FC2ブログ
忍者ツールズ

Latest Entries

ダイソー樹脂粘土での調色ノウハウなど

ココ最近生活スタイルにあっているからか、ダイソーの樹脂粘土でちょこちょことフィギュア製作が主な趣味になった感のある日々ですが、ようやく自分の欲しい色を樹脂粘土を混色して調色できるようになってきたので、その辺のノウハウなんかを書いておこうかと。

まずダイソーの樹脂粘土、コレ今現在は全12色(ホワイト、ブラック、レッド、グリーン、ブルー、イエロー、イエローオーカー(黄土色)、ブラウン、パステルイエロー、パステルピンク、パステルグリーン、パステルパープル)あって、小型店舗だと扱ってないコトもあるけれど、大型店舗であれば大抵は全色揃っている様子。

価格もさることながら1個あたりの量もちょうど良く(今作っているミニフィギュアサイズを前提として)且つ入手し易く、そして粘土としての性質が非常に素直なので非常に重宝しています。

ただし自分の欲しい色がない場合に混ぜて色を作る必要があるんだけれど、ホワイトとパステルカラー4色以外はかなり色の彩度が高いので混ぜる量には注意が必要。

以下に良く使う色の簡単な調色レシピを紹介します。

■肌色(フレッシュ)
フィギュア作っている関係上一番使う色。作るキャラによっての調整はちょくちょくあるんだけれど、基本的な美少女系の肌色に関してはパステルイエロー40%~45%+パステルピンク60%~55%。最初の頃はレッドとイエローでオレンジ作ってそれをホワイトで薄めていたけど、結局はこちらのレシピの方が透明感のある肌色になります。
なお白人系であればパステルイエローとパステルピンクの配分を逆にして赤味を減らせば良い感じ。

日焼け肌や褐色肌に振る場合は、上記の基本肌色にイエローオーカーとレッド、ブラウンを少しづつ足して色を濃くしていく感じ。先にも書きましたけど、特にレッド、ブラウンは彩度が強くちょっと足しただけで劇的に色が変わるので、肌色粘土100に対してレッド、ブラウン共に0.5くらいづつ足して様子を見ていくのが効果的。イエローオーカーの場合も多くても足す量は1割以内が肝要です。

レッドグリーンブルー
それぞれ純色の樹脂粘土がありますが、いずれもそのまま使うには彩度が高すぎていわゆる普通の赤、緑、青としては使いにくい(まぁ赤はまだ)感じ。それぞれ適量のホワイトを混ぜて彩度を落とします。赤の場合はレッド9+ホワイト1程度でも大丈夫。緑や青は好みにも寄りますが75%+25%くらい混ぜても良いかも知れません。また緑に関してはちょっと黄緑の方向に寄せるためにイエローを0.3くらい混ぜると良い感じになります。

■紫(パープル)
普通に紫を作る要素の赤と青が濃すぎる(特に青が濃い)関係で、単純に赤と青を1:1で混ぜると藍色、もしくは濃い群青色になってしまいます。暗いところで見るとほぼ黒かと思うくらいに濃い色。
これをベースにホワイトで薄める手もありますが、むしろパステルパープルという便利な色(ロボットアニメ好きな人に分かりやすく例えるのであれば、クラブガンナーやスコープドッグのメルキア軍カラーに近い色)があるので、これにレッドとブルーを足していくほうが効率的です。
例えばガンガ・ルブのパープルだとパステルパープル90%+レッド5.5%~6%+ブルー4.5%~4%くらいか?

