基本身体は川島みなみ、ただしセーラー服の裾切りつめて、お臍出せるようにし、覗いているお腹は在庫の腰パーツから切削加工して取り付け。スカートは別途在庫にあった京乃まどかの制服版ボディより流用。
これで身体はそこそこそれっぽい感じになる。顔についてはとりあえず暫定で小早川凛子の瞳をオッドアイにリペイント。キャラが違うような気もするし、これで良いような気もするし…髪が決定するまで何とも言えない感じ。作業時間3時間程度1時半頃に作業終えて就寝。(累計作業時間3時間)

■二日目(2/25(火)の夜)
髪パーツについては最悪週末に調達しても間に合うんだけど、なければないでなんとなく不安にもなり精神衛生上良くないので調達に走ることに。
しかし当日お仕事が終わったのが19時10分。パーツ探すのに使える時間が1時間無いw
しかしそういうシチュエーションになると逆に燃えるもので、渋谷のまんだらけ→中野のまんだらけ→同中野のらしんばんと移動して20時前にKAITOの髪パーツを\200でGET。正直この価格で手に入るのは予想外だったのでお財布的には嬉しい感じ。

そして帰宅して夕食後22時半頃に作業開始。まず手に入れた髪の毛パーツをまるっとリペイント。そして古鷹の両肩にある擬装パーツ(右肩が艦橋周辺、左肩が煙突&三番砲塔基部)に着手する。
肩パーツは腕パーツの差し込み口に挟み込む形で固定することとし、0.3~1.0mmプラバン+2。0~3.0mmプラ棒での積層削り出し。この辺は正直得意分野なのでサクサクとプラモ作る感覚で出来る。
作業時間2時間半、1時に作業終えて風呂入ってから就寝。(累計作業時間5.5時間)

■建艦三日目(2/26(水))
朝起きて、建艦途上の古鷹を見てると、まだ特徴的な右手の擬装や、左足の擬装がないので非常に軽装ながら、でも完成時の雰囲気が早くも予想できるようになってきてちょっとウキウキな感じ。
三日目は足首の擬装(というか足首新造)と右腕の擬装&左肩の砲塔を含めた3基の主砲塔作成。基本プラバン&プラ棒の積層と削り出しばかりで、とりあえず脳内で想定しているよりはサクサクと作業が進んだ感じ。
そこでふと気付いたんだけれど、重巡洋艦娘ってなんか火力的な迫力に欠けるんだよな、と思ってたんだけど、その理由がいまさら判明。全体的にコンパクトに砲塔類が収まっているので、戦艦娘の様な「ヲっ!!」ってインパクトに欠けるし、そもそも駆逐艦娘の連装砲と比べても小さめな砲塔が多いんだよな、20~20.3cm連装砲の筈なのに。(累計作業時間8.5時間)

■建艦四日目(2/27(木))
仕事の関係で帰宅がいつもより三時間ほど遅くなり、作業着手は23時頃より。
基本的には左足の擬装品(含む四連装魚雷発射管×2)と、昨晩作った右腕擬装の塗装。ポイントは魚雷発射管の装着なんだけど、古鷹の場合デザイン上、火砲が右側に偏ったバランスを取る為に魚雷発射管は四連装二基が左足に集中装備されているワケで、結構なサイズになってしまう四連装魚雷発射管2基を短い(失礼)足の片側に装着しなきゃいけない。
結局同型の発射管2基を作ってから脛と膝関節部分にそれぞれ上下にオフセットした発射管ニ基を、更に背負い式(段違いとも)装着して解決。この部位だけ見るとちょっと重雷装艦っぽい感じ。
塗装もほぼ終わり、週末にトップコート吹ければ、あとはパッケージの方に専念できそうな状態まで持ってこれました。

あとは顔について、まだ暫定扱いでもあるので、より良い顔が見つかったらすげ替えるかも。(累計作業時間11時間)

■建艦五日目(2/28(金))
あくまでも主観的に、だけどその後あっさりと、そして安価に古鷹用の顔パーツを調達。左そでの白ライン入れ忘れを入れるのとついでにリペイントして、トップコートで仕上げ。これでとりあえずねんどろいど古鷹の艦娘本体は完成です。(累計作業時間12時間)

ねんどろいど古鷹2

で、引き続いてパッケージの作成に着手。パッケージの展開図はテンプレート作ってあるので、そこに文字打ちこんで画像貼りこんでやれば元データ作るの自体は楽ちんそのもの。面倒なのは貼りこむ画像の方なんだけれど、まぁこれも大したことなく終了。

■建艦最終日(3/1(土))
箱作り、既に展開図のデータも出来ていてあとは印字して作るだけなんだけど、出社日と重なったので着手したのは夜。
基本的に慣れた作業の筈なんだけど意外と時間かかって…でも無事に日が変わる前に箱もできて嫁入り準備が整いました♪
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/675-e7e0a9da

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索