FC2ブログ
忍者ツールズ

Latest Entries

艦これ2018初秋イベントという名のGotland掘り

9月初旬から何気なくポケモンgoを始めた。そしてアズレンの一周年イベントも開始された。それと時期を同じくして艦これも2018初秋イベント「抜錨!連合艦隊、西へ!」開始。
なおそれと並行して9月下旬には四国旅行なんかも行っていたりwww

つまりまぁプライベートに関しては模型の入る隙間もなくほぼずーっとゲームしていたわけで orz...

ということもあり今回の初秋イベント、幸い中規模イベント(夏と併せての大規模イベントだったら軽くタヒねたなw)だったこともあってクリア自体はそれほど苦労せずに終わらせることが出来ました。ただしクリア報酬艦はGETできたものの、その間新規追加のドロップ艦は一切邂逅できないで終わっていたわけですが。

で、そのドロップ艦のウチ沼ったのが駆逐艦娘の岸波だったら最悪諦めもつこうモノですが、実際に沼ったのは瑞航空巡洋艦娘のGotlandだったからたまったものではないワケで。

実際、岸波はE3の戦力ゲージ4回ほど周回したらあっさりとドロップしてた。

駆逐艦娘「岸波」

なにせ艦これ初のスウェーデン艦だし、同じく軽巡枠の航空巡洋艦(なおまことbisは無類の軽巡洋艦好き)なんだしと、これを逃すわけにはいかないと!
※性能的には大淀も航空巡洋艦寄りの大型軽巡ではあるんだけど、これはこれで結構性格異なりますからねぇ

Gotland

そんなワケで最終海域のE-5クリアして英戦艦娘のNelsonを手に入れてからその育成も兼ねてのE5-3 Gotland掘りの旅が始まったのでした。

ちなみに投入した連合艦隊の編成は以下のとおり
<1st>
Nelson(→Nelson改)、利根改二、伊勢改(→伊勢改二)、由良改二、鳥海改二、隼鷹改二

<2nd>
阿武隈改二、雪風改、Ташкент改、初春改二、Prinz Eugen改、妙高改二

結局のところNelsonさんが改になってLv.70に到達するまでかかり、途中で周回数を数えるの止めてたので正確な回数は忘れてるけど、どうもNelsonさん120本強はラム酒を空けた模様。
※Nelsonを旗艦にしてE5-3ボスマス到達時の台詞「よし!ラム酒を出そう!」より

そしてその間、一航戦/二航戦も対空値充実するほど沢山出たし、長門/陸奥も旨が熱くなるほど出てきたし、金剛型四姉妹も金剛以外はコンプできたし、この海域のボスマスで出ると言われている英艦娘、独艦娘もコンプリート。挙句の果てに瑞穂さんが二回連続でやってくるなど、これはもう気持ち的にダメかも知れんね、と思ってる頃に…
10月3日の夜、不意に験担ぎで旗艦をNelson改から筆頭秘書艦の由良改二さんに替えてみたら(戦術的には全く意味がないだけでなく、ネルソン・タッチ発動条件を満たさないのである意味不利な行為)その後2回目のボスマスS勝利でGotlandドロップに成功しました。

やっぱり効率とかそういうのよりも験担ぎって大事なのね。
そんなワケで2018年の艦これ初秋イベントMVPは独断と偏見により由良改二さんに決定。

独航空母艦娘のGraf Zeppelin、海防艦娘の松輪に続いての邂逅までに沼った艦娘になりましたわw
※しかも今回ボスで夜戦に突入すると8割くらいは友軍艦隊旗艦でやってくるので「そのまま帰るな~」な気持ちもあったし。

艦これ初秋イベントも来週10月10日11時のメンテナンスをもって終了予定だし、まぁなんとかイベント終われたなぁと。

なお並行してアズレン一周年イベントでの期間限定建造で追加されたアルバコア、ル・テメレール、エセックス、大鳳、ミニイベント報酬のニューカッスルも揃える事が出来たし、ポケモンgoでもまだLv.26だけどミュウツー2体確保出来たしと全体的に良くやれたのではないかと。

メカトロチャンクのしゃがませ方がわかった土曜のビッグサイト

9月29日(土)、東京ビッグサイトの東館7・8ホールで開催されていたホビーショー(第58回全日本模型ホビーショー)に行ってきました。
ただし最近ちょっと模型欲が減退中なんで感想も正直かなり淡白な感じに。

11:30にマクドナルドの有明パークビル店前にある喫煙所でAzrielさんと待ち合わせ。当初の予定では昼食食べてから会場入りしようかという話になっていたんですが、二人ともあんまり空腹感がないということでそのまま会場入り。

