忍者ツールズ

Entries

グラフィグはじめました

3月に入って年度末ってコトもあり、お仕事の方がやたらと慌しく且つ忙しくなり、ついでに私的にも色々と契約更新とかあってなかなか緊縮財政だった近況。まぁそれでもダラバーACとかそこそこやってましたが、なかなかまとまった時間もとれず、とはいえ何も作っていないと息が詰まってくる性格なので、「あんまりお金がかからず」でも「創作意欲を満たせる」ブツを模索していました。

そして辿りついたのがグラフィグ。

なにぶん紙なので材料費は至って安価。そして元データ作るのが実質的にはメイン作業になりますが、その間はすべてPC上での創作作業(そういう意味では今までやってきたペラモデル群も同様)なので、いよいよ電気代くらいしかかからず、元データができて印刷し、実際に組む段ともなれば、大体1時間から1時間半くらいで形になるというお手軽さ。なにせコスパから市販されているグラフィグのペーパーキットに関しては既にパーツにミシン目が入っていて、工具一切なしで10分くらいで組めちゃうらしい(つまりまだ市販品には手を出さず、いきなり自作物から入っているワケ)ですから、それはもう気軽に組めるワケです。

市販品は型紙が広げるとA3サイズ(?)くらいあって、組むと全高11cmくらいになるみたいなんですが、今現在自作しているのはA4サイズに収まるサイズ(プリンタの兼ね合いもあって)で、組み立てたときの全高が6.5cmと手の平サイズ(ちょうどねんどろいどくらいの大きさ)。自作するにあたって、まず個人的な趣味で以前自作GK作ったゴッドマーズのバレンたん作ってみて(なんだかんだで作ってから組んでみて→改訂と、現状Ver.3.0にまでなってます)、それで経験値積めたので、次にブラック★ロックシューター作ってみました。

グラフィグのブラック★ロックシューター

察しの早い方ならお気付きかもしれませんが、ブラック★ロックシューターを選択したのは、まだ誰も手を付けてなかったこと、そして構成に初音ミクが参考にできることが、要因。自作のグラフィグ始めた初期の作品としてはそこそこの出来にはなったんじゃないかな?と一人悦に入ったついでに、折角なんでpixivの方にも展開図アップしてみました。なのでもしも組んでみたいなぁって方はダウンロードして組んでみてやってください。

とりあえず、ブラック★ロックシューターは手が離れたので、その後にまたゴッドマーズのロゼ(ギシン編Ver.)作ってみて、並行してつい先日読了してハマり中の「南極点のピアピア動画」のアーヤキュア移動体とか、BRS繋がりでブラック★ゴールドソーも作ってみようかな?と画策中です。あとダラバー繋がりでTi2も候補にラインナップ中。

pixiv見ててもわかるんですが、結構先達の方々も沢山いて、基本グラフィグはフォーマット作られたNC帝國のポリシーとして無料頒布であればフリーということもあり、そういう方がアップされた作品を印刷して組んでみるのも面白そうなので、これはこれで一ジャンルとしてハマれるフィギュアだなぁと痛感中。

で、個人的に作るキャラは、たぶんかなりオッサンホイホイ的なジャンルになるんだろうなぁとか思っている今日この頃です。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/579-54fe3247

0件のトラックバック

2件のコメント

[C271] 結構簡単ですよ♪

お久しぶりです。
グラフィグ自作って言っても、実はテンプレートがあって、それのテクスチャーを描き換えているだけなんで、そんなに高度な技術とかは要らないんですよ。
  • 2012-05-04
  • まことbis
  • URL
  • 編集

[C270] いきなり自作ですか!!

紙でここまで作れるとは驚きです。
展開図は苦手なので、キットではなくいきなり自作するのはすごいとおもいました。

  • 2012-05-03
  • うっちゃんX
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索