忍者ツールズ

Entries

改造ブラックキング顛末記

なんの因果か、一度もまともに実物を見ていない怪獣を改造して作っちゃいました。アンドロメロスに出てくる改造ブラックキング。

コトの発端はアルティメットモンスターズ2が出て、第一目標が暗黒超獣ブラックサタンだったものの、1個買ってみたら用心棒怪獣ブラックキングだったワケで、思いがけずに結構出来の良いブラックキングを入手したから。
そもそもブラックキングって昔っからそれなりにお世話になっている怪獣で、怪獣消しゴム相撲でも、みんながレッドキングを愛用していた際に、対抗馬として愛用してました(設定上ブラックキングの能力ならレッドキングなんてモノの数じゃない筈なんだけれど、相撲での勝率は今一つだったなぁ)

で、折角ブラックキング手に入れたんだけれど、そのまま飾るのも芸がないので…と約1分考えた結果行き着いたのが、この改造ブラックキング。

改造ブラックキング消しゴム

なんでも解説によれば「てれびくんでのグラビアと漫画で展開された『ウルトラ超伝説』では、グア軍団によって以前の30倍にパワーアップされた改造ブラックキングが登場。角がドリルになり、首には動力パイプが付けられている。(Wikipediaより引用)」とのこと。30倍ってカレーの辛さじゃないんだから…と心の中でツッコミ入れつつも、外観的にはそれほど改造難しくなさそう。

しかし問題は非常に改造のための資料に乏しいこと。さすがに当時のてれびくんは持ってないし、手に入れるのも色々大変そうだし。っつぅワケで手に入る資料といえばこれくらい。まぁこれだって今手に入れようと思えば結構な代物なんですが。

改造ブラックキング1

まぁそんなワケで実は改造自体は結構簡単。ベースになっているUMのブラックキングは角が別パーツになっているんで、これを引っこ抜き、そこにエポパテ盛ってドリル基部を製作。首から頭部にかけてモビルスプリングの3ミリφで動力パイプ付けてやって、ドリル自体はガチャのゲッター2から流用。

改造ブラックキング2

と、こんな感じで改造部分は肩より上のみに集中。エポパテはダイソーの木工用使ったんで、2時間もあれば切削出来るようになることもあり、改造に使用した時間は塗装も含めて3~4時間程度。

ホントはこの後リボ球とかいれて可動化とかするつもりだったんだけれど、なんかこの状態でお腹いっぱいになっちゃいました。それに他にもやりたい改造ネタが出てきて、こいつにばかりかかりっきりになれないし。

しかしまぁ…ブラックキングが手に入ったからって喜々として改造するのは俺とグア様くらいなんだろうなぁ(自嘲)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/271-8bf07aaf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索