まず8ホールのバンダイ、WAVE、クレオスを回る。バンダイについては特に言うこともなし良くも悪くもいつものバンダイって感じでした。まぁCSフレーム使ったSD体型のマジンガーZ&グレートマジンガーがちょっと興味引いたけど、どうせ出たらそれを素体に機械獣作るんだろうし、自分。

あとはAzrielさんが宇宙戦艦ヤマト2202第六章のプロモ観て引いてたなぁと。バンダイも早いうちに(ヤマト2202から)手を引いたほうが良いのにね~というのが正直な感想だったみたい。自分もそう思った。

あとクレオスブースでAzrielさんがアクリジョンの下地カラーに興味持ってた。黄色はまぁしょうがないとしてもかなり各色の隠ぺい力&塗幕の強さは向上した様子。

7ホールに行ってコトブキヤ経由でハセガワブースへ。年末発売予定の1/35scaleメカトロウィーゴ「くりすたる&くりすたるみんと」、1/35scaleメカトロチャンク「オリジン&フォレスト」を観る。ウィーゴのくりすたる、透明なカウルは実は従来の金型とは違って新規で作り起こし(完全なクリアパーツの表面処理は不透明なものよりシビアなので)本当にPET樹脂で出来てるんじゃないかってくらいに透明でした。

そしてメカトロチャンク、展示されていた立体物はキャストキット版と小林さんが3Dプリンターで出力した内部あり胴体だけだったんですが、まずメカトロウィーゴと比較してもびっくりするくらい攻めた価格設定、そしてキャストキット版にはなかった平手付き、1/35のメカトロ先生(祝ウィーゴの神初インジェクションキット化)付属で胸部ハッチ&頭部の展開ギミックがキャストキット版から変わっているなど話題性満載。
ちなみにチャンクはツインスティック形式で操縦することが今回のハセガワ版キットで判明。たぶん両スティックの→←でしゃがんで←→でジャンプするに違いないと想像しています。

それ以外で個人的に興味を引いたのは、例のモンモデルのSD戦車パーシングが「君も大学選抜チームに入ろう!」な感じで結構見かけたのと、同シリーズ新作がM5スチュアート(注/M3スチュアートに非ず)と、もしかして潜在的に戦車道だけでなくタンカスロンも視野に入れてるんじゃないかと思ったりしたコトだったり。

それからワリと早めに会場を出てちょっと遅めの昼食。そこでAzrielさんが安く見つけてきたメカトロウィーゴRS「モリノ&アッシュ」をシェアし、その後は新宿に出て駿河屋経由で世界堂周り、夕方にAzrielさんと別れて、ゆるゆるとポケgoしながら歩いて帰宅しちゃいました。

徳島・香川の旅2018+α

9/22~24の三連休を利用してアミタソ、アミタソの両親、アミタソ妹夫婦と自分の6人で徳島・香川に1泊2日でドライブ行ってきました。

今回の旅行プランは、自分と義妹夫婦の3人が空路で徳島阿波おどり空港へ、朝が弱いアミタソは前日移動で実家(尼崎)へ、そこからアミタソ&アミタソ両親がクルマで徳島阿波おどり空港まで移動、合流後にレンタカー借りてグルっとドライブ、翌日夕刻に義妹夫婦を徳島阿波おどり空港に下ろして、そこから残り4人がアミタソ実家へ戻り、月曜に新幹線で東京に戻ってくるというもの。ちなみに自分の役割は基本的に運転手。
※アミタソは実家の店の手伝いもあって実家居残り、週末頃(?)に帰宅予定

■9月22日(土)
朝5時起床。朝の提督業終わらせて6時前に出発、羽田空港に7時過ぎに到着して朝食は朝マック。

07:40頃に義妹夫婦と合流し、08:55発ANA281便で徳島阿波おどり空港へ。定刻10:10に到着し、空港近くのニッサンレンタカーでセレナHybridを借りる。

この時点でアミタソ&アミタソ両親のクルマが鳴門北IC辺りまで来ているという事で暫し待機。10:45にアミタソ達も到着し、荷物を乗せ換えて11時に出発。

最初の目的地は三好市祖谷(いや)のかずら橋。徳島自動車道で井川池田ICまで移動(途中上板SAで昼食)し、そこから小歩危、大歩危経由でかずら橋に到着したのが14時半頃。

なおポケgoで徳島自動車道SA、PAにてチコリータが大発生していて一面の草むら状態でびっくりしてたんだけど、これってどうも単に当日がチコリータdayだっただけの様子。
ベイリーフ2体分を進化できるくらいに乱獲www

