忍者ツールズ

Entries

ユージンSR改 フル可動T-elos

先週リリースされたユージンSRのナムコリアルフィギュアコレクション7のT-elosを、相変わらずのミニ可動フィギュア化しました。
T-elosは以前バンダイのゼノサーガレジェンド版でもミニ可動フィギュア化しているので、2回目のチャレンジとなります。やっぱり個人的にはKOS-MOSよりもT-elos派だなぁ。

ユージンSR改テロス1

首(2)、両肩、両肘、両手首、股関節、両膝、両足首の計14箇所可動で、首が2重関節化している反面、胴の可動はオミットしているので、可動箇所はゼノサーガレジェンド改造版と同じ。つまりはむしろギミックの密度は上がってます。

ユージンSR改テロス2

股関節等の構造も、現状定型化している最新版を採用したので、あまり腰のラインを崩さずに股関節の可動範囲を広げることに成功しました。

ちなみにただ可動化しただけではなく、どうもユージンSR版のT-elosの顔が好きになれなかったので、HGIFガイナックスヒロインズの朝比奈あるみから流用してきました。当初は褐色肌キャラに流用する際の定番、ブラックローズから持ってこようかと思ってましたけれど、あるみの顔を使ったT-elos、意外と違和感ないでしょ?
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/251-b58d3ac4

0件のトラックバック

3件のコメント

[C138] む、無駄が多すぎなのかも

 単純な作業速度自体でぜんぜん比較にならんなー。その時間じゃあのりにのって進めても可動機構の仕込みも終わらない・・・。
作業時間をうまく取れずに間が空きすぎるのも問題だけど、作業に無駄が多すぎなのかも。
やり方考えてみよう。

まあ、作業時間もさることながら、作品への着手の早さ、作業内容の検討時間等も大きいと思います。
・・・如実な力量の差ですな。 まだまだ実践が足りんなー。とりあえず今回、スピードアップを課題としてトライするか。
  • 2007-04-05
  • nymkmono
  • URL
  • 編集

[C137] 作るの…早いの……かな?

今回のT-elosの場合は、土曜の夜21時頃に改造初めて、テレビ見たりビデオ見たり、コーヒー入れて飲んだりしながら、大体3時頃には完成していたペース。
特に急いで改造している訳ではないけれど、このペースって一般的には早いのかな?
T-elosにしろ、KOS-MOSにしろ今回のは髪のボリュームありすぎて結構大変だったのは事実ですね。
かくいう私もT-elos改造する際に、顔の交換と一緒に髪の毛も変えようかな?とは考えてました。使うとしたら天上天下の亜夜あたりかな?とか(笑)
でもT-elosの場合にはそのままでも見栄え良いし、自立出来ることがわかったので今回はこのままに。

あと今回のT-elosがゼノサーガレジェンド版とほぼ同様の可動範囲を持てたのは、やはり一度同じキャラの可動化をレジェンド版で予習していたからだと思ってます。

まぁ実際腕の構造はレジェンド版とSR版とでは、改造指針的にかなり異なりますけど。
  • 2007-04-04
  • まことbis
  • URL
  • 編集

[C136] 作るの早すぎですよ。

 某掲示板でのコメントと被りますが、すごすぎ&早すぎ おいらなんてまだ手に入れて組んだだけなのに。分解図も保管済みなのでまたもパクらせて貰います。 
個人的には長すぎる髪の毛がちょっと邪魔なので、後頭部を別のと交換してみようと思ってます。迫力は欠けますがいじりやすい方向へ。
顔はこれはこれでいいか と思っていたのですが、前髪を外すと微妙 しかし色が合う顔が無いためこのままとなりそうです。
 言われて気付いたのですが、ゼノサーガレジェンド版と可動範囲殆ど同じなんですね。サイズが小さくなってもほぼ同じ動きが出来るとは、あらためて感心しています。でも、同じ箇所に同じ関節使っても違和感無いとは・・・レジェンド版、コストパフォーマンス低いのか?以外だ。

ワルキューレも可動化予定なんですが、今回のシリーズいつもに比べて妙に小ぶりな気が。ミクロミックスの可動が手軽でいいかも。
まあ、先行する作例を見させてもらいながらのんびり行きます。
 
  • 2007-04-04
  • nymkmono
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索