■桃色(ピンク)
紫同様にレッド+ホワイトよりも、パステルピンクにレッドを適量足していく方が簡単です。

■空色(スカイブルー)
空色はホワイトをベースにブルーを足していくのがやはり簡単。ただし青は2割以内で抑えておくべきでしょう。

■水色(アクアブルー)
水色、自分が色盲だったり色弱でない限り、実はパステルグリーンって実質水色です。若干グリーン要素は入っていますが。

■橙色(オレンジ)
イエロー+レッドですが、レッドの方が彩度が強いので気をつけないとあっという間に朱色になっちゃいます。基本イエローをベースにレッドを適量混ぜていく感じ。大体7:3くらいで標準的なオレンジ色になります。

■灰色(グレー)
まぁコレはさすがにブラック+ホワイトなんですけれど、配分が結構注意です。ブラックがめちゃくちゃ濃い黒なので、ブラックとホワイトを同量混ぜるとブラックグレー(真っ黒ではないなとわかる程度の濃いグレー)になっちゃいます。ニュートラルグレーを作りたいのであれば、ホワイトをベースに少しづつブラックを入れていく(ホワイト85%~90%+ブラック15%~10%程度)のが肝要。また鉛色っぽいグレーを作る場合はホワイトの替わりにパステルイエローを使うのもありっぽいです。

とまぁ、こんな感じで、あとはその場その場のフィーリングで調色している感じ。あとは粘土によって柔らかさが異なることもあるので、同ダイソーとかの百円ショップで売っている小分けボトルに水入れておいて、粘土の量によってちょっと水分足しながら混ぜるといい感じ。

なお樹脂粘土とはいえ水分大目だと手に付き易くなるのでご注意!

一式戦闘機「隼」

最近「荒野のコトブキ飛行隊」劇中にて主役戦闘機として活躍しているコトもあって模型誌とかでも注目株な旧日本陸軍の一式戦闘機「隼」ですが、実は永らく自分の中では「旧日本軍機の中ではあんまり興味のない機体」でした。

その理由が全て主観ではありますが、零戦と比較してなんかそっけない機体のライン(風防から後方のラインがか細く且つ単調に思えていた)、零戦よりも拡張性に乏しい機体構造(主翼に機銃を内装できない構造上、搭載機銃が7.7mm~12.7mm機銃を機首に二挺がせいぜい)といったところ。

でも実は子供の頃は好きな戦闘機だったんですよね。ずーっと自分の部屋の天井にタコ糸でぶら下げていた今は亡きエルエスの1/72(本当は1/75らしい)の隼を見上げていたくらいに。
あのキット、たぶん今の目で見るといろいろアレなんだろうけれど、プロペラ、フラップ、主脚、風防が動いて小サイズながら大好きだった記憶が。
ちなみにその当時もう一機天井からぶら下げて飾っていたのがレベル社の1/72の銀河だったなぁと懐かしんでみたり。

そういえば最近食玩枠だけどエフトイズからフルアクションの1/72「隼」二型が出ていたので買って組んでみようかと思って週末アキバに出た際に買って来ました。流石に天井からぶら下げるわけにはいかんのだろうけれど。

そういえば小さい頃は知らなかったことなんだけど、あの頃の日本軍兵器って軍艦を除けば全体的に全体的に防御がおざなりで、例えば零戦なんかも軽快さを優先するあまり防弾装備は皆無な「当たらなければどうということはない!」という某赤い彗星を地で行く仕様になっていたけれど、でも陸軍の軍用機に関してはそうでもなくて、隼でもちゃんと座席背後に7.7mm程度であれば耐えられる装甲鈑入れていたんですよね。
その関係もあってか同時期同クラスとしてなにかと比較対象となる零戦より上昇速度が控えめなのも、まぁしょうがないところなのかと。
小さい頃はてっきりほぼ同じ馬力のエンジンなのに武装も少なく航続力も短いのに上昇力も劣るのは機体設計の問題かとばかり思ってましたよ。

話は脱線するけど、この「当たらなければどうということはない!(当たらないとは言ってない)」って結構日本人気質に合うのか、かくいう自分も結構この気質でバーチャロンではバイパー系列だのスペシネフだのを愛用していました。