180922_01.jpg

かずら橋を渡ってみるのは有料で大人\550。三連休初日ということもあって人がたくさんで、高所恐怖症の人には辛そうだけど、渡るのに一番大変だったのは人が多く且つ立ち往生気味な人が多くて、そういう人達をすり抜けて渡らなきゃならないこと。
人が少なければ眼下の渓流の流れる音とかも楽しめただろうとは思ったけど、まぁそれは仕方ないかな?といったところ。

15時過ぎにかずら橋を出発して、次の目的地はアミタソの希望で去年もドライブで行ってきた賢見神社、16時過ぎに到着したけど去年来た時は夏真っ盛りでヒグラシの声が綺麗だったけど、今回は9月後半なんでツクツクボウシが遠くで鳴いている程度。あとトンボがたくさん飛んでました。

180922_02.jpg

賢見神社を出発したのが17時頃。この後は宿泊予定の香川県観音寺のかんぽの宿観音寺。徳島自動車道から高松自動車道の大野原ICで下りて、到着したのは18時10分くらい。

180922_03.jpg

部屋は自分とアミタソ、義妹夫婦がそれぞれ和室八畳、アミタソ両親が特別和洋室、久しぶりに窓側にミニテーブルといす付きの和室にテンション上がっちゃいました。窓の外の景色も高台にある5F部屋なんで瀬戸内の海が一望できてこれまた極上。
夕飯も豪華だったし、大浴場もシンプルながら良い感じで楽しめました。

■9月23日(日)
朝6時に起床。艦これとアズレンの遠征出してから朝風呂に。この大浴場での朝風呂が如何にも旅館泊まってるなぁって気分を満喫できて素敵。

朝食はバイキング形式での和食を楽しんで、10時に出発。
まず最初の目的地は道の駅ことひき(なおこの時点でこの場所がどういうトコか理解していない)
でもって道の駅に着いたらなんかこの場所、某勇者部のご当地だったワケでwww

180923_01.jpg
180923_02.jpg
180923_03.jpg

その後道の駅近辺の展望台に上がって、銭形砂絵を見てから移動、次の目的地は一気に徳島県の鳴門市。
高松自動車道をメインに移動して、義弟が行ってみたいと言っていた中華そば屋いのたにで昼食。

180923_04.jpg
180923_05.jpg

次に道の駅第九の里に行ってお土産買い込み、近くの四国八十八ヶ所霊場巡りの1番札所霊山寺を回って、徳島阿波おどり空港に戻ってきたのが16時半頃。レンタカーを返却し、義妹夫婦を見送ってからアミタソ実家に向けて出発。
途中淡路島南PAでトイレ休憩、淡路ハイウェイオアシスで軽い夕食。幸い明石海峡大橋~垂水の渋滞は軽微で、ほとんど渋滞らしい渋滞に嵌ることなく20時半にはアミタソ実家に到着しました。

その後はお風呂入ってアミタソ父とビール呑みながらいろいろ思い出話に花が咲いていた筈なんだけど、珍しくその後の記憶がちょっと曖昧で様はビール呑んでそのまま轟沈した模様。目が覚めたら部屋は消灯していて午前3時半くらいになってました。

■9月24日(月)
朝8時頃に起床し提督業を済ませ、9時過ぎに散歩がてらJR尼崎駅に帰りの新幹線の切符を確保しに行く。10時ちょっと過ぎにJR尼崎駅でミュウツーのレイドバトルが始まったので参戦。ミュウツーのGETに成功!
結構GET厳しいって前情報あったのでダメ元でだったけど、ボール11個貰い、4投目で予想外にあっさりと確保。
180924_01.jpg

とりあえず新幹線最終便の指定席確保してからアミタソ自宅へ。その後アミタソの提案で阪急線の武庫之荘駅にあるハワイスタイルカフェのPa'ina Wharf(パイナワーフ)へ。

180924_02.jpg
180924_03.jpg

ココでアミタソはエッグベネディクトを、自分はガーリックシュリンプをチョイス。ガーリックシュリンプは現地のガーリックバターたっぷりなのと比べるとだいぶ日本人向けにアレンジしてあるけどとっても美味かったです。

その後アミタソが旅行中の写真のをコンビニでプリントしてから武庫之荘駅前でまたミュウツーのレイドバトルが始まっていたので二人で参戦。今度はアミタソがミュウツーGETに成功。自分のほうは逃げられちゃいました。

それから夕飯をJR尼崎駅前のショッピングモールフードコートで食べて、1時間ほど前倒しで動けていたので新幹線の時間を変更し、新大阪21:13発の新幹線で東京に戻り、日付が変わる前に自宅に戻りました。

