FC2ブログ
忍者ツールズ

Entries

DBAC交流会・GW超拡大版(三日目/対戦ダライアス編)

5月3日からぶっ続けで3日間開催のDBACイベント最終日、中日(5/4)のクロニクル講習はお休み(とはいえ18時過ぎにはちょっと顔出していたんだけど)していたので皆勤症とはなりませんが、三日目は対戦ダライアスの日なのである意味本命。前日夜にエントリーシート記入して、それからは色々と対戦での対策を練っていたり。

今回の対戦ダライアスは「バースト機4種から使用機種を選択して」、「Q-T-Yゾーンを4人でプレイ」というレギュレーションの基に行われ、「非バースト機を使用した場合は無条件に最下位」になるという条件。今回の使用機体は熟考した結果レジェンドで行くことにしていました。
アサルトではアサルト専の本職漁師には太刀打ちできないし、クロニクルでお世話になっているネクストではちと火力不足。立ち回りこそ速いものの射程の面でゲージ回収が不利なフォーミュラも避けるとなると、という消去法的な理由と、なんといっても「心の愛機」であるというのがレジェンド選んだ理由。

ミカド入りしたのは13時過ぎ。地元の焼肉屋で焼肉ランチ食べて気合(ワンコインランチだけどw)入れて行ったら今日も盛況で既に20人以上がいる状態。
見るとちょうど5月5日の子供の日なので、メガペラモデルのサイバリオンとキングフォスルが新聞紙で折った兜を被ってました。
サイバリオン子供の日仕様

キングフォスル子供の日仕様

イベント開始の14時、エントリーしたプレイヤーも28人と大盛況で、早速エントリーシートをシャッフルして4人ごとに対戦ダライアス開始。

早速2組目に呼ばれて一回戦目。参加機体はレジェンド×2、フォーミュラ×1、アサルト×1。早速アサルトが混ざっているのでこれは手強そうと、次の二点に注力してプレイ。「1.ノーミスで抜けること」、「2.離れた位置の編隊全滅ボーナスを極力バーストで確保」。1は言わずもがなですが今回のQ-T-Yルートは接触ミス(アームがあっても即死)しやすい箇所山積みなので、死なずにノーミスボーナスの一千万点を確保するのは結構重要。2については完全に対スパークバースト対策です。

結果なんとか2位で二回戦に進出が決定。しかしやっぱりアサルト恐るべしでした。

その後はしばらく他の対戦を見ていたり、ちょっとオラタンしていたり。そして16時過ぎに迎えた第二回戦。自分以外の3機がアサルトですよorz...
なので、ここはもう開きなおって宣言「使用機体を変更します、セカンドで!」レギュレーションではバースト機のみと謳ってますが、曲解すれば「最下位でも良いのなら非バースト機使っても良いよ」ということ(実際に主催側でも明言はしてませんでしたが、想定はしていたとのこと)ということで、セカンドの暴力的な火力で散々引っ掻き回してやろうと思った次第。ついでにいえば17時からBIGBOXのクロニクル攻略会に出る予定なので、間違って三回戦に進出できたとしても出れないのでw

そんなこんなな第二回戦は、装備固定じゃないこともあって序盤のセカンドはワリと大人し目でしたが、それでもQゾーンのダークフレア、Tゾーンのサウザンドエッジの点数はしっかり奪っていくという悪行を果たし、点数的にも3位とそこそこに暴れ回ることができましたwww

その後一時ミカドを離れて駅の反対側にあるBIGBOXの6Fタイトーステーションへ。17時から2時間のクロニクル攻略会。今回は参加者も4人揃ったので4人限定エリアを開けたり、観光捕鯨や観光赤イカ漁などを楽しみ、ついでに第三回銀鷹杯のチャレンジも、と存分に楽しむことができました。

そして19時過ぎに再びミカドへ。イベント自体は終了したのですが、その後の打ち上げに参加、ぞろぞろ12人で居酒屋行ってダライアスネタで呑んじゃいました。居酒屋出たのが22時過ぎ。体力的に二次会はパスして素直に帰宅。帰ってからもワリとすぐに寝ちゃいましたが、とても楽しいイベント参加な休日でした。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/582-ac301f73

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索