同じ思想を持つ某英国面提督のフィッシャー提督ですが、巡洋戦艦の発案時に「速さ=防御力」って発想でしたけれど、確かに通常の倍なり三倍の速度があって加減速も機敏であれば装甲は薄くてもトレードオフになったのかも知れないけれど、まともに考えたら同時期の戦艦と比較しての2~(多くて)3割増し程度の速度で装甲は控えめってのは流石に不味かったのではないかと思うんですよ。いや巡洋戦艦って艦種は大好きなんですけれどね。

週末、パールルとラティアスに振り回された件

またもポケGO話www

この週末はまず土曜日(2/23)が会社の創立記念日で出勤日だったので、言うほどにはプライベートな事柄はなく。まぁ強いていえば帰宅後に自宅近くにラティアスのレイドバトルで都合良さそうなのがあったのでやった結果、ボコッてGETチャレンジまでは持ち込んだけれど、確保したボール8個を全てNice~Excellentで当てたにも関わらず、GETならずに逃がして終了。
なおこの時点でラティアスの復刻レイドバトル期間を2/23~2/25と勘違い(正しい期間は2/23~3/1)していたので、2/24の日曜日に捕まえておかないといかんなぁと。

翌日曜日、ちょっとした手伝いもあったんで実家へ。実家の近辺でまずラティアスのレイドあったんだけど、ちょっと朝も早め(とはいえ8時半頃)だったからか他のトレーナーが一人も居なくて、星5個のラティアスを一人で時間内に墜とせる筈もなく断念。
こりゃあパールルのフィールドリサーチイベント(12時~15時)に人の集まりそうなところで再チャレンジしないとダメそう、と判断。

その後午前中にちょいちょいと実家での力仕事終わらせて、昼食食べたら回ってこようと思ってたところ・・・
実家に妹が居て、この妹もポケGO(プレイ暦もレベルも妹の方が上。しかも実はジム墜としを生業として無課金でもポケコイン長者な武闘派トレーナー)やってるんだけど、いつも日曜は友達と会うかなんかの用事で外出してるのにこの日は寝て過ごしていて、不意に「パールルのフィールドリサーチやらんの?」と聞いてみたら気付いて居なかった様子。
急遽一緒に回ることに。妹と同じ目的で外出するなんて小学生の時分以来だぞ!と。

妹曰く「ポケGOは徒歩が基本、自転車とか邪道」と言ってたんだけど、狩場として考えていた近所の大きめな公園(某陸上自衛隊基地の近くで東京と埼玉の県境)までの移動時間や、ラティアスのレイドバトルに急行するのに便利ということで自転車使っての出動。
とはいえ狩場に着くまでの間に数回ポケストップ回して、公園に付く頃にはパールル3匹確保達成。

公園の入り口に着いたのが12時50分頃。この入り口にあるジムで13:29からの黒タマゴがあったので、開始時刻に集合ということで、それから40分ほど別行動。
再集合するまでにGETしたパールルは8匹(ウチ2匹が色違い)、一方妹の方は19匹(ただし色違いなし)確保していた。武闘派トレーナー、コワイ!!

13:29のレイドバトルはラティアス出たんだけど、ここでもGETチャレンジで兄妹揃ってラティアスを逃す。orz...
ちなみに妹は以前ラティアス出たときに仕事忙しくて確保できず、その腹いせでラティオスは乱獲したそうなんだけど、そんな事情もあってちょっとラティアス確保は真剣そう。lこちらも今回の復刻ラティアスが初の機会なので(しかも月曜までと勘違いしていたので日曜に取っておかないとそれ以降は難しいかもという焦りもあったワケで)ちと真剣。

まぁ逃がしたラティアスは仕方ないんで、後半戦に隣接する埼玉県側の公園に狩場を移動してパールル集め再開。
そしてその後14:15に公園外だけど某東武東上線の駅近くに黒タマゴが出現したので妹と合流して当該ジムへ急行。しかし出てきたのがパルキアだったのでスルーすることに。更にその後14:30の黒タマゴを500m程離れたジムで見つけ急行。こっちはラティアス出現。