「風の遊園地からの脱出」体験してきた

9月15日の土曜日に、東京ドームシティで開催中のリアル脱出ゲーム、ポケットモンスター「風の遊園地からの脱出」やってきました。

なお、この期に(?)前々からアミタソ及び親友のAzrielさんから「始めなよ~」と誘われてたんですが、ポケモンgo始めちゃいました。艦これ初秋イベントとアズールレーンの一周年イベントも重なってるんでなかなか大変です(汗

ちなみにアミタソは無理としてもAzrielさんには秘密にしていていきなりフレンド申請してやろうと一週間くらい秘密にしていて、「ポケgo始めたよ~、今レベル23」とビックリさせたのは何気に楽しかったwww

この「風の遊園地からの脱出」東京と大阪の二箇所で開催され、大阪の方は台風21号の影響もあって既に期間終了しているんですが、東京の方は今週末の三連休までやっているんで、興味のある方は是非!やる価値ありの楽しさでした。

で、当日ですが実は午前中に会社の行事があって出社し、その後アミタソ&AzrielさんとJR水道橋駅で合流したのが14時半。その後遅めの昼食摂ってから東京ドームシティに行き、ゲームを始めたのは15時30分でした。
ゲームの参加費用は園内のアトラクションチケット5枚つづりの大人3,700円がかかります。

180915_01.jpg

二冊の小冊子(ゲームの指示書と、見つけたポケモンをGETするための図鑑)、そして鉛筆を貰ってゲーム開始。内容についてはまだ開催期間中なので伏せますが、ポケモンは遊園地内のあちこちにポケモンのボードが設置されていて、そのポケモンの技名を書いてある問題を解いて図鑑に書き入れるとGETとなる仕組み。当然正解の技名でなければGETできていない判定となるワケ。
※ゲームをクリアするのに全部のポケモンをGETする必要はありません。とはいえ全ポケモンコンプリートを目指したくはなりますが。

180915_02.jpg

指示書の順番どおり進んでいくと途中ポケモンをGETしなければならない場面や、アトラクションに乗らないといけない(モノによっては必須ではないけれど3個のアトラクションに乗る場面が出てきます、残りの2枚は別途フリーで遊ぶ用のチケットに)場面が出てきて、指示書の最後まで出てくる謎をクリアして進んでいく事となります。

ときに東京ドームシティって、感覚的にはけっこう小ぢんまりとした遊園地という認識でしたが、この敷地内を文字通り端から端まで駆け回って謎を解いていくコトとなるので、この敷地面積は適当な広さでした。これがTDLや富士急ハイランドだったりしたら体力的にタヒねます。

180915_03.jpg

途中園内のゲームセンター内も通りますが、そこで良い表情をしたカビゴンさんがお手迎えw
※脱出ゲームとは無関係です。

180915_04.jpg

ゲームは全3章仕立てなんですが、第一章を終えて第二章に入ろうとしている頃には18時に。早くも辺りは日暮れ時となっていました。

そしてこの後後半戦に、ゲームのストーリー的にちょっとしたどんでん返しが待っていて、それに気付けるか否かがゲームクリアの成否に掛かってきます。

その後20時に無事脱出ゲームクリア。途中ゆっくりと休憩なんかも挟んだんですが、ゲームクリアと全ポケモンGETに掛かった所要時間は4時間半でした。

180915_05.jpg

やった後の感想ですが、この脱出ゲーム。ポケモンやったことある人にはマジでお勧めです。いい大人が3人で園内をニコニコしながら駆けずり回り、代金以上の楽しさを得ることが出来ました。

参考までに今回のクリアに掛かった4時間半(途中の休憩タイムを差し引くと正味4時間といったところ)という所要時間ですが、想定所要時間で換算するとゆっくりめなんですが、そこそこトントン拍子に進めた感はありましたね。途中チェックポイントでの待ち時間なんかもあるんで、それを差し引けばもっと時間は短くなりますけど、クリア時間を競うゲームでもないし。

今回のポケモントレーナーパーティ構成&担当ですが

自分/ポケモンの知識はそれなり? 機動力を活かしたポケモン捜索担当
アミタソ/ポケモンの知識はそこそこ? 謎解き担当
Azrielさん/ポケモン博士w ポケモンの技名の正誤確認担当

って感じにそれぞれ連携してのプレイができました。ポケモン博士のAzrielさんが居たのは非常に心強かったし、アミタソもゲームのターニングポイントとなる謎と、最後の謎に逸早く気付いてゲーム進行にとっても貢献してくれました。

最後にこの「風の遊園地からの脱出」ですが、できれば劇場版ポケットモンスターみんなの物語を観た上でやってみることをお勧めしておきます。

そして・・・

×○○ンには気をつけろ!!

