忍者ツールズ

Entries

ダライアスバーストAC稼働一周年記念イベントinミカド

12月17日(土)に高田馬場ゲーセン・ミカドにて開催されたダライアスバーストAC稼働一周年記念イベントに行ってきました。

当日は13時からイベント開始でプレイはエントリー制(エキシビジョン部門/バトル部門)での12時半からエントリー開始というコトに。ただしこちらは当日あわせの持ち込みで参加者用のステッカーとメガペラモデルのキングフォスル持っていくんで、もうちょっと早めの11時半頃にミカド入り。が、既に普段の火曜交流会(毎週火曜日の20時から開催されているDBAC交流会)の時並みに人が居るw

並行してTAITO公式イベントのTS難波vsTS和光アイアンフォスル争奪杯が開催中(12/16~12/18)なので、そんなには集まらないかな?とか楽観視していたら、12時くらいからなんか続々と人が集まってくる。一度12時過ぎに昼食とりに出て。20分後くらいに戻ってきたら、人がいっぱいwww
エントリー用紙も当初は20枚+各自が印刷して持参したもので充分かと思っていたのが、とてもそれでは足りなくなり・・・結局エキシビジョン部門だけでエントリーが30人を超えるという嬉しい悲鳴な事態に。

ダラバーAC一周年記念イベント

それはともかくとして、13時より予定通りイベント開始。エントリー用紙をシャッフルしてエキシビジョン部門が始まったんだけど、全体的にQUZルートの裏捕鯨が多い感じ。タマに赤イカ討伐などなど。5~6番目くらいに自分の番が来たので、この1年間で結構お世話になったセカンドシルバーホーク(ダライアス2仕様)との出会いの地であるクロニクルモードのタマイサ星系マシツブを巡業してみました。

中盤~後半にかけてエキシビジョンでもいよいよ注目のプレイが続出。ネクスト2機でのダブルプレイ(1人で2機を同時操作プレイ)や、その後の異なる機種(確か外伝とアサルトだったっけ?)のダブルプレイ、クロニクルモードの0点クリア(点数の入る敵は一切撃たず、ボスは自爆待ち、クリア時のアームボーナスも取らぬようにワザと被弾してアーム0で調整などなど)などのエキシビジョンらしいプレイに会場も大いに沸き立ちました。

で、当初の想定では15時過ぎ位にエキシビジョン部門を終えてバトル部門に移行の筈が、結局バトル部門に移行したのは18時近く。それでも予定通り対戦ダライアスを開始。しかし予定していなかったのが「なんじゃこりゃ!」と言いたくなるようなセカンドシルバーホーク大集合。やっぱり対戦ではセカンド有利って情報出回っちゃってるのかなぁ・・・

エントリーシートで使用機体も記載しているために今更変えるわけにもいかず、そのまま一回戦(BEIルート)をセカンドで突入し、なんとか2位勝ち抜け。しかし残念ながら二回戦目(4人全機がセカンドでのBEIルート)で敗退。でもまぁ同じ機体同士での腕勝負なんで納得のできる負け方に。

その後は決勝戦までギャラリーしていましたけれど、決勝戦(2人でのオリジンvsセカンドでのCGLルート)は抜きつ抜かれつの熱い名勝負になり、会場内のボルテージもMAXに。結果的には僅差でセカンドが勝ちましたけれど、本当に最後のグレートシングが沈むまで勝負が見えない激戦でした。

なんだかんだでバトル部門も終了し、一本締めでイベントが無事終了したのは21時頃。
撤収作業が終わってから22時頃に有志で打ち上げ行ったんですが、ダライアスクラスタでの飲みは初めてだったんでとても新鮮かつ楽しかったです。

打ち上げの一次会終って、終電なくなった(または帰る気がない)二次会参加メンバーはそのまま新宿に移動って事だったんですけれど、まだ終電に間に合ったので電車乗って帰宅。家に着いたのは翌1時半頃だったので、帰ってからほぼそのまま寝ちゃいました。なんだかんだで10時間近くゲームしている間以外は立ち通しで足がパンパンに張ってましたし。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/569-3ea67488

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索