結構人が集まっていてちょっとネットが重くなっていたけど、無事ラティアスを凹りようやく兄妹揃ってラティアスGET達成。しかも妹のは色違いだった。武闘派トレーナーとしては普通カラーの方が良くて且つ個体値にちょっと不満あったようだけどw

そしてその後は徐々に自宅方面に移動しつつ、15時になるまでポケストップ回って最終的に確保したパールルの数は29匹(ウチ3匹が色違い)と3匹分のフィールドリサーチ残。妹の方は50匹(ウチ3匹が色違い)と3匹分のフィールドリサーチ残。14:59まできっちりとフィールドリサーチこなしてまだ回していないポケストップを回し続けた武闘派トレーナー、コワイ!!

という感じで、終わってみればまだまだラティアス捕まえる機会もじゅうぶんにあったわけだけど、でもある意味充実していた日曜の午後でした。

そして相変わらずお互いの日常生活に干渉されたくないという理由で、この兄妹はフレンド関係になってはいないドライな間柄ですw

中型戦艦というモノについて

ワリとどうでもいい話ではあるんだけれど、前から気になっていたコトについて自分なりに考察など

中型戦艦(≒中型戦闘艦)という存在について、昔から非常に疑問に思っていた。アニメ作品あたりでいうと宇宙戦艦ヤマトシリーズのガルマン・ガミラス帝国の中型戦闘艦(俗称ダゴン艦)、ディンギル帝国のカリグラ級中型戦艦。
現実で探すとナチス・ドイツ軍のシャルンホルスト級、フランス海軍のダンケルク級あたり。

航空機が発達し、大艦巨砲が過去のモノになる以前の主力艦であるところの戦艦だけど、コレって歴史的に見ると常に仮想敵国の戦艦と同等かそれ以上の戦力になりうる艦でないと存在意義がほぼないと言って良い。実際に戦艦の補助として装甲巡洋艦なり巡洋戦艦を戦艦同士の殴り合いに投入すると、まず間違いなく真っ先に被害が出て結局自艦隊の足を引っ張る事となる。
日本海海戦での露戦艦オスラビア(戦艦扱いではあったが実質装甲巡洋艦や巡洋戦艦に近い中型戦艦)や、WW1でのドッガー・バンク海戦における独装甲巡洋艦ブリュッヒャー、ユトランド海戦での英巡洋戦艦隊、そしてWW2でのビスマルク追撃戦における英巡洋戦艦フッドなどなど。

つまり大艦隊を要するような海軍国にとって、中型戦艦(装甲巡洋艦や巡洋戦艦を含む)などというのは建造費ばかりかかって戦力としてはほとんど期待できない存在だと思える。

この構図でいくとガルマン・ガミラス帝国の中型戦闘艦ってのは、まぁ高圧直撃砲っていう決戦兵器があるということ、上位艦である大型戦闘艦がちょっと性格が異なる艦であること。そして敵勢力であるボラー連邦の主力戦艦(戦艦A/B)や同バース星艦隊のラジェンドラ号と比較して戦艦として特に劣っていない様なので、まぁ存在意義はあるのかと。

むしろ存在が中途半端なのがディンギル帝国のカリグラ級。登場作品である「宇宙戦艦ヤマト完結編」ではハイパー放射ミサイルを搭載した水雷艇が前面に押し出されあまりまともな戦艦同士の艦隊戦はなかったので目立たない存在だったけど、単艦でも明らかに戦力としてヤマトに劣り、上位艦であるガルンボルスト級の大型戦艦が居ることから活躍の場がほとんどなかった感じ。ライン的にはカリグラ級って軽快そうなのでたぶん巡洋戦艦的な存在だったんじゃないかとは思うけど。