アミタソのツイキャスオフ会に参加

まぁ早い話が久しぶりに週末金曜日に呑みに行ったワケだけど・・・

アミタソが不定期にやっているツイキャスのリスナーさんの一人が週末東京に来るというので集まれる面子でオフ会したんです、交通事情などを考慮して会場は定番になりつつある秋葉原。

早く集まれた3人(主催アミタソを含む)でアキバ界隈でのポケモンgoレイドバトルなんかもしていたらしいんだけど、その後19時にもう一人合流して呑みに突入。

なお自分はというと金曜普通にお仕事なんだけど19時キッカリに終わらせてダッシュで仕事場を離脱、アキバに19時45分に着き50分には合流。

最終的なオフ会参加面子は5人と小ぢんまりとしたオフ会なんだけど、その分なんか話題とかも弾んでいい感じに。途中でアミタソがスマホ使っての実況ツイキャスを開始、オフ会に来られなかったリスナーさんもツイキャス越しにやってきてよりいっそう楽しめた感じでした。

いやホントいつも自宅でPCがBGM演奏用に、スマホでツイキャスというスタイルだったのでそういう意味ではいつもどおりなんだけど、居酒屋で不意に配信ができるっていうライブ感は凄いなって思いました。

なんだかんだで22時頃に居酒屋を出て解散となり、アミタソと帰る途中ちょっと小腹も空いてたんで松屋に寄ったら帰宅した頃には日が変わってましたけれど、凄く新鮮なオフ会って感じでした。

スーパーミニプラのマノン・ガーディアンをお手軽フィニッシュで組んでみる(その2)

前回はキットと使用する工具類、そしてガンダムマーカーの黄色(ガンダムイエロー)を使った黄色ラインのタッチペイントまでを紹介しました。

今回はいよいよ組立て&黒ラインの塗装ですが、まず黒ラインの塗装はガンダムかマーカーは使わずに墨入れペンの黒だけでなんとかなっちゃいました。

あとはまぁ取扱説明書を見ながら組み立てていくだけ。プロポーションについて非常に良く出来ているので下手に改造とかする気もなく素直に組んでいきます。

ここでガンプラと違うのは小さいランナーが沢山なキット構成になっていることから、ワリとパーツを探すのが面倒だって感じること。またパーツ精度についてはガンプラクオリティよりはちょっと劣る部分もあるので(特に間接部分は)予め仮組みしての確認が必要です。

組んでいるあいだに感じるのは・・・
ガンプラとは結構印象異なって、でもハセガワのメカトロウィーゴともコトブキヤのFA:G/メガミデバイスともちょっと異なる気分
※あくまでも個人の感想です。

組み立て中(といいつつ残り腕だけ)

だんだん組みあがっていく姿を見ながら感じたのは、ロボット魂のキット版を組んでいるような気分になるってこと。実際ガンプラと違ってポリキャップとか一切ない構成(とはいえある程度は関節のヘタり対策はされています)ですし。

墨入れしながらユルユル組んでいても大体3~4時間は掛からずに完成する感じかな?
とりあえずこんな感じで組みあがりました。

アクションポーズwww
主役メカのゴーグはいろんな格闘ポーズが似合う感じですが、マノン・ガーディアンはワリと大人し目なポーズの方が似合うかな?という感じ。

形状は結構複雑ですが、シルエットはシンプルなので素立ちポーズが結構似合う印象ですね。

前面/背面
右/左

マノン・ガーディアンの場合、肩のカバー(上に張り出しているヤツ)が肩関節を通してハマっているだけでちょっとグラつきますけれど、胸部側に接着しちゃうと肩関節の可動を制限しちゃいそうなので、そのままにしておいたほうが良さそう。

二挺の手持ちレーザー砲は、専用の手首に持たせるか背中のラックに収納することができますが、背中に装着するのにはあまりカッチリと固定できず、また手首のほうもイマイチ据わりが悪く感じたので思い切って手首のほうに接着しちゃいました。

レーザー砲を接着した手首


なのでラックのほうには収納できなくなり、ラック収納時の動力パイプも使用することはなくなっちゃいましたが、でもレーザー砲持ったときのポーズはとりやすくなったので自分的には満足です。

レーザー砲持ったマノンタイプ

で、ウェザリングしようかとちょっと考えていたんですが、モデリズムの小林さんも言ってましたが、ゴーグを含むガーディアンってなんかウェザリングする気にならないんですよね。

そもそも異星人のメカなんで、ちょうどラピュタのロボット兵のように、表面装甲の材質がなにで構成されているかわからないコトから銀のハゲチョロとかすると却っておかしくなっちゃいます。

