FC2ブログ
忍者ツールズ

Latest Entries

メカトロ中部の優しい世界 ~メカトロTPがやってきた~

11月16日の土曜日にビックサイトで開催されたDESIGN FESTA vol.50(以降デザフェスと略)にアミタソと行ってきました。メインのお目当てはモデリズムのメカトロTPキャストキット。

朝の弱いアミタソとしては随分頑張ってデザフェス開場の30分前に入場待機列に並んで入場。メカトロTPのキットは今回が初出展でカラバリ3色で販売数は全部で60個。
開場(11時)~13時までは1人1限(とはいえ13時になる前に60個完売してましたが)ということもあり、自分とアミタソとで「みずいろ」と「おれんじ」(なおアミタソ確保分は当日仕事で来れないAzriel21cさんの分として)をGET成功。その後15時頃までゆるゆるとデザフェスを楽しんで会場を離脱。

夕刻にAzriel21cさんと合流してキットを渡す際に一部パーツをトレードして、それぞれツートンカラーで組めるように。

なんだかんだで帰宅したのは22時近くだったので、帰ってからメカトロTPのパーツを煮沸しての油抜き&中性洗剤での洗浄までして組むのは翌日曜日にしようかと思っていたんだけれど…
煮沸してからゲートを切り取って洗浄し、並べたパーツを眺めていたら結局その日のウチに組んじゃいましたwww
だって物凄~く組み立てやすいんだもん。

では、以降メカトロTPのキットレビューなど

■モデリズム NONスケール メカトロTP(キャストキット)
※キットはうすみどり、おれんじ、みずいろのカラバリ3色で\4,000- カラーの組み立てマニュアルとメカトロTPのステッカー、そしてネオジム磁石が付属。

191118_00.jpg

全16パーツ構成で、一番小さいパーツが喉元(?)にハメ込む白いパーツ。コレ失くしやすいのとキャストの湯口と勘違いしやすいのでマニュアルをよく読んだ上で注意。

前作にあたるメカトロメイトと比較しても、更にキャストの湯口部分が組んだ時に目立たない場所にレイアウトされていたりアンダーゲートとなって組んだ時に表面に出ないように配慮が進んでいて非常に表面処理がやりやすい。「メカトロ中部の神」こと小林さんの「是非組んでもらいたい」というメッセージを体現したご配慮の賜物です。

また今回のメカトロTPですが、主要な各パーツに付属のネオジム磁石を取り付ける穴があり、そこにネオジム磁石を接着(N極S極の向きに注意)することで自由なパーツの組み換えなんかもできるようになっているんですが、ウチの初号機はたぶんあちこに持ち歩くだろうと予想してネオジムは入れずに接着しちゃいました。

後々3色を揃えた際にネオジムでの組み換えはやろうと思ってます。

191117_01.jpg
191117_02.jpg
191117_03.jpg

とまぁこんな感じで、キャストキットだからちょっと敷居高そうって思う人も居るかもしれませんが、ガンプラとかとは違ったベクトルながら非常に組み立てやすい優秀キットに仕上がっています。

それにしてもモデリズムの一連のキャストキットって、送り出す小林さんの「手にしたのなら組み立てて欲しい、だから最大限組み立ててもらう為のフォローはする」というスタンスを、受け取る購買側がしっかりと受け止めて、買ったその日のウチにツイッターとかで製作中や完成した旨のツイートが流れるというなんとも優しい世界。

この優しい世界がメカトロ中部の魅力の一つなんだよな~ とつくづく思うのでした。

なお早速メカトロTPの改造プランが降って湧いてきたので、既に通販の開始を期待し、その際にはまず「うすみどり」を、と思ったりしている今日この頃。

またも今更ながら艦これアーケードやってみた

リリースして暫くは筐体が空くまで結構な待ち時間を要したゲームセンターの艦これアーケード。今ではプレイしている人も少なく簡単に手が出せそうなので(アミタソからの「やってみなよ~」な誘いもあって)やってみました。

