忍者ツールズ

Entries

バイオゾイドとベルサー艦隊

なにを今更~なアイテム(とはいえベルサーの魚型巨大戦艦はダライアスバーストACクロニクルのおかげで結構タイムリーネタかも)ではありますが、なにぶん両方揃って大のお気に入りアイテムなのでご容赦。

数年目にカバヤの食玩「ほねほねザウルス」のシーラカンスでSDキングフォスル(ダラ外Ver.)を、始祖鳥でSDバイオラプターグイを作って悦に入ってたりwしましたが、久しぶりにスーパーの食玩コーナー見たら「ほねほねザウルス」も順調に新シリーズが続々と出ておりまして、その中でも「メガほねほねザウルス」の6番メガディノニクスがちょっと羽毛モールドあるの無視すれば驚くほどにバイオラプターなフォルム。しかも正規のバイオラプターは1体千円(安いところで¥840)なのに対して、メガディノニクスは¥300前後。これはバイオラプター化するしかないでしょうと先日1つ購入してきました。近日まずは隊長機カラーに塗装予定。

で、普通の「ほねほねザウルス」は?と見てみると、現時点(2010年11月)でスーパーに出回っているのが大体第14弾か第15弾の2シリーズ。その中で気になったのが第14弾の5番ヴェロキラプトルと第15弾の5番ディロング。個人的好みもあるけれど、こいつらを組み合わせるとザコソルジャーっぽい、ちょっとやんちゃなバイオラプターができる(ディロングの頭部のトサカを削り落として、脚部のみヴェロキラプトルに換装、が今のところのお気に入り、そのおかげで脚だけディロングなヴェロキラプトルの通称「なりそこない」が大量発生する羽目に)んですね。これがあんまり可愛いのでとりあえず一般機と隊長機の2機をペイントして、更に塗装待ちの一般機が2機と予備機1機のちょっとしたバイオラプター小隊ができちゃいました。こいつら小さいしSDなクセにラプター系の特徴である脚部第1指が独立可動する優れもの!中野界隈で「ほねほねザウルス」のヴェロキラプトルとディロングが見当たらないのは、多分に私の問題ですm(_ _)m

それはそうと、第15弾ですがもう一つ気になる代物が!それが7番のハンマーヘッドシャーク。これがまた、ほとんどベルサー軍団の魚型巨大戦艦アイアンハンマーにそっくりなんですな。なのでこいつらも見かける先から大人買い。ガチャとかトレーディングフィギュアと違って、この手の食玩はアキバや中野のショップではなかなかバラ売りしないから、スーパーとかで売っているうちに買っておかないと後々後悔しちゃうんですよねw
そんなワケでハンマーヘッドシャークもワラワラと集まり、現在塗ったのがAC版初代ダライアスで6面(P~U Zone)の両端を守るアイアンハンマーP(青)とアイアンハンマーU(黄)。

ironhummer2.jpg

あと4隻のQ(赤)、R(緑)、S(紫)、T(黒)を塗れば、アイアンハンマーもコンプリート状態です。調子に乗ってちゃんと下部のレーザー砲塔を自作し増設したDX版も作っちゃったし。

そんなワケでここしばらく遊んでいる「ほねほねザウルス」ですが、バイオゾイドシリーズは既存のでなんとか再現可能なので、できればそろそろカジキとかピラニアとか、あともう1回シーラカンスを再販してくれないですかねぇ。そうしたらキングフォスルだけでなくアイアンフォスルも…
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/511-7aeba1b3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索