忍者ツールズ

Entries

第38回ザ・ロープ帆船模型展

毎年恒例で、今年もザ・ロープの帆船模型展に行ってきました。
今年は姉妹クラブであるSMA(Ship Modelers Association)や横浜帆船模型同好会、マイシップ・クラブなどの展示と、他の展示では元となった帆船の国別に分かれた展示が目を引きました。

20130420 001
20130420 002
20130420 003
20130420 004
20130420 005
20130420 006
20130420 007
20130420 008
20130420 009

実は以前からちょっと気になっていたのが、帆船時代の海洋小説ホーンブロワーシリーズやボライソーシリーズで良く出てくるイギリス船とフランス船の構造の違い。

ザ・ロープの会員の方にその相違点と、木製帆船での相違点の有無を聞いてみたんですが、基本的にフランス式は船体の断面がチューリップ型になる、後のタンブルホームに通じる船型と細かい部分の手間がかかっても省略しない部分、そして階級による船内での区分けが厳密化しているのに対して、イギリス船はとにかく合理的で面倒な部分は結構割り切っちゃってること、そして船員の階級による区分けが明確ではないという特徴が。

その辺の相違点、本当に国民性が出ているなぁと。特にイギリス式については料理とかにも通じる部分があったりしてw本当に勉強になりました。

今年の帆船模型展は今日までだったけど、来年もまた新しい発見と目の保養の為に是非行こうと思います。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/619-8bec8a48

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索