日頃PC版の艦これではそれなりな大所帯での日常提督勤務を行っている感じですが、アーケードの方では初期艦1人からの手探りスタート。先にゲストで一回感触を掴んでからカード登録して始めてみました。
ちなみにアーケードでの初期艦は「ゴトランド」「漣(さざなみ)」。

とりあえず6隻艦隊を組めるまでやって(この時点で1-2攻略中)でもこの時点では手持ちが駆逐艦しか居ないのでちょっと別途課金して筆頭秘書艦の軽巡「由良」と戦力テコ入れに戦艦「山城」を投入。とはいえまだアーケード版のルールに慣れないところもあってまだ1-3あたりをウロウロしているところ。戦力的にはPC版のレシピで重巡「利根」と「加古」もGETしたので少しはマシな艦隊戦ができるようになってきたのではないか?と。まだ空母勢が未着任ではありますが。

当面の課題は制限時間内にボス艦隊に接敵できるようにすることと、敵の砲撃を陣形効果も活用して上手く回避できるようにすること。あと副砲射撃や主砲での夾叉弾を利用しての敵砲撃をキャンセルさせるテクニックを覚える事かな?

高円寺フェス&東北復興大祭典なかの

週末の土日2日間続けて高円寺フェスと東北復興大祭典なかのにアミタソと行ってました。
こういう町をあげてのお祭りに行くのってつくづく秋だなぁと感じるワケですが、実質今回のブログ的には呑んだお酒の話に終始しそうな予感。

■10月26日(土)高円寺フェス
呑んだのはコロナビールとアサヒの黒ラベル、そしてCRAFT BEER COMPANYの「ねこぱんち」とGahaha Beerの「UMAMIラオホ」

お昼過ぎくらいに高円寺に着いて最初は南口界隈を散策。高円寺中央公園のフードトラックでまず久しぶりのコロナビールを角煮バーガーをつまみに。相変わらず生ライムの鮮烈な香りでスキッとします。
あと高円寺中央公園の近くに大船渡のアンテナショップを見つけ、ココで個人的に大好きな藤勇の醤油と焼きまつもを発見。今後も足しげく通うことになりそう♪

その後高円寺駅経由で北口の方に回ってホタテの浜焼きで黒ラベルを楽しむ。それからしばらく散策してから駅前のカラオケ店で1時間ほど休憩を兼ねて歌う。

カラオケ出たのが16時頃。もう一度南口のロータリーに行って、そこでアイス配ってたので貰って食べ、それから中央線の高架下(阿佐ヶ谷方面にちょっと歩いたところ)にあるビアフェス会場へ。
まずCRAFT BEER COMPANYの「ねこぱんち」を厚切りベーコンで。ねこぱんちはIPA系の地ビールだけど苦みは控えめでフルーティーな香り、すっきり呑める感じでした。

そういう意味で記憶に深く残ったのが次に飲んだGahaha Beerの「UMAMIラオホ」。そもそも燻製ビールなので香ばしい香りなんだけど、そこに鰹節の旨味を入れたということで最初は色物ビールのつもりで呑んだ。だけどそもそも鰹節も燻製なのでその相性はばっちり。魚臭さは全くなく、呑むと口の中にほのかに鰹節の旨味が残る感じ。正直これは旨いと思った。喉越しでゴクゴクいくのは勿体ないので一口一口味わって呑みたいビール。

それから再び高円寺駅まで戻って夕飯食べてから帰宅。家に着いたのは21時頃だったけど帰ってすぐに寝ちゃって23時頃に目が覚め、シャワー浴びてアズレンと艦これやってから就寝。

■10月27日(日)東北復興大祭典なかの
呑んだのは玄葉本店の地酒「あぶくま」と、みちのく福島路ビールの「桃のラガー」

やはり昼過ぎに家を出て会場へ。まず区役所前で地酒の「あぶくま」と玉こんにゃくを買う。「あぶくま」を選んだのはなんだかんだで艦これの軽巡洋艦娘つながりでwww

191027.jpg

中野サンプラザ前でのイベント見ながら呑んで、その後に別会場にてみちのく福島路ビールの「桃のラガー」(大)を購入。お酒飲めないアミタソには桃スカッシュを買って、一緒に飲んだんだけど、桃のラガーは香りと味にも桃を感じられながらも甘くはなく、呑み終わった頃には良い心持ちに。

