FC2ブログ
忍者ツールズ

Entries

特撮巨大ロボ

といっても最近の戦隊物とかじゃなくて、昔の銀色してて壊れたら歯車とかの破片が飛んできそうなヤツのお話。個人的な枠引きとしては、例外で「ウルトラマンメビウス」のインペライザーがいるものの、大体「超電子バイオマン」のメカジャイガン&ネオメカジャイガンあたりまでの巨大ロボについて。

あの基本銀色(つまり地金剥きだしの部分アリ)だったりして、キグルミの関係からちょっと短足な(そう考えると赤い外装で高下駄式の長い脚を持つマッハバロンは蚊帳の外になっちゃうな)巨大ロボットがとっても好きな世代です。特にレッドバロン&マッハバロンの侵略ロボット群や、ワンセブンのブレインロボット(こいつらに限っては一部あんまり好きになれないロボも居るが)、先にあげたバイオマンのメカジャイガン&ネオメカジャイガンあたりは大好物です。こいつらって完全にアニメの巨大ロボットとは別ジャンルの魅力ありますよね。例えばメカジャイガンのスカラベカンス、デザインは出渕氏なので、デザイン画だとちょっとドラムロの後継ABっぽいんですが、キグルミのバランスはまた別の魅力に満ち溢れているんですよね。

ってなワケで、もう昔のガチャになってしまいましたが、マッハバロンに登場するララーシュタインとこの空・海共同開発侵略ロボ「シュミットG」を可動化。

シュミットGその1

こいつについてはマッハバロン劇中でも思い入れがあるんですが(スーパーロボットものに良くある主人公ロボットと同素材の装甲で身を固めた敵ロボット、例をあげるならマジンガーZの超合金Zで身を固めた機械獣バルモスQ7)、それとは別に、このユージンSRで出たシュミットG,大学の後輩が原型担当したんですが、ある日自宅に後輩から電話かかってきて「今度マッハバロンの敵の原型やることになったんですが、何が良いですかね~」と相談持ちかけられて、迷わず「パーツ交換でG2にできるからシュミットG」とアドバイスして(結局原型までは起こしたもののパーツ分割の関係からかシュミットG2は商品化ならず)今に至るらしいので・・・、歴史にifは無いといいますが、あの時「絶対にワルサーキル&ワルサーキルα」と答えたり「やっぱりゼッターキング&ゼッターキング二世」なんて答えたら…あとは個人的にあり得ないんですけれど「ハイルV1&ハイルV2」と答えたら、ここで紹介していた改造品が違うものになってたのかも…

シュミットGその2

ちなみにユージンSRでも初期の逸品となるシュミットG、キグルミロボ特有の短足なんでちょっと工夫しないと関節入れにくいんですが、やっぱり銀色の巨大ロボットって武骨で燃えますねぇ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/401-ab60e142

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索