スーパーミニプラのマノン・ガーディアンをお手軽フィニッシュで組んでみる(その1)

秋葉原のイエサブで、バンダイスーパーミニプラの巨神ゴーグが底値(\3,000)になっていたのでAzrielさんとシェアすることにして購入。Azrielさんがゴーグを、私がマノン・ガーディアン(ドークスガーディアン・レベル23 マノンタイプ)を取りました。

マノンガーディアンパッケージ

さてこのスーパーミニプラ巨神ゴーグシリーズですが、あのモデリズムの小林さんがバンダイキャンディスタッフBlogにて簡単塗装フィニッシュのレビューを公開しています。

ただ普通に模型している身には納得できるレビュー内容ではあるんですが、初めてプラモ組む人や久しぶりに組む人視点では、まず「塗装前に全パーツを歯ブラシに台所洗剤を付けたもので洗浄」とか「ポスカを使ったと思ったら次はアクリジョンで筆塗り」とかがちょっと面食らうかも、と思っちゃいました。

なので自分なりにもっと肩の力を抜いて、「最小限の労力で最大限の効果を」な視点で簡単フィニッシュレビューをしてみました。

パーツ(ランナー)一覧

さて、箱を開けてパーツを全部出してみると・・・
ランナーは結構な枚数。ちょっと眩暈を覚えそうになりますが、よくよく見てみれば小さいランナーが沢山なだけで、パーツ総数的にはガンプラの1/144scale HGUCシリーズと大差ありません。
大丈夫ポリキャップとかもないぶん至ってシンプルなキットです。

ステッカー&取扱説明書

次にステッカーと取扱説明書。
今回ステッカーは一切使わず、ステッカーで表現するライン部分だけタッチペイントで再現する方向で。

どうしてもステッカー使うと余白となる薄紫部分が却って綺麗に見えなくなるし、ステッカーのノリが弱いので完成後ちょっとすると情け容赦なく剥がれてくるのうなので。

取扱説明書(組立説明図)は、スーパーミニプラでは当たり前のワリと小さな紙にモノクロで両面印刷。昨今のガンプラの組立説明図と比べるとちょっと親切さに欠けるような気もするけれど、昔のアニメロボットプラモの組立説明図並ではあるのでたぶん大丈夫。

組立てに使う予定の工具類

今回組立てに使う工具類、ニッパーとカッターはいつもプラモ組んでる時に使っているもの、そして接着剤。ガンプラとかでもそうなんだけど、精度的に一歩劣る(ときもある)スーパーミニプラの場合、スナップフィットといってもいまいちパーツのポロリが怖いので基本的に接着していく方向で。

なお自分が好きになれないので普通のタミヤセメント使ってますが、普通にお茶の間のテーブルとかで組むのであればリモネン系の接着剤を使うといわゆる溶剤臭がしないので便利です。

そして今回の勝利の鍵「メラミンスポンジ」(写真右上の白い四角)百均で普通に調達できる代物ですが、表面研磨のスポンジヤスリ代わりに重宝します。またタッチペイントではみだした塗膜を削るのにも使用。

ガンダムマーカー(細部塗装用)

タッチペイントで使うのがガンダムマーカーの細先タイプセット。今回は黄色(ガンダムイエロー)と黒(ガンダムブラック)しか使いませんが、他の色も持っていれば何かと便利。

墨入れペン類

あとあちこちの黒線と陰影の墨入れにガンダムマーカーの墨入れ用ペン、ブラック、グレー、ブラウン一本づつあれば大丈夫です。

それと今回はちょうど持っていたんで紫の墨入れペンも。これはマノン・ガーディアンの陰影付ける用。

さて、今回塗装について事前確認しておきたいことですが、果たして中性洗剤などで事前にパーツを洗浄しておかないとマーカーの塗料が弾かれてしまう恐れがあるか?
これについては、ぶっちゃけ実際に塗装してみて弾くか否かを試してみれば一番確実です。

マーカーの定着テスト

試しにパーツに直ではなくランナー部分にガンダムマーカーの黄色(ガンダムイエロー)を塗ってみました。キットの個体差とかはあるかもしれませんが、少なくともこのキットでは普通に塗膜が定着するようです。
※実際に弾いたりして塗りムラになる場合は洗浄するかメラミンスポンジで磨いて離型剤を剥がしましょう。

色味(黄色部分)の確認

次にガンダムマーカーの色身の確認。

マノン・ガーディアンの場合、顔の黄色ラインと目のスリット部分、胸部コクピットハッチの赤が既に塗装済みです。なので塗装済みの顔の黄色とガンダムイエローが色的に合っているかをチェック。
これも見た限り大丈夫そうでした。

