忍者ツールズ

Entries

iPad使ってみた感想

先週末の5/28(金)に国内でもiPadが発売されて、ニュースなどでも結構取り上げられていました。
位置的にはようやく落ち着いてきたネットブックだの、ちょうど今このブログ書くのに使っているNetWalkerあたりのように「廉価で気軽なネット端末」な位置付けのガジェットで、メインでPC使ってる人のサブマシン的(実際初回起動時にUSBでのiTunes環境接続を求められるくらいだし)存在なワケで、これ一台でなんでもな使い方は酷だと思うけれど、とりあえず日常でのメールチェックやネットサーフィンを寝転がってやるには快適そう(ただし実際に使ってみたら個人的にちょっと気になる点も見つかるのだが)なちょっと気になるガジェット。そんなiPadが発売日当日に会社に(社長と直属の上司が予約購入していて、しかもそのうちの1台が期間限定で自分の管理下に)やってきて、早速弄れる機会がそれこそ「思いがけなく」できたワケです。

詳細なレビューはあちこちのブログやニュースサイトあたりでやっているだろうとして省略しますが、手にしたのはWiFiの64GByte版。大きさはほぼB5で重さが680g。感覚的には「赤毛のアン」作中にてアンが学校で同級生の男の子をぶん殴る際に使った石板に近いかな?という感じ。なので競合するあたりのネット端末と比較すれば、画面サイズと液晶の綺麗さは群を抜いている感じです。そして操作感も変なウェイトなどなく、まさに「指先の感覚で」使える感じ。弄った大半の人が「これは良いわ」と思えるだけの魅力はあります。実際NetWalkerと比較してもネット端末としてはあらゆる点でiPadが勝っています。画面デカいし、癖があって慣れを要するNetWalkerのキーボードよりもiPadのソフトウェアキーボードの方が使いやすかったしwこれでバッテリーの持ち時間も同等クラスとなれば、偏屈なNetWalkerマニアでもなければ普通はiPad取るだろうなぁと思いました、正直なところ。

ただし、まぁ贅沢な話なんですが、ちょっと使って行き着く感想は「結局これってデカいiPhone/iPod Touchだよな」ということ。実際そういうコンセプトで開発された製品の筈なんですけどね。だからこそ画面がデカいというだけのアドバンテージではiPhoneやiPod Touchのユーザ的にはどうなんだろうかと。しかし奇妙なことにこの感覚、iPadを持っている時には強くなるのに持っていないときには「でもやっぱりあのサイズは魅力だよな」と思わせる魔力めいたものがあり意外と油断できません。
既に中国あたりではiPadと同コンセプトのタッチパネル型携帯端末を続々と市場に流す準備しているし、たぶん年末頃には入手しやすいWindows版のiPadモドキが出ているだろうと予想できます。たとえばOSがLinux系(つまりOS分のコストが浮かせる)の極安価なiPadモドキなら、ちょっと食指が動くかもしれませんが、でも予想するにこれらモドキ端末は、元祖であるiPadに付加価値という名の贅肉つけてそうで、そこがかなり不安。Mac系列にはとんと縁のない私ですが、必要最小限にしてシンプルなApple社のデザイン、陰ながら大ファンだったりします。そういうピュアかつシンプルなデザインの気が利いたガジェット、そろそろ国内メーカーも取り入れてくれないですかね。

最後にiPadに一つだけ苦言。デザインも使い勝手も文句なしなんだけど、唯一そのサイズのワリに重い(個人的には500gを切ってほしかった。素材的に現行の重さになってしまうのは仕方ないとはいえ)のが残念。たぶんその予想外の重さが「赤毛のアン」の石板を連想させたんだろうな。
ちなみにNetWalkerの方もフルモデルチェンジした現行モデルはタッチパネルONLYに変わりましたが、あのサイズ(いわゆる手帳サイズ)で画面の半分強を占めるソフトウェアキーボードはちょっと困りモノです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/493-afe546ac

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索