ところで、現実的に中型戦艦の存在意義を見出すには二つの例が存在する。一つは弱小海軍でのせめてもの抑止力としての海防戦艦的なもの。そしてもう一つがナチス・ドイツ海軍の戦略としてあった重通商破壊艦としての存在。

前者については、あるいは陸上砲台にしちゃったほうが良いのかも知れないけれど、それでも移動砲台的に「勝てはしないけれど攻めてきたらそれなりなお返しは覚悟してね」という抑止力として相手国に一考させる材料になるという意味では存在意義はあったと思う。

後者については、これはもう闘う相手は自分より弱小な船舶であること前提なのだから敵国の戦艦より主砲の口径が小さかろうがメインターゲットからすれば狩に装甲車持ち出してくるようなものなので十分に脅威(シャルンホルスト級もそうだけど、いわゆるドイッチュラント級のポケット戦艦なんかもこのカテゴリ)
自分より強い戦艦が出てきたら退避しちゃえば良いんで逃げるだけの足さえあれば問題なし。凄く卑怯な考え方ではあるけれど、戦争に卑怯もラッキョウもないからね。

というところで再考してみると、実はディンギル帝国って歴代ヤマトの敵勢力としては一番の弱小国家で、だからこそ水雷艇での敵艦隊漸減を前提とした戦略ならば、足の速そうなカリグラ級中型戦艦での残敵掃討っていうのは意味が出てくるんじゃないかな?とか考えてみたり。

補足的に言うと仏海軍のダンケルク級もあくまでも仮想敵はドイッチュラント級やシャルンホルスト級であり、ビスマルク級を相手にするのは後発のリシュリュー級という割り切りがあったから存在意義がたったのかな?と。

「自由という不自由さ」について

良く夢をみる体質で、しかも我ながらよくもまぁこんな夢みるよなぁと思うような夢が結構あったりする。たいていは良くて数日、早ければ数時間で忘れちゃうコトがほとんどなんだけど。

今日みた夢も、ちょっとネタ的に面白かったんで備忘録的にブログに記述してみる。

夢の中でRPGをやっていた。いわゆるゲーム機なのかPCだったのかは忘れたし、スタイルがワリと古典的なドラクエっぽいRPGだったことは覚えているけど、そういうデティール部分も今回のネタ部分とは関係ないので割愛する。

世界レベルなのか国レベルなのかわからないけど、ゲーム開始時は魔王(といってもゲーム全体では中ボスクラス)に支配されていて主人公はそこから魔王打倒を目指す。パラメータもHPとMPくらいしかなくて、別に食事するワケでもなし、HP/MPが少なくなってきたら宿屋で一泊休憩すれば全回復するような感じ。そんな世界の中で主人公は仲間を集めレベルも上げ、やがて魔王の前に立ち上がって、これを倒す。

そうしたら魔王を倒した次の日から世界が激変した。主人公のパラメータが増えている。
HP/MPだけだったのが、空腹度や睡眠、病気、怪我などの状態が増え、定期的に食事しないとHP/MPを削るし、定期的な睡眠も必要となった。病気や怪我もそれぞれ治さなければ行動に影響してくるので、とにかく体調管理が不可欠な要素として圧し掛かってきた。

今までは魔王が統治していたエリアの住民は主人公を含めて「魔王によって生かされ続けていた=体調管理もされていた」のが、魔王を倒したことによって自分でやらなければならなくなったワケ。魔王案外良いヤツだったんじゃないか!!