黄色を塗る必要のあるランナー

ガンダムマーカーがそのまま使えるとわかったので早速黄色部分のタッチペイント。そこで改めて黄色塗装するパーツをチェックしてみたんだけど、実のところマノン・ガーディアンの場合は頭部と襟部分と至って少ない。しかもそのパーツが1ランナーにまとまって(赤枠内)いる。

・・・1ランナーだけなら予め中性洗剤で洗浄してもいいかも知れないねwww

ざっくりと黄色を塗装

乾燥後にはみ出た部分はメラミンスポンジで落としちゃうので、はみ出しは気にせずにラインに沿って黄色のタッチペイントを。

メラミンスポンジではみ出た塗料を剥がす

タッチペイントした部分が乾燥したらメラミンスポンジのお仕事。磨きやすいようにパーツをランナーから外し、洗面所などでメラミンスポンジでの水研ぎ約5分。はみ出た部分を簡単に削り落とすことができます。

そうしたら今度は黒の墨入れペンとガンダムマーカーの黒で黒線部分をちょいちょいと墨入れ・・・

次回は一気に組立てを始めちゃいます。



※ちょっとだけ追記

ランナー3-B

黄色塗装するパーツが1ランナーにまとまって(2-D)いるって書きましたが、あとでもう一箇所(3-B)見つけちゃいました。首周りの襟部分、後ろ側になります。

いや~スーパーミニプラって小さめなランナーにパーツが点在してるから組み立てるまで気づかなかったですわw

今更ながらNexus7(2012)に艦これ/アズレン環境作った話

ガジェット弄るのが好きな人には大きく分けて2種類あると思っている。最新のガジェットを次々買って色々試してみる人(ある意味人柱役)と、既に枯れた旧式ガジェットを弄繰り回して使ってみる人(よく言えば浮世離れした仙人、悪く言えば産廃担当)
たぶん自分は後者だろうと思う。

先日2年ほど愛用していた中華タブレットのPloyer Momo8wがいよいよダメになり、最近はスマホで不自由なく出来てはいるものの、外出先での「艦これ」/「アズールレーン」環境として使っていた主力が居なくなったので、では代わりを考えようかと思ったものの、また怪しい格安中華タブレットを調達してこようかと思ったところ、ちょうど今適当な使用の格安中華タブレットの選択肢がなく、さ~てどうしたものかな?と考えていたところに1台オモチャがやってきました。

アミタソが使っていたNexus7(2012)

もともとアミタソもスマホとデスクトップPCをメインで使っていたものの、実家に帰ったときとかはそれなりにNexus7も使っていた様子、それがある時期を境にほとんど使わなくなったみたいなんだけど、それが「めちゃくちゃ動作が重くなって実用に耐えないから」というもの。
そしてアミタソのタブレットはAzrielさんの尽力もあって代替わりしたため、Nexus7が浮いた状態に。

そして先日そのNexus7の初期化したヤツを受け取ってみたらなんか本当に重い。感覚的に言うとXP時代のノートPCに最新のLinux入れて動かしているよりも酷い。いやこれはメモリ1G未満のPCにWindows Vista入れたような感覚。

とりあえずアプリのキャッシュをクリアすればそれなりには早くなるかな?と思って設定開いたら、何気なくAndroidがちゃんと5.1.1にアップデートされていました。こういうトコは結構マメだからね、アミタソ。

ということで、Nexus7が実用に耐えない程度に重くなったのは、Androidのアップデートが来てそれを実行後だろうと推測し、5.1.1にアップデートしたNexus7(2012)の速度回復手段をググって実行。

結果的にroot取るコトになったけど、今更サポート対象外になったところで困るようなことはないし、Androidタブレットのroot取得も今までは未経験だったので、最悪失敗しても失うものはほぼなにもないレベルではあるので悩むことなく実行。

いやしかしNexus7みたいに普及しているタブレットはこういうとき楽でいいよね。簡単にroot取るためのToolkitが手に入って、そのToolkitで簡単に出来ちゃうワケだから。

とはいえroot取ったのは目的ではなく手段であり、目的は別途root取得が必須だけど、不要で速度低下の原因となっているブロックの削除をやってくれるTrimmer (fstrim)の実行。

なんだかんだでやってみたら、工場出荷直後のようにサクサク(ヌルサクとはでは行かないけれど)動作するように改善成功。

早速「艦これ」と「アズールレーン」インストールしてみました。どちらもスマホ(Xperia XZ)のように快適に動くわけではありませんが、「艦これ」に関しては一通り、「アズールレーン」では戦闘に入りさえしなければそれなりに動作可能なことを確認しました。