それから中野セントラルパークの方を散策、ブロードウェイの方に回って、その後家の近所で夕飯食べて帰宅。帰宅したのは20時頃で流石にお酒は抜けきっていたけれど、でもやはり23時頃まで寝てて、それから昨晩と同様に。

艦これ近況など

基本的に今現在日常的にやっているゲームは艦これとアズレン、そしてポケGOの三つ。毎日ログインしてるし、艦これもアズレンも演習は無駄にせず、遠征(アズレンだと委託)も可能な限り回して備蓄回復に努めている。
一方ポケGOの方は基本的には色違いポケモン探しが定例化している感じかな?

さて、2019年の艦これ夏イベントが終わってから、以前第二期に突入して一度リセットされた通常海域の再攻略を今更ながら初めてみた。
なにせ一度リセットされてから、攻略するだけの艦娘や装備は揃っているのに3-2すら面倒くさくって進出していなかった体たらくだったんだけど、ココ最近改装に改装設計図が必要な艦娘も増えてきたんで改装設計図の素となる勲章集めに1-5~4-5回れるようにしておかないと効率悪いなと思って重い腰を上げてみた次第。

なんだかんだでリセットされる前よりも攻略海域は進んだんだけど、ココ数年イベントでしか感じていなかった、攻略する海域に適した編成と装備を模索して攻略していくってプロセス、やっぱり楽しいなと。

そしてもう一つの恩恵がウィークリー任務の近代化改修を15回達成が週明けてすぐに達成出来るようになったり。

あとはやはり日常的に運用していなかった艦娘にも活躍の場を与えてあげられるのも楽しいもんだな~などと思っている昨今でした。

艦これ2019年夏イベ【欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」】の顛末


艦これ2019年の夏イベント【欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」】が、昨日9/30(月)の11時をもって終了しました。

実質9月いっぱいがイベント期間でイベント海域はE1~E3の3海域と例年の夏イベントと比較すればかなり楽な印象だったんですが、今回も艦これだけに割ける時間的リソースが少なめだったことと、やはり資源の消費を避けるように極力新規追加艦娘確保を優先してのイベント参加となりました。

結果的に最終海域まで完走することができ、E2海域クリア報酬の伊軽巡娘"L.d.S.D.d.Abruzzi"とE3海域クリア報酬の英駆逐艦娘"Janus"、そしてドロップ対象となっている海防艦娘「御蔵」と伊駆逐艦娘"Grecale"を沼ることなくGET達成。一番苦労したのは"Grecale"だったけどそれでも周回10周ちょっとでドロップできた(「御蔵」に至ってはE2海域攻略中にドロップ成功)ので資源消費的には非常に助かりました。

2019s_mikura.jpg
2019s_abruzzi.jpg
2019s_grecale.jpg
2019s_janus.jpg

いつもは結構スローペースで先行突入組から出てくる情報を基に攻略始めているんですが、今回は珍しく早めに攻略をはじめ(とはいえ目立って先行しているとはいえない程度)後段作戦が実装された頃にE2海域をクリア、その後E3海域には進出せずに"Grecale"堀りを先に終わらせてからE3海域に突入。E3海域の最終ゲージラスダンまで進めてからE3海域に友軍艦隊が実装されるのを待ち、実装された9/20(金)の夜にパパッとE3海域を終わらせた感じ。

やはり各海域のラスダンを早期に終わらせることができたこと、そしてE3海域クリア後の掘りが必要なかったことが資源的にも節約となり、一番備蓄量の少ないボーキサイトでさえ一番減った時でも12万残せたのは精神衛生上も良かったかな?

