忍者ツールズ

Entries

グラフィグマスコット艦隊これくしょん「高雄」

昨年末に出ていたガチャですが、プラ製の本体にシール貼って作るミニサイズの、でもおそらくは市販された最初の艦娘フィギュア。一回200円でラインナップは金剛、赤城、愛宕、五十鈴、電の全5種。そのうち金剛と電は背部(腰部?)の擬装パーツがちゃんと再現されていて小さいながらもそこそこ凝ったつくり。

出てすぐの頃に何回か回してみたんですが、重巡の愛宕が何個かダブったので、早速プチ改造して姉妹艦である高雄を作ってみました。
といってもグラフィグレベルにアレンジされると首から下はそのままでも問題ないんで、改造&リペイントは実質頭部のみのお手軽改造です。

改造にあたってやった加工はまず髪パーツの切削。ロングヘアーの愛宕からショートな高雄に加工するので基本切削だけでコトは済みます。一応前髪とかも気持ち高雄っぽく切削して愛宕から変えてみています。

また後髪についてはばっさり切っちゃうと背部の20.3cm連装砲塔のシールを貼る場所がなくなってしまうので、その部分だけ残してカット。
あとは元のクリームイエローな塗膜を落として、高雄のちょっと青味がかったグレーに髪をリペイントし、ベレー帽シールはそのままペタリ。連装砲塔は髪のシールからデザインナイフで切って貼り付けて…

高雄完成。

グラフィグマスコット「高雄」

髪の色の印象もあって思った以上に愛宕とは雰囲気変わって見えます。

なおベレー帽の近くにキーチェーンの入る穴が開いていますが、そのままボール状のチェーン入れるとすれて塗装が簡単に禿げそうだったので、リングを一個追加してささやかな塗膜剥がれ防止としてみました。

今回はダブりで余っていた愛宕ベースだったので高雄を作りましたが、他の4種でも姉妹艦(準姉妹艦を含む)作れそうな感じ。特に光沢のラベル用紙にシール自作できるなら雰囲気も製品版モドキなクオリティにできそうです。
切削加工&リペイントだけでお手軽に改造するのであれば

金剛→榛名
愛宕→高雄
五十鈴→長柄、名取
電→雷
はいけそうだし、若干の加工も辞さないというのなら

赤城→加賀(髪の加工が必要)
電→暁、響(髪加工と帽子をでっちあげる必要アリ)
電→ヴェールヌイ(シールも含めかなりの加工が必要なのでまぁ頑張れ)
などなど、また細かすぎて伝わらない通好みな改造として

金剛→金剛改二、比叡改二
というネタも楽しめそうですね。

っていうかフルでシール自作するのなら結構色々な艦娘再現できるな。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/666-203f8d9b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索