忍者ツールズ

Entries

一応こんな感じでスペックでっち上げてみた

やる気は持続しているもののなかなか着手出来ずにいる1/500scale巡洋艦スクラッチ計画。手は動かしてないものの頭の中で作ろうとしている艦のスペックはちょこちょこと固まってきました。艦名もバラクーダ(オニカマスね)(*1)と決まり、大体こんな感じで図面引いてみようかと。

防護巡洋艦バラクーダ(Barracuda)
排水量: 3,330t
全長: 117.0m
全幅: 12.8m
最大速力: 26ノット
兵装: 4.8インチ砲×3、4インチ砲×6、小口径速射砲×4、18インチ連装魚雷水上発射管1基
装甲: 1.1~3.2インチ

ちなみにこの艦の設定決めるのに直接参考としたのが、日露戦争当時のロシア第三太平洋艦隊に所属していたイズムルード(先に挙げていたゼムチューグと同型艦ね)、一応比較の為にスペックを

防護巡洋艦イズムルード(Izumrud)
排水量: 3,103t
全長: 110.95m
全幅: 12.2m
最大速力: 24kts
兵装: 4.7インチ砲×6、3ポンド砲×6、2ポンド砲×1、18インチ三連装魚雷水上発射管1基
装甲:1.2~3インチ

バラクーダはイズムルードよりちょっとだけ大きく、速力重視になった分火力は大差ないかな?という程度。実は走行厚ではむしろ薄いところもあるのがミソ。もちろん燃料はまだ重油ではなく石炭という設定です。共に搭載砲の整理されてなさ加減が時代を感じさせるってとこですね。雰囲気的にはほぼ同程度の小型巡洋艦なんですけれど、ちょっとドイツ巡洋艦のテイストも加味してみようかな?と画策中

さて、今夜あたりから製作に取り掛かれるかな?

*1)バラクーダって艦名、実在するとすれば米潜水艦のガトー級あたりだけれど、元ネタは松本零士作の戦場漫画シリーズ「オーロラの牙」に登場するオリジナル英国戦艦。名前も英国戦艦のフォーマットから逸脱してるけれど、外形も一概に英国艦と言い切れない艦形で、雰囲気的にはむしろ仏中型戦艦のダンケルク級に近いのかな?一応艦首がクリッパー型になったネルソン級って感じなんだけれど。
しかしまぁ、このバラクーダは独潜水艦U-0を撃沈する代わりに、U-0のホーミング魚雷で轟沈しちゃうんだけれど、松本零士の大好きな一騎打ちシチュエーション、でもこれって人的な被害を計算に入れたとしてもイギリスの方がワリ食ってるよなぁ。ドイツ未確認の最新鋭戦艦とUボートじゃ損害の差ありすぎだし
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://releasepentagram.blog37.fc2.com/tb.php/149-18b583d0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索