三連休で有馬温泉へ

9/21~23の三連休で有馬温泉一泊旅行(アミタソ、アミタソの妹夫婦、アミタソ両親)と、伯父のお見舞いに行ってきました。

■9/20(金)出発前日
早朝移動が苦手なアミタソは先行してアミタソ実家に新幹線で移動。

仕事終わって帰宅後に色々と荷物の整理しようと思っていたら20時より艦これ夏イベE3海域に友軍艦隊実装とのこと。既にラスダン状態で待機していたので20時からラスダン開始して倒しきれなかったの1回、大破撤退1回を経て3回目の出撃でE3クリア達成。
英駆逐艦娘"Janus"GETしたけれど、タブレットでスクショ撮ろうとしたときに間違って画面タッチしちゃってスクショ撮れずorz...

とはいえ夏イベ完走はしたのでちょっと祝杯あげようといつもの立ち飲み屋に行って一人で祝杯www
帰ってきて、0時にアズレンのデイリーやって0時半に就寝しました。

■9/21(土)初日
子供の頃から遠足の前は眠れない性分でしたw
一度は寝たものの、3時過ぎくらいに目が覚めちゃって、その後5時前までゴロゴロと半覚醒状態のまま。結局5時ちょっと前に出発して途中松屋で朝食摂ってから羽田空港に向けて移動。アミタソ妹夫婦との待ち合わせ時間は羽田空港第2ターミナルに7時...

が、06:20頃に着いちゃったwww
出発ゲート前の喫茶店でコーヒー飲みながら艦これとアズレン。移動中もやってたけどmineoのsim快調です。

190924_01.jpg

妹夫婦ですが旦那さんの方がちょっと体調崩して今回は旅行断念との連絡が入り、妹だけ来る(今回の旅行の幹事役ということもあり)ことに。7時半に合流してそのままチェックインして08:00に大阪伊丹空港へ出発。

伊丹空港に09:05着。旦那さんの飛行機チケットのキャンセル処理してからレンタカー屋に行って今回使うクルマを借りる、今回借りたのはNISSANのセレナ。
その後10時過ぎ頃にアミタソ&アミタソ両親を拾い、合計5人で有馬温泉旅行に出発。といっても有馬温泉はすぐ近くなんだけど。

いつもは結構予定びっしり詰め込んでスケジュール押し気味に行くことが多いんだけど、今回は折角の温泉旅行なのでのんびりする方向で、と提案してお昼過ぎには有馬温泉のかんぽの宿に到着。そこで昼食摂って、14時半頃にチェックイン。

190924_02.jpg

部屋に入って休憩してもらいつつ、自分はちょっと偵察がてら有馬温泉の中心街の方を下見に。結構かんぽの宿から高低差あるので道路事情とクルマ移動する際の駐車場確保などもあって。
45分程偵察してから15時半にクルマで中心街の駐車場まで移動して散策。

190924_03.jpg

17時過ぎに戻ってきて夕飯前に一回温泉に入っておく。18時半から夕飯で、その後部屋に戻ってからビール飲みつつ翌日の行動予定の話し合いなど。
なんだかんだで2時間ちょっとしか寝てなかったからか、21時半頃にはバタンキュ~してました。

■9/22(日)二日目
寝たのが早かったコトもあって5時に目が覚める。アズレンと艦これのデイリーやってから6時ちょい前に朝風呂に。この時まだ朝食まで時間もあるし、と近所にある有馬稲荷神社行ってみようと思いつく。

で行ってみたら序盤の長い階段から始まってその後も登山道のような参道が続き、ようやく到着。運動不足な身体にはそこそこハードな登りだけど登りきると見事な眺望が楽しめるし、当日は曇りで台風の影響から風もあったのでとても涼しく心地よかった次第。

190924_04.jpg
190924_10.jpg
190924_05.jpg
190924_06.jpg
190924_07.jpg
190924_08.jpg
190924_09.jpg
190924_11.jpg

それで止めておけばいいのに、降りてから今度はかんぽの宿の裏にある愛宕山公園もパンパカパカパーンとちょっとハイな気分で散策。

190924_12.jpg
190924_13.jpg

帰ってからもう一度温泉に浸かって汗を流し、その後朝食。適度な運動の後だったので旨さもひと際でした。

朝食後に食休み&出発準備して10時過ぎに出発。とはいってもそんな遠くに行くわけでもなく最初の目的地はかねふくの「めんたいパーク」へ。本拠地を含めて日本国内に数箇所しかないとのコトですが、温泉の後は明太子ってなんともフリーダムwww
ここでお土産なんかも買って、東京まで持って帰るの大変なんでクール宅急便で実家へ直送。

