忍者ツールズ

Entries

TVチャンピオン「フィギュア王選手権」やっと観た

もう2週間前になりますが、TVチャンピオンでやってた「フィギュア王選手権」(内容的には「フィギュア造形王選手権」とかの方が適切かと)観ました。実際には2回戦中盤~はオンタイムで観てたんですが、前半についてはアミタソがビデオ撮りしてくれてたんだけれど、見忘れてて…

で、全体的な感想としては、やっぱりネタくさい部分が鼻に付いたのと、今回番組に写った審査作品見て「やっぱり番組の関係上時間制約あると出来がキツいなぁ」という感想。
フィギュア手がけてないと(特に実際に手を動かして造形とか改造とかしてないと)あれでも「凄いっ!」って驚いたりするんだろうけれど、実際にはアレが出発点で実際の原型とか作る場合は、あの状態から丹念に表面処理やって入念に塗装やって…なんですよね。

今回の作品群は、そういう意味では遠めでぱっと見それなりに出来ているように見えるけれど、近くで見たら番組のための小道具の域を出てないと思う。前に恵○あさんも言ってたと思ったけれど、造形やってる人って、形出しだけなら物凄く早いんだよね。

審査は3回戦になっていて、1回戦が「完成品のエクセレン萌え改造」、2回戦が「萌えない有名人で萌えシチュエーションのフィギュア作成」、そして決勝戦が「モデル決めて50cmサイズのフィギュア作成、テーマはトリノオリンピック」でしたが…

1回戦はみんな揃って「別にエクセレンベースでやらなくても良い改造」ばっかりだったのがかなり萎え。番組構成上出張ってきたフィギュアコレクターなヲタも、お気に入りでエクセレンを選んでそれを改造~って結果でアレが出ても納得できないだろうなぁって感じでは?
ちなみに審査に出てきたヲタ群については、たぶんほとんどがやらせくさい感じ。あれが本当のフィギュア萌え族だとしたら… オレ、フィギュアカラアシアラウヨ...orz
※まぁ一番のお気に入りでマスプロ完成品選んじゃう時点で「仕掛け」臭プンプンなんだが、まぁそれはおいといて。

2回戦は…単純に造形の技術もさることながら、完全にモチーフ選択で勝敗を決した感じ。「光浦靖子+図書委員っぽい女子生徒」、「まちゃまちゃ+ナース」、「和田アキコ+うたたねポーズ」
たぶん放送見ないでこの3つのどれが落ちたかって聞かれても予想できると思うよ、俺。
まちゃまちゃ使う限りは、あの髪型を生かしたモチーフ使うべきであって、ナースってモチーフはどっちかっていうとあの髪型を殺してるモチーフだと思うわけよ。
実際に案の定な結果に。

決勝戦。これについては完全に明暗が分かれた結果になったと思う。双方共にモチーフも悪くないし、片や比較的リアル系造形、片やアニメキャラ系のワリと定型的な造形で、好みは分かれるだろうけれど技術的な上下はまず無い感じ。
ただやっぱりポーズと配色が勝敗の決定打って感じで、優勝した寒河江氏の作品はポーズも空間的に発散系で色合いも膨張色である赤系統。パッと見たときに華があるし、ディフォルメされた遠近感も手伝って「場」としての見栄えが良い感じ。
対する原八っつぁんの作品は、よく言えばマニア向けなのかな。ポーズも座り(屈み?)姿勢で、色もワリとモノトーン系なので地味な印象。
「個」としての出来栄えは寒河江氏の作品に劣るわけでもないんだけれど、二つ並べて「どっちが良い?」って問われたらやっぱり「わかりやすい」華のある寒河江氏のほうに軍配が上がるのも当然ですね。

とまぁつらつらと感想述べてみましたが、これが「ガチャフィギュア改造王選手権」なんていう狭い範囲の選手権やられたら、どんな陣営が参加するんだろうなぁ…なんて考えちゃったりして。
知っている有名どころは皆晒し者にはなりたくないなぁという良識派揃いなんで、「コイツ誰?」って人が出場しそうな予感も。

あくまでも妄想レベルのお話ですが。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/6-c738835c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索