忍者ツールズ

Entries

プライベートキット

キット(Kit):[名] (道具・教材などの)一セット, 一揃い

英和辞典を引くとキットとは上記のような意味で載っている。ウチのブログに来る人の層だとキットというとプラモデルなんかの、身近で言えばガンプラとか、スケールモノのヤツとかを思い浮かべるんじゃないだろうか?
実際のところ、ガンプラなんかはシールも入っていて、ごく簡単な工具さえあれば誰でもMSの可動モデルを簡単に組み立てられる。
それ以外だとPCのキットなんかもPCショップなんかから出ていたりして、本格的な自作PC趣味の人は自分でパーツ全部セレクトして組むんだろうけれど、そういう知識がないけど組んでみたいという人(そういう人がどれだけ存在するのかちょっと気になるところではあるけど)でも、そういうキットを買えばパーツの相性とか心配せずに組み立てる事が出来たりする。
また、グリーンカレーのキット(要はスパイスとか具材のセット)なんかも売っていて、さすがにご飯は自分で用意しなきゃいけないけれど、そのキットを説明書どおりに調理すれば簡単にグリーンカレーが作れるって寸法。

というわけで、一般的にキットっていうと、それだけあれば簡単に目的のものが作れるって印象が強いし、実際英和辞典もそう記述してるんだけど、じゃあ海外でも同様なのかっていうと、ワリとそうでもない場合があって、例えば日本国内だとあんまり知られていないかもしれないけれど、キットカーってのがあって、往年の名車のレプリカをキットとして売っていたりします。

これがキットを買って組み立てれば誰でも名車のレプリカを組み立てる事が出来るかっていうと、実はそうでもなくって、キットに入っているのは無塗装のボディ(俗称ドンガラ)が入っているだけで、エンジンを始めとする自動車としての大部分は自分で調達して、且つ試行錯誤して組んでいかなければいけないって代物とか。

つまり、どうも立ち位置的には「目的のもモノをゼロから作り上げるよりはずーっと簡単な支援素材」という感じ。
で、個人的にもキットという言葉から連想するのはこっちのイメージだったりします。だって、そう考えていないと、さすがに最近のものはだいぶ親切になったけど、一昔前のアマチュアガレージキットとかは得てしてそういうものだったりしたものでw

ペラモデル(ナイトフォスル)

実際、その程度のモノでもあればありがたい場合が多かったりして、特に自分で組み立てる為に自分の為に作るキット(プライベートキット)なんてものは、別に組み立て説明図がいるワケでもなく(無くても自分自身がよ~く知ってますから)ぞんざいなものであっても十分にキットとして成立しちゃいます。

上に挙げてあるヤツ、ペラモデルのナイトフォスルのプライベートキットになります。正確にはこの画像(ブログに挙げてあるヤツはちょっと縮小かかってますが)をハガキサイズのステッカー用紙にカラー印刷して、ついでにもう一枚型紙用に印刷したステッカーをコピーすればキット完成。
他の人にはどうだか知らないけれど、自分的には型紙使って、プラバン積層の艦体作ってステッカー貼るだけでお手軽にペラモデルのナイトフォスルができるって寸法です。

このペラモデルなダライアスボス戦艦のプライベートキット、それなりな数を自作して保管しているけれど、こういうのも積み○○っていうのかなぁ?
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/553-c82e07c2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索