190924_14.jpg
めんたいパークのゆるキャラ「タラピヨ」に乗ってはいしどうどう♪

次の目的地は道の駅「淡河」アミタソ母が道の駅で土産物買うのが大好きで道の駅寄るのは必須だったんでチョイスしたけれど、ココは農協がちょっと大きくなったような感じで野菜は豊富に売っていたけれどお土産物は少なかったので別の道の駅にも移動するコトに。なおでっかい冬瓜が売ってたんだけど、一際デカいやつに誤植で「とうがん」ではなく「とうがらし」って貼ってあったのがちょっとした笑いのツボに。

190924_15.jpg

次に道の駅「みき」へ移動 ※道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」という選択肢もあったんだけど、ココはかなり混んでそうだったので敢えて避けた感じ。
ココでお土産とか晩酌用の日本酒とか買い込んでゆるゆるとアミタソ実家の方に戻るルートに。この日アミタソ妹が夜の飛行機で東京に戻る予定だったので、一度アミタソ実家に戻って荷物を下ろし、家のクルマと二台で伊丹空港まで行ってレンタカー返却&妹見送りして戻る予定に。

途中新名神の宝塚北SAに寄って遅めの昼食。今まで天候には恵まれていたんだけどココを出る際にちょっと雨に降られる。
その後今回は全く渋滞には出会わず(まぁ渋滞に会うほど走ってもいないけれど)、18時過ぎにレンタカーを返却、アミタソ妹は伊丹空港から東京へ。残った自分とアミタソ、アミタソ両親の4人で夕飯食べてからアミタソ実家に帰投。
ちょっと晩酌して、やはりこの日も早めに就寝。

■9/23(月)三日目
やはり6時前に一度目が覚めて艦これ&アズレンデイリー消化。その後二度寝して実際に起きたのは8時過ぎ。

この日の予定は明石の方に居る父の一つ上にあたる伯父の見舞いに。アミタソ実家を11時前に出てJR尼崎から東海道山陽本線快速の加古川行に乗って55分ほど。西明石の隣の大久保まで移動。途中須磨~西明石まで海岸線を走っていて景色が良いし後半は明石海峡大橋が見えて凄く良い感じ。

190924_16.jpg
190924_17.jpg

大久保から徒歩15分ほどの病院に行き、ここに入院している伯父と会って1時間ほど会話。流石に高齢で入院当初はかなり弱っていたようだけど、夏頃からメキメキと回復してきて車椅子ではあったけど病室ではなく休憩コーナーで会話できたのは嬉しかった。

その後帰路についたんだけど、直近の西明石発15:20の新幹線は流石に満席(まぁ自由席で行けばなんとでもなるんだけどせめて指定席でのんびり帰りたいし)で、次の16:20発→東京駅19:40着の新幹線で帰投。
家に着いたのは20時過ぎ。荷物の整理してから日曜朝の散策での無理が祟って筋肉痛になっていたのでちょっとマッサージしてもらいに出て、日が変わりアズレンのデイリー終わらせてから0時半頃に就寝となりました。

この三連休、ちょうど台風が接近してきて天候が心配ではあったんですけれど、ほぼ傘差さずに行動できてとてもラッキーでした。
今回もとても楽しい小旅行でしたが、いずれ温泉地に二泊以上の日程で行って、中日で終日ゆっくり過ごしてみたいな~と思ってみありも、まぁ贅沢な話ではありますが。

修理する文化/使い捨てる文化

この前の台風15号の影響で、実家の屋根裏の180cm×60cmくらいのベニヤ板が剥がれ落ちた。構造材ではないし、なくても雨漏りするようなモノでもないけれど、なにぶん道路側から丸見えで見栄えが悪いので三連休の初日に修理した。
修理といっても業者とかを頼むのではなく父と自分、それにちょっとだけアミタソでちゃっちゃと45分程度。