そしてこの後、新たな魔王を討伐し、最終的にラスボスの大魔王に挑むコトになるんだけど・・・
魔王を倒す度に世界は魔王の影響力から解放され自由を取り戻していく。

只の「武器/防具」として攻撃力や防御力という数値だけの存在だった剣や鎧、盾は破損度の概念や経年劣化までが自己管理となり、使えばだんだん消耗し定期的なメンテナンスを必要とするように。

またHPを回復させる「食料」やMPの回復、怪我や病気の治療に必要な「薬」には消費期限が発生し、効果の出てくるまでの時間や副作用という厄介なパラメータも。

ゲーム開始時にはコントローラー片手にひょいひょいとラジコンカー感覚で操作していた主人公の操作は、大魔王と闘う頃にはMT車を運転しているような感覚に激変していたのでした。

これら今までは任意で任されていたパラメータを、全部自分で管理していかなければならない感覚って、見方によっては自由度が増してはいるんだけど、でもそれって酷く不自由な世界なんだよなぁと思った次第。

二月はちょっとよろしくない滑り出し

この前は一昨年だったか、今年は結構気をつけていたのにインフルエンザ発症しちゃいました。
ココ暫く外出時のマスクとうがい&手洗いは厳守してたんだけど、それでも感染するときはしちゃうみたいで、発症後の自己分析からするとどうも移動中の電車内のつり革or手すりにつかまった手からの感染だったのかも

なおそれでもインフルエンザ自体の症状は昨年秋に予防接種もしておいたコトから比較的軽めで、発熱のピークが39.1度、40度に上がっても比較的動ける体質だったんで、そこはなんとかなった感じ。

逆に今回一番辛かったのが、一ヶ月ほど前に一通り終えた筈の歯石取った口内。体力落ちてきたら思い出したかのように右下奥歯あたりが疼きだして、下手な虫歯よりも痛む状態に。
正直虫歯が痛くて眠れないって前例はないんだけど(例外は、今回痛んだ右下の親知らず抜歯後の麻酔切れた夜)、今回は知覚過敏で眠れない夜を過ごしたことも。

インフルも先週末にはおさまって、明日からは普通の日常に戻れる予定だけど、今回の経験からインフルエンザなどにかかりやすい冬にかけての歯石取りはオススメできない感じです。

艦これ2019冬イベント「邀撃!ブイン防衛作戦」の主に掘り

年末から始まってなんだかんだで1月後半まで開催されていた艦これの2019冬イベント「邀撃!ブイン防衛作戦」、今回もどうにか新規追加艦娘全員を確保することが出来ました。

駆逐艦娘「峯雲」
水上機母艦「日進」
駆逐艦娘「早波」
駆逐艦娘「ジョンストン」

あとついでにまだGETしていなかった海防艦娘の福江と大東、それと二人目のゴトランドをGETできたので、全体的には(あまり熱心でなかったとはいえ)身入りの良いイベントだったかと。

イベント海域の攻略自体はE-1は速攻でイベント二日目(とはいえメンテ明けが二日目未明までズレ込んだのでほぼ初日?)に村雨改二に頑張ってもらって終わらせ、E-2も正月休み中に、それからちょっとしてE-3攻略に着手し、最終的にE-3を終わらせたのが1/12(土)にアミタソ実家にて。

そしてその後に掘り(E-2での早波とE-3でのジョンストン)開始。備蓄資源に余裕は十分あったんだけど、どちらも連合艦隊で周回しなきゃならないというのがそれなりに痛手。特にバケツの消費スピードの早いこと orz...

先にE-3でジョンストン掘ってからE-2に戻って早波掘り掘ろうという計画だったんだけど、このE-3掘りが結構大変。とにかくCマスとZZマスの潜水新棲姫に何度ワンパン大破喰らって引き返したことか、という程度にとにかくボスマス到達率が低め。
あと編成に入れていた水上機母艦娘の日進がダメージ喰らって入渠する際の台詞「すまんのう、めげてしもうたんじゃ。ようけこと修繕せんとのう」を聞くと、こちらもかな~りめげてくるwww

結局何週したかは忘れたんだけど5日ほどほとんど(ジョンストンドロップという意味では)成果もなく(とはいえ二人目のゴトランドと福江、大東ドロップは素直に嬉しかったけど)、かなりめげたんで一度気分を変えてE-2での早波掘りを先にすることに。

そしたら二周目であっさりと早波ドロップ達成。ヤッパリサキニシテオケバヨカッタヨ...