ついでにポケモンgo入るかな?とやってみたけどこれは普通には無理っぽいです。回避手段はあるみたいなのでちょっと試してみようかな?とは思うけど。

そんな感じで俄かに復活したNexus7(2012)、外出時の持ち出しタブレットとして使うかもしれない今日この頃です。

秋葉原、ラジオ会館ビルの屋上

土曜の夜は野辺山日帰りドライブで結構疲れていたみたいで、日が変わってからアズレンのデイリー任務パーッとやって即落ち、翌朝起きたのは9時頃。

11時半にAzrielさんと秋葉原で約束していたので、10時半過ぎに外出。秋葉原までの移動中の電車内でラジオ会館が屋上開放中との情報を得る。

で、Azrielさんと合流してちょっと巡回したり、ポケGOのレイドバトルにつきあったり、昼食食べた後で改めてラジオ会館の屋上に行ってみた。

10階から階段で上がるんだけど、階段の入り口でヨーヨー釣りのチケット配っていてそれをもらって屋上へ。10階建てビルの屋上ということで、今時のビルの屋上としては目立って高いワケではないけれど、でも見晴らしは良い感じでした。

180819_01.jpg
180819_02.jpg

地上からは気がつかなかったんだけど、ヨドバシカメラ秋葉原店(アキヨド)の後ろにスカイツリーが見えたり、でも東京~浜松町方面はより高いビルが多いので東京タワーは拝めなかったり。

階段の近くでヨーヨー釣り&ドリンク販売やっていて、ヨーヨー釣りでヨーヨー2個取るとドリンクと交換可能、また100円でドリンク買うこともできる形式。

ちょっと前の猛暑だと辛そうな感じですが、暑さもおさまりそこそこ風もあったのでとても心地良かったです。

また別途イベントで開放されたら上がってみても良いんじゃないかと。

野辺山の電波望遠鏡までドライブ2018

8/18(土)、高校以来の親友健ちゃんと野辺山の電波望遠鏡まで日帰りドライブに行ってきました。
電波望遠鏡を目的地にしたのは、高校時代の部活合宿の定番場所だったこと、前回(約3年前)にも行ったんだけど、そのときは年一回の特別一般公開日で人がいっぱい、駐車場も満車で断念したことがあったから。

野辺山まで中央高速使わない場合の最適ルートは秩父経由で国道299号線で小海線沿線に出るものなんだけど、今回は健ちゃんが秩父から雁坂トンネル抜けて甲府へ出て、国道20号で小淵沢→甲斐小泉→清里→野辺山ルートで行きたいということだったので、往路はそのルートで。

朝5時に自宅近くに健ちゃんがクルマで迎えに来てそこから出発。青梅街道から東京所沢線に入り、所沢、入間を経て国道299に乗って秩父へ。そして秩父から国道140号線に乗って雁坂トンネルを通過し、西関東道路を経て国道20号へ。
そこからルート的には韮崎から野辺山を目指したほうが早いんだけど、景色などを考慮して小淵沢から甲斐小泉経由で野辺山を目指すことに。
野辺山の電波望遠鏡に到着したのは10:45でした。

180818_01.jpg
180818_02.jpg
180818_03.jpg
180818_04.jpg

その後連れてきたウィーゴたちを出して暫し電波望遠鏡を散策。前にココをあるいたのは7~8年前だっけ?と思いつつ、結構敷地内の道とか忘れてるもんだなぁとか思ったり。

12時に電波望遠鏡を出発して、野辺山の駅前に。前回来た時はなかった筈の観光案内所が出来て、駅そばもあったので、そこの天ぷらそばで軽く昼食。

180818_05.jpg
180818_06.jpg
180818_07.jpg
180818_08.jpg

その後13時頃に野辺山駅を出発し復路へ。帰りのルートは野辺山から佐久穂まで北上して、そこから国道299号線に乗り峠越えして秩父を目指す最適ルート。そこそこのんびり走っても15時前には秩父市内のスーパーに到着。そこでおやつ代わりに寿司パックとみそポテト食べて小休止してから秩父を抜けて帰路へ。

秩父を出る際にちょっと信号渋滞があったのと、定番で入間~所沢あたりが混んだけれど、特に大きな渋滞に巻き込まれることもなく19時頃には山田うどんの新座道場店で夕食、帰宅したのは21時ちょっと前でした。

総走行距離410kmほどで消費ガソリン26L強、そのうち野辺山~秩父手前までの約130kmの運転を自分が受け持ち、それ以外は健ちゃんの運転で。車内ではいつもどおりの色々雑多な話で盛り上がりとても楽しい1日を過ごせました。

毎回日帰りドライブ行くと話題に上がるんだけど、やはり一泊でのドライブも計画してはみたいな。

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索