忍者ツールズ

Entries

オカメパニックLevel2

先週に引き続きまして、アミタソんところのふくずまいとの合同企画第二弾、今回のテーマでは「可愛いもの」です。
可愛いものネタっていうと・・・やはりウチで飼ってる白オカメのふくふくの話になるかなぁ?迂闊に「改造サボテンダーって意外と可愛い」とか「モルガ萌え♪」とか「海防戦艦のイルマリネン級gzkwys」とか言えないし <って既に言ってるが
まぁ社長欲しいからSRDXのアリスちん買っちゃおうかなんて口が裂けても言うつもりないし♪

っつーワケで、ふくずまいでも結構パーソナリティとしてちょくちょく出てきているふくふくですが、これがやっぱり日常的に可愛いかな?特にあの自分がこの家で一番偉いと、疑問を持つ事もなく信じてるトコロとかが(w
なにせ籠の中は絶対的なナワバリ主張するし、部屋の中出れば結構傍若無人だし、夜中とかでも籠にかぶせた被いの向こうから「うるさいっ」って感じに「フッ!」って鼻息荒げてるとこなんか、かなり可愛いです。まぁ初めて飼ったメスのオカメインコ(性格にはオカメインコ以外でも、自分ではメスを飼ったことなし)なもんで、しかも幼鳥時には両足骨折して歩けなかった時期もあったりして、かなり我侭に育っちゃいましたが。

ときに飼ってる人だったら知ってると思うけれど、オカメインコにはときどき「オカメパニック」と言われるオカメインコ特有っぽい症状があります。オカメインコって一応中型インコに属していて、世間一般に知られているセキセイインコよりも身体は二回りデカいんですが、その代わり心臓はノミっぽくて、よく言えば温厚、悪く言えばかなり臆病。で、結構ちょっとしたことでびっくりして籠の中なんかでバタバタ暴れるときがあるんですが、これがその「オカメパニック」外的要因でびっくりさせられたときはまぁ仕方ない気もしますが、タマに羽毛の手入れしてたら綿毛が目や鼻にくっついちゃって、それだけでパニックに陥るときも、こういうときはホントにオカメインコって野生のもいるという事実が信じられなくなります。

ちなみに最近個人的に命名したんだけれど、このオカメパニック、まだ暴れるだけの心の余裕があるときに発現するもので、それ以上にびっくりしたときの段階があって、それがオカメパニックLevel2。
ちょっと前に天気も良いんで近所の公園に文庫本とふくふくの籠持って日光浴目的で出かけたんだけれど、座ってのんびり文庫本読んでいたベンチの裏には、柵を挟んで剣道場が。ちょうど稽古が始まる時間だったらしく、不意に背後から掛け声と共に足を踏み込む「どーん」という大音響がしたんですが、その瞬間のふくふくの様子。
止まり木に止まって羽伸ばしてたんだけど、大音響と共に止まり木からピョンと1cmくらい飛び上がって、そのまままっさかさまに下に墜落。その後暴れるでもなく「なにっ?なにっ?」とキョロキョロ。ちと爆笑もんでした。流石にふくふくの精神衛生上好ましくないんで、そのときにはそこから離れましたが。

やはりオカメインコ、期待を裏切らないリアクションだよなぁ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/163-fff5daeb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索