その後またE-3でのジョンストン掘りを再会したんだけど、こちらもどうやら1/19(土)の夜にドロップ達成し、個人的な2019冬イベに終止符を打つことができました。

年末年始はなんだかんだでやることも多かったりしたのに、艦これのイベントとアズレンのイベント、そしてポケモンのコミュニティデイが重なったりしたのは地味にダメージ大きかったですね。
そしてそういうときに限ってオフでも色々作りたいものが出てくるもんで…

春までは少し落ち着けるのかなぁ?と思いつつ、結構レベル上げしなきゃならない艦娘が増えたので、それはそれでホクホクして演習とかこなしてます。

三連休、突発での関西行

正月休み明けの一週間、お仕事してから成人の日の振り替え休日ありでの三連休。金曜の仕事帰りに、実家の都合で1月2日から実家に戻っているアミタソより連絡があり、義父から酒呑みに来ないか?とのお誘いがあったので、急遽2日3日でアミタソ実家の方に顔出しに行ってきました。

■11日(金)出発前日
先にも書いたように、仕事終わって帰り際にアミタソから電話連絡。13日の日曜にAzrielさんとのポケgoコミュニティデイ&EXレイドの先約も合ったんだけど、今回は義父のお誘いを取らせていただくことに。
Azrielさんに約束キャンセルの連絡入れてから行き帰りの新幹線チケットを取る。行きはお昼頃に着くように、そして帰りはとりあえず最終の新幹線チケット確保。

帰宅後に貯まっていた洗濯を片付けつつ荷物のリュック作り、22時頃に銭湯行ってくる。本当はこの日に艦これ2019冬イベのE-3ラスダン終わらせるつもりだったんだけど、それはアミタソ実家でやるつもりで先送りに。

日が変わってからアズレンのデイリーを終わらせて1時頃に就寝。

■12日(土)
朝6時に起床、朝の艦これ提督業終わらせ、行きの新幹線が東京駅発09:20なので8時頃に家を出て途中朝食摂りつつ東京駅へ。

新幹線の中ではココ最近の深夜アニメ第1話を録画していたのを消化しつつ、今後視聴を継続するか否かの選択を。
新大阪に11:53分着、そこからアミタソ実家の最寄り駅まで移動してアミタソと合流し、軽く昼食。そこから夕方まで色々あって、夕飯はアミタソ実家で。

義父とビール&日本酒呑んで、22時過ぎくらいから艦これ冬イベのE-3ラスダンを再会。E-3戦力ボスのゲージ削りに第1艦隊に大和改、武蔵改二、伊勢改二を使っていたものの、どうもラスダンでの火力不足を感じたので、ネルソン・タッチ期待でネルソン改、大鳳改、長門改二に入れ替え(ネルソン・タッチの発動条件は3番枠の長門改二と5番枠の熊野改二)に入れ替えてみたらあっさりと深海日棲姫・壊を撃沈しちゃいました。ネルソン・タッチなしで orz...

とはいえ無事に水上機母艦娘「日進」をGETできたので、この日はこれで安心して眠れることに。

■13日(日)
起きたのは6時半頃。艦これとアズレンのデイリー終わらせ、10時過ぎにアミタソ自宅を出て今日は単独行動で難波方面に。色々買い物あったのと、ポケgoのコミュニティデイを日本橋でやってこようと。

11時半頃に日本橋に出てちょっと散策。昼食&アズレン昼の演習終えてからコミュニティデイのワニノコ乱獲を開始。今回は単独行ということであまり熱中して回ったワケではないものの、開始時にはとりあえずで進化させたあまり個体値の高くないオーダイル×1だけだったのが、15時頃にはバトルに使える個体値の高いオーダイル×2色違いオーダイル×1色違いワニノコ×1な状態に。あとついでにゴマゾウもちょこちょこ出てきたので進化でドンファンもGET

