忍者ツールズ

Entries

ゲームにおける「珍味」

そりゃあまぁゲームは面白いに越したことはないし、基本つまらないゲームは即記憶から(そして手元から)消える運命にある筈なんだけど「糞ゲー」という言葉が一般化するように、駄目は駄目なりにゲージ振り切ってみたり、また駄目じゃなくてもどこかしら琴線にふれるポイントがあったりすると、妙に記憶から消えなくなるゲーム(ここは映画とか本に置き換えてもアリ)があったりするもんです。

私にとってのそれが、PCエンジンの「ライザンバーⅡ」と「スーパーダライアスⅡ」(*1)
前者はシステム、グラフィック、サウンド共に高レベルなクセに鬼畜的な難易度(主に貧弱な自機と、硬過ぎ&トリッキーな敵によるもの)のお陰で一概に名作とは言えなくなったものですし、後者は散々ボロボロな出来なんですが、唯一中ボスが琴線に触れたという世間的には「原作レイプな移植作」どちらもまぁ食べ物でいえば「珍味」ってヤツですかね。
なんで今頃こんなものを話題に出しているかといえば、昨日たまたま両作品のサントラをMP3で手に入れたから、というだけなんですが。

それにしても、いまだライザンバーⅡのガードデバイス(世間一般で言うボスキャラ)のジオタード・ゾムとギラザドール・ガイは立体化したいメカの候補(できればWFとかで出したいくらいだけど、版元今もあるのか?という疑問と、出したところで誰が買う?という疑問あり)だし、先日ものすごく久しぶりにスーパーダライアスⅡの動画見る機会があって、好きだった筈の多種多様な中ボス群が意外にちゃちで「あるぇ~こんなんだったっけ?」と首捻ったのは公然の秘密ということで。今でもオリジナル中ボスの中でバトルチェンソー(ノコギリザメ)とバーナーエンジェル(トビウオ)は大好きなんだけどねぇ。

(*1)スーパーダライアスⅡに関しては、アーケードのダライアスⅡをNECアベニューで移植したスーパー「ダライアスⅡ」だと思うとNECアベニューに非常な憤りを感じますけど、ダライアスを同社が移植した「スーパーダライアス」の続編である「スーパーダライアス」Ⅱだと考えると…、でもスーパーダライアスが名移植作なだけにやっぱり腹が立つなぁ、せめてオリジナルなボス戦艦全廃とVGMのアレンジ全廃すれば多少は腹立ちも治まる気がするんだけど。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/446-9b784a40

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索