実家は父が現役だった頃に自分で設計して建てた色々と建築技師としてやってみたいことを盛り込んだ試験的な木造住宅なんだけど、父曰く屋根周りの釘に鉄釘じゃなく錆防止でステンレス釘を使ったんだけど、それが却って裏目に出て釘の周りのベニヤ板の方が経年劣化で腐食し緩んできたらしい。鉄釘なら錆はするけど、その錆が板との結合材の役目をはたして抜けにくかっただろうと。

まぁそんなワケで、実家の中二階ベランダに出て父と自分とで剥がれたベニヤ板を元の場所にはめ込み、あとは板を抑えながら屋根の構造材となっている角材に鉄釘で固定、その間に中二階の部屋の窓を開けっぱなしで修理していたので、アミタソが金槌やペンチ、釘を渡しつつ、入り込もうとするやぶ蚊を電撃ラケットで撃墜するCIWS役。

特に難しいことをするワケでもなく、まぁちょっと態勢がキツいってのはあったけど修理は滞りなく終わって、ビールでお疲れの乾杯して完了となった次第。

***

さて、それはそれとして前回のブログでもチラっと触れたけど、翌日日曜にモバイルルーターを機種変した。
使っていたモバイルルーターはHUAWEIのW01、四年ほど前にアミタソが実家にアミタソ母の介護で暫く戻る事となった際に、アミタソ実家にネット環境がない為に渡す用で契約したモノ。

主に充電ケーブル繋ぎっぱなしで実家で使っていたこともあり、アミタソが帰ってきてルーターが手元に戻ってきた頃にはバッテリーが劣化して膨れてきており、土曜に実家行く際にフル充電して持ち出した際に2時間程度しかもたなくなってきたので、当初はバッテリー交換するつもりで持ち込んだ。

しかし最近の常でショップに持ち込んだところ、バッテリー交換自体は可能だけど修理扱いになって日数もかかるし、仮に本体になんら異常がなくバッテリー交換しただけでも機種変するより費用が高くなるとのコト。

機種変したモバイルルーターは同じくHUAWEIのW06。本体価格は28Kくらいするんだけど、前のルーターを四年間使っていた関係もあってクーポン出ていて、そのクーポン利用で機種変手数料(3600円くらい)しかかからないとのコト。

そうなるとモバイルルーターってその機械自体にあんまり愛着が湧くようなモノでもないし、なによりネットに安定して繋がることが大事なのでどうしても機種変を選ぶことになってしまう。前のW01はリサイクルで回収してもらったので、資源的視点ではほぼ無駄にはなっていないものの、バッテリー交換すれば使えるんだよな~と考えるとちょっとだけもにょもにょした。

「百年戦争記」ボトムズ模型作品展に行ってきました

三連休2日目の日曜朝、さて今日はなにをしようかと考えているとモデリズムの小林氏のツイートにて表参道でボトムズ模型作品展が開催されることを知った。

ちょうど今日(9/15)の11時~14時にポケGOのナエトルコミュニティデイもあるので、表参道まで散歩も兼ねて出かけることに。

ついでにモバイルルーターのバッテリーが劣化してきたので、その対処もしておこうと、こちらについてはなんだかんだで既に4年使っていてバッテリー交換するよりも機種変した方が安く且つ今後の利便性も大きいので機種変することに。
※それにバッテリー交換だと修理対応で数日かかるのに対して機種変なら即日で且つクーポン利用で実質機種変費用しかかからないので


いつも通勤で使っているJR原宿駅で降り、そこから会場のLAPIN ET HAROT(ギャラリーラパン)まで徒歩で10分ちょっと(正確にはナエトル捕りながら歩いてたんで20分ちょっとかかってたwww)で、休日の原宿の華やかな雰囲気とはちょっと異なった「むせる」空間がw

190915_02.jpg

会場は満員御礼状態で、ギャラリーの前で小林氏とも会って挨拶。ギャラリー内外にあんまりたくさん人が居るので、もしかしたら入れ替え制?と思ったくらいでしたがそうではないので早速入場することに。

