忍者ツールズ

Entries

横須賀三笠公園(記念艦「三笠」)

そんなわけで、このGWの休暇の5月4日に横須賀の三笠公園に「三笠」を見に行ってきました。ちょうどちょっと前から趣味でオリジナルの前ド級戦艦作ってたので、その参考資料と、そしてそれ以上に「単なる趣味で」。
三笠公園に行くには、品川まで出てから京浜急行乗って「横須賀中央」駅で下車。そこから徒歩15分くらいで到着です。前に行ったときは親父と二人だったんだけど、今回はアミタソと二人。なんか横須賀中央の駅前かなり印象変わってました。

さてさて、問題の戦艦「三笠」ですが、詳しくはWikiみていただくとして、日露戦争当時に日本の連合艦隊旗艦として日本海海戦を戦い抜いた武勲艦です。が、実はその後一回沈没して引き上げられていたり、太平洋戦争後に一回廃墟化して船穀以外の艦上構造物と機関部なんかをあらかたスクラップとして持っていかれてしまい、今ある姿はほとんどが戦後に復元したモノという、ある意味レプリカに近い代物なんですが、まぁそんなことは気にせずに、世界中で唯一現存している前ド旧戦艦をたっぷり楽しんできました。
参考までに世界最大の戦艦であった「大和」と比較すると、同じ戦艦ではありますが、三笠は
長さが約1/2、幅が3/5、排水量(重さ)が1/4以下とかなり小ぢんまりした艦になります。

記念艦三笠
※クリックすると拡大表示します

とりあえず三笠公園堪能した後に猿島にわたる船から撮った「三笠」。現在は完全にコンクリートで地上に固定されてしまっている三笠ですが。こちらからのアングルだとまるで港に停泊しているようなシルエットに。手前のヨットと比較して「デカい!」と思う人もいるだろうし、背景の街並みと比較して「あれ?あんがい小さいな」と思う人もいるかと。
余談ではありますが、戦艦なんていうものは確かに小さい船ではありませんが、かといって途方もなくデカい船でもありません。この三笠よりも体積的に大きな船は東京湾内にだっていくらでもいますし、大和にしても現在の豪華客船やタンカーなんかと比べるとかなり小柄です。そのかわり醸し出す威圧感という意味では、他の船を圧倒してあまりある存在なんですが。

mikasa090504_01.jpg
mikasa090504_02.jpg
mikasa090504_03.jpg
mikasa090504_04.jpg
mikasa090504_05.jpg
mikasa090504_06.jpg
mikasa090504_07.jpg
mikasa090504_08.jpg
mikasa090504_09.jpg
mikasa090504_10.jpg
mikasa090504_11.jpg
mikasa090504_12.jpg
mikasa090504_13.jpg
mikasa090504_14.jpg
mikasa090504_15.jpg
mikasa090504_16.jpg
mikasa090504_17.jpg
mikasa090504_18.jpg
mikasa090504_19.jpg
mikasa090504_20.jpg

基本的に撮った写真は模型用の参考資料的に外側から見える細部ディティールが中心だったりするので、見る人によってはかなり偏って見えるだろうと思います。ちなみに毎回思う事ですが、三笠を見て個人的に一番楽しいのは艦橋でも主砲でも副砲でもなくて、間近に見れてしかも触れる7.6cm&4.7cm速射砲だったりします。共に戦時のオリジナルから比較するとかなりその数を減じて(4.7cm速射砲に関しては残っているのが20門中長官室に設置されている2門のみ)いますが、直接触れるのはやっぱり楽しいし実感できますね。

そうそう、三笠公園のお土産屋さんで1/500の「金属製」三笠WLキットが売っていて、そういえば以前来た時に1/500のキャストキット(艦上構造物がホワイトメタル製)買ったよなぁと思いだし、もしやそれの全ホワイトメタル版か!と思ってあわや買いそうになったんですが、中見たら艦体はやっぱりキャスト製の同じ代物でした。今までにどれだけ売ったのか分からないけれど、キャスト製のGKとしてはかなりの長寿キットだよなぁ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/395-f8102521

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索