夕刻に戻ってアミタソと鍋の材料買出しに行き、夕飯は鍋で酒?み。ちょっと疲れも出ていたようでワリと早めに寝ちゃってました。

■14日(月)
今回の関西行最終日。朝起き出したのは8時頃。朝のデイリーやりつつ午前中は待ったりモード。昼過ぎから活動開始して、帰りに確保しておいた新幹線の最終便チケットを18:03新大阪発のに時間変更。やはり翌日仕事だと帰宅が午前様はキツそうだったのでw

それからアミタソと色々買い物回って、遅めの昼食を摂って、17時過ぎにアミタソと分かれて新大阪へ移動。
帰りの新幹線では買い込んだ発泡酒呑んで、その後はほぼ寝てた感じ。20:33に東京着。自宅に着いたのは21:10。それからあんまり働いていない頭を動かしつつちょこちょこと後片付け&etcを行い、1時前には就寝してました。

さて、まだ艦これで掘りが残っているので、これを週末までに片付けておかないと!

2019年元旦

2019年明けましておめでとうございます。今年もまたよろしくお願いいたします。

ということで、今年もまた秋ヶ瀬橋で初日の出を見てこれました。今年は例年に比べても気温が低かったようで、荒川の水にうっすらと氷が張っているほどに。

2019年の初日の出

また、いつものポイントも土手からの道が色々変わっていてクルマでは到達できなかったりと、2019年の初日は下見の重要さ、つまるところ下準備の大切さを痛感した日となりました。

5月には元号も変わるのでまさに平成最後の初日の出、ちょっと雲はかかっていたけれど綺麗に見えて良かった~

新しい玩具を手に入れた(Fujitsu LifeBook SH90/p)

今年も早いものでもうじきクリスマス。なにかとお金のかかるイベントもあったりしてあんまり趣味方向にはお金使えないなぁと思っていたところ、ちょっと早めのクリスマスプレゼントがやってきました。

Fujitsuの13.3inchモバイルノートPC、LifeBook SH90/p(OSはWindows8.1だけど64bit版)のそれもほとんど使用感のない美品。

基本的に国内メーカーのPCにはあんまり縁のない身の上で、Fujitsu製のもだいぶ前にちょっとだけ会社で使ってたなぁという感じなのですが、あの頃の野暮ったくて重いノートPCと比べるとまぁ随分とスタイリッシュになったようで。

で、早速初期化してから色々と環境構築してみたんですが、最終的にこのノートは実家の父向けにする予定。単純なスペックだけなら今使っているメインのThinkpadよりも上なのでちょっと勿体ない気もするけれど、父のメインPCが先日Windows7で動かしていたHDDがクラッシュして、元々入っていたVistaのHDDに換装しなおして「あ~やっぱりVistaはいくらなんでもダメダメだわ」と痛感していたりもしたので。

なおそのVistaがダメダメ(正確にはダメダメだったのはVistaだけではなく、他に入れてたソフト群も古過ぎ)なおかげで、先日年賀状の原稿作成支援であたふたさせられたりもしていたし。

なんだかんだで既に父が使う分にはほぼ不自由のない程度に環境構築はしたんだけど、自分自身でも始めて弄ったWindows8.1マシン、イマイチもっさり感も強かったの為、ついでにWindows10にアップグレードしてみました、サポート期間の問題もあるので。

アップグレードもなんだかんだで特に詰まるようなところもなく非常にスムーズに。それでいてアップグレード後に高速化を中心にチューニングしてみたらかなりレスポンスも良くなりました。

これ自分的にも結構使い勝手いいPCだよな~、ちょっとだけ譲り渡すのが勿体なくなってきたかも。

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索