忍者ツールズ

Entries

二次元を信じるな、そして自分の眼も信じ過ぎるな

絵というのは便利なもので、実は立体物として破綻していても描き方でいくらでも何とかすることができる。それを意識的にやっちゃうのが「騙し絵」なワケで、一方無意識のうちにやっちゃうのが意外と曲者だったりする。
立体物をパースつけて描いた筈なのに、実はあり得ないくらい捩じれている部分があったりして、でも目の錯覚効果でむしろその歪んだ絵の方が正しく立体を表している絵よりも格好良く見えちゃったり。

もう随分と前の話になるけれどAzrielさんと知り合って、その経緯でガンダム同人にも片足(それも指先だけちょこっとかも)突っ込んだ関係から、他の人が描いた設定画の解釈や、場合によってはリファインなんかもやった為、自分なりに二次元の嘘を見抜く方法と、それを自分なりに解釈する方法なんかも一応は身に付けた…つもり。

んでもって色々描いたりモックアップも作ってみたりしてはみたものの、どうもディスタン2の形状がまだ納得できるまでに把握できていない。Azrielさんからもまだツッコミ入ってるし。なのでちょっと真面目に設定画を疑ってみました。この設定画のプロポーション好きなんだけどね。
やることは結構単純で、機体各所の左右対称な部分を繋ぐ線や、軸線となる方向の線、そして軸線から直角に上下に伸びる線を引いてみて、最終的にそれらの線を基準に設定画を立方体で囲んでみるワケです。そして設定画(今回の場合はディスタン2)をギリギリ収納できる立方体(ただし若干でもパースは付けること)ができればOK。あとはその立方体の外枠の線分を基準に見たい個所の相対的な座標が割り出せるというワケ。そしてその外枠に則らない、整合性の取れない部分は…パースが狂っていると判断できます。
今回その手順は手書きでパーっと(慣れれば立方体描かなくてもXYZ軸の線分があれば充分になってくるので)描いたので省略するとして、その工程から第二稿を修正したのがこんなプロポーション。思っていたより第二船体が小さめです。

第二稿修正仮Ver.

あとは「田宮模型の仕事」などでも書かれていますが、正確な立体であっても印象と異なる場合はディフォルメしてやったほうがより「らしい」立体物になるワケで、その辺は結局ディフォルメする人のセンス次第。

さて、今夜もいろいろ描いてみますか。その後で二次モックアップ組んでみて…、実際に原型に手を付け始めるのは何時になるのやら。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/467-1fbade45

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索