190915_03.jpg
190915_04.jpg
190915_05.jpg
190915_06.jpg
190915_07.jpg
190915_08.jpg
190915_10.jpg
190915_09.jpg
190915_11.jpg
190915_12.jpg
190915_13.jpg
190915_14.jpg
190915_15.jpg
190915_16.jpg
190915_17.jpg
190915_18.jpg
190915_19.jpg
190915_20.jpg
190915_21.jpg
190915_22.jpg
190915_23.jpg
190915_24.jpg
190915_25.jpg
190915_26.jpg

どれも眼福な作品ばかりでしたが、個人的に良いなと思ったのは鏡面仕上げで観客が映り込んじゃうんで、画像に一部ぼかし入れなきゃいけないくらいなフォックススペシャルと、ATという量産機の中にあってPS専用のスペシャルな雰囲気を見事に醸し出していたストライクドッグかな。あと実物大の対ATライフルも迫力満点でした。

会場を後にして、ポケGOしながらゆるゆると原宿まで歩いていたら途中で小林氏に声かけていただいて、それから新宿まで一緒に帰ることに。ちょっとしたミニカー談義に花が咲いて、小林氏が探しているというミニカーを中野に戻ってからブロードウェイで探してみることに、残念ながらブロードウェイでは見つからなかった(その代わりちょっと良いミニカー見つけて買っちゃった♪)んだけど、その後夕飯の買い物に出たついでにソレを見つけて確保に成功。

見に行ったのはボトムズ模型作品展だったんだけど、今は同時にミニカー熱も上昇中です。

ナノブロック作品展に行ってきた

台風15号が近づいてますが、日曜の日中はまだ天気良かったので、池袋のオレンジギャラリーにて9/7,8で開催されていたナノブロック作品展に行ってきました。

190908_01.jpg

ナノブロック、ちょっと前にハマって色々小物作ってましたが、作品展を見ているとどれもアイデアたっぷりの力作揃いで、ナノブロック熱を再燃させる効果抜群でした。

190908_02.jpg
190908_03.jpg
190908_04.jpg
190908_05.jpg
190908_06.jpg
190908_07.jpg
190908_08.jpg
190908_09.jpg
190908_10.jpg
190908_11.jpg
190908_12.jpg
190908_13.jpg
190908_14.jpg
190908_15.jpg
190908_16.jpg
190908_17.jpg
190908_18.jpg
190908_19.jpg
190908_20.jpg
190908_21.jpg
190908_22.jpg
190908_23.jpg
190908_24.jpg
190908_25.jpg
190908_26.jpg
190908_27.jpg
190908_28.jpg
190908_29.jpg

個人的にはオッサンホイホイに見事にやられて、ダーティペアのケイとユリがお気に入りだったんですが、完成度的には足踏みミシンが絶品でしたね~

あと食パンの柔らかそうな表現も溜まりませんでした。

中野オクトーバーフェスト2019~Returns

先週末の金曜日(8/30)から中野の四季の森公園イベントエリアにて、中野オクトーバーフェスト2019~Returnsが開催中です。


自宅から歩いていける距離でオクトーバーフェスト。できることなら友人誘って行きたいところですが、なかなか予定の都合もつかないので土曜の夕方(秋葉原でMediaPad M5買ってきて、あらかたセットアップを終えた17時頃)にちょっと一人で行ってきました。


なんかお供にウィーゴかメイトを連れて行こうと考えて、今のところ最新作となる逸仙(イーシェン)メイトをお供に。
まだ期間ある(~9/16迄)から、いっそのこと再訪用にポーラウィーゴ(色々考えた結果、酒呑んでだらしな~くしてるのはメイトよりウィーゴのほうが似合うという結論に至った)でも作っちゃおうかなと考え中。

前に行った日比谷だの立川だのと比較するとちょっとイベントスペースも小さめだけど、一回中に入ってビール(クロスタードゥンケルっていうダークラガー)とザワークラウト買ってイベントテントの中に行けば、もう陽気な空気でいっぱい。


一人酒とはいえこれは楽しい♪

まだ半月ほどあるので、ポーラウィーゴ仕込んだ挙句に今度こそ友人誘って再訪しようと心に決めた土曜の夜なのでした。

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索