FC2ブログ
忍者ツールズ

Latest Entries

レイドウィークエンドでルギアとホウオウがやってきた

12月15(土)~17(月)日のレイドウィークエンドで復刻したルギアとホウオウ、どちらも今年の9月から始めた身としては持っていないポケモンだったので、GETに出撃してきました。といっても純粋にレイドバトルでGETしたのはホウオウ(ただし色違い♪)のみ、GETについては4戦して1勝3敗とあんまりふるいませんでしたけどwww

まず初日、いつもどおりにアミタソ、Azrielさんとの3人で秋葉原にて。昼過ぎに待ち合わせして昼食後、まずホウオウが出現したのでそこに向かいレイドバトル。秋葉原は人が沢山だし、全体的にクレセリアよりも熱心に人が集まってくるのでバトル自体は楽勝。とはいえこのホウオウがソーラービーム持っていたので重い一撃は喰らいましたけれど。
で、バトル後のゲットチャレンジで…色違いホウオウ光臨!!
これは逃がすわけにはいかないと、なんだかんだでボールも13個あったので無事捕獲達成。

ホウオウ色違い

その後はちょこちょこと秋葉原界隈巡回して、アミタソたっての希望でハリネズミカフェ入ってハリネズミを愛でたり。

15時半頃にヨドバシカメラ前にルギア出現。やってみたけどこの回は不発。大量に人が集まってネットが重くなったようでポケgoのレスポンスも低下していたし、なにより実はルギアと相性悪い?のか(まぁ伝説クラスのポケモンのGET率は多分に運もあるんだろうけれど)Excellent1回、Great6回出したにも関わらずルギア捕獲はならず。

寒空の下で心底冷えたのでその後近くでお茶して、Azrielさんとのポケモン交換でとりあえずルギア確保。こちらからは前に約束していた色違いの青ポニータを進呈。
これでホウオウとルギアは確保したので当面の目標は達成したけれど…
まぁ人間欲深いものでやはり通常色のホウオウと(できれば)色違いのルギアも欲しいなぁ~などと。

ルギア

お茶した後に先ほどのヨドバシカメラ近くに再びルギア出現。この日最後のレイドにしようってことでコトで再戦したけれど、この回でもルギアの捕獲には失敗。

二日目の日曜日は終日ほぼ雨降りだったので、溜まっている録画の消費に専念することとしてレイドバトルはせずに自宅でヌクヌクと。

三日目。普通にお仕事なので通勤中とかに運が良ければ、と思っていたけれどなかなか都合良くはルギアもホウオウも現れず。20時過ぎの仕事帰りにようやく自宅近くの公園にホウオウが出現。時間的にもこれが最後だな~という感じだったのでチャレンジ。せめて通常色ホウオウは確保できるかな?と期待したけれど…

流石にホウオウだと人は集まるもので、レイドバトルの人数的には問題なし、バトルもほぼ瞬殺状態。
今回は周りに知り合いが誰も居ない状態だったのでGETしたボールは10個。でもまぁイケるだろうと思っていたら…
ホウオウさん意外に荒ぶっていて捕獲に失敗 orz...

とまぁこんな感じでレイドウィークエンドを終えたのでした。

あと時期を同じくして実装されたトレーナー同士のバトルもやってみて、最初にアミタソとやってみた回で負けたけれどシンオウストーンをGET。ウチのバトル組の一員のサイドンをドサイドンに進化させることができました。

トレーナーバトルはジムバトルやレイドバトル以上にポケモンの特性の読み合いになるので結構楽しめますね。慣れるまでは操作誤ってバリアー張っちゃうのが難点でしたけど。

ダイソーの樹脂粘土でポートランド改を作ってみた

今年はなんか半年近くモノ作りを休止(結果的に)していたんだけど、手慰みがてらなにかを作ろうということで、一番手頃な素材であるダイソーの樹脂粘土でアズレンでの秘書艦であるポネキことポートランド改を作ってみました。
なおいつもの困った性癖の関係上、単なるポーズ固定フィギュアではなく一部とはいえ関節可動仕様(首、ポニテ基部、両肩、両手首、腰、股関節、両足首の計11箇所)にwww

ポートランド改(樹脂粘土製)

ダイソーの樹脂粘土、なんだかんだで安いし混色しやすいしでお手軽なマテリアルではあるけれど、可動フィギュア作るとなるとちょっと軸部分が磨耗しやすめなのと、やはり中心部分まで完全に乾燥するにはそれなりな時間がかかるのでそこは要注意。

それ以外の点では乾燥前なら水である程度は接着可能だし、乾燥後は瞬着使用可能と「硬化に時間がかかるけれど安価なエポパテ」に感覚が近い。それだけではなく粘土の色を生かせるのと混色が可能という点で「フィギュア原型用ならエポパテ」、「ワンメイクなら樹脂粘土」というのが個人的には一番しっくりくる感覚。

また今回やってみてわかったけど、シリコーンゴムで型作っての複製もイケるので、顔パーツとかは一次原型作ってからセリアの複製用シリコーンゴムで型を取って樹脂粘土詰め込んでの複製もやってみました。

さて…、プラモの改造とかだと結構書くこといっぱいあるんだけど、正直なところゼロから形を作っていくフルスクラッチ系(プラバン工作や粘土造形系)って案外書くネタがなくって、強いて樹脂粘土でのフルスクラッチで書くことがあるといえば…

まずこれから作るものの色を決めて、それをどの樹脂粘土を混色するか考える。例えば白めな肌色だったら(パステルイエロー+パステルピンクで)みたいに。
そして混色してみる。思ったとおりの色になればそれでOK。そうでない場合は調味料や隠し味を入れる感覚で他の樹脂粘土を混ぜ込んで調整する。なおこれは樹脂粘土ならではの注意点なんだけど、色は最終的なカラーよりもちょっと淡い感じにしておくこと。乾燥するとちょっとだけ色が濃くなります。

混色した樹脂粘土について、その場限りであれば使いたい量だけ混ぜておけば良いけれど、例えば肌色なんかは予め一体分+αの量を作っておき、残った粘土は乾燥しないように保管しておくこと。似た色は再現できても、まったく同じ色ってレシピでも残しておかないとなかなか再現できないものです。

その後はひたすら手でこねて大まかな形作り。出来たら乾燥させて、加工できる程度に乾燥したら細かいデティール入れて、の繰り返し。

可動部分についてはコトブキヤのプラサポとFA:Gのポリキャップのあまりを流用。ボールジョイント状にしたんだけど、受け側の樹脂粘土が完全硬化しないと裂けやすいのでその点は注意。

塗装についてはほんのタッチペイントレベルで、瞳と口、それに陰影を極細油性マーカー、墨入れペン、コピックで入れたくらいです。

とりあえず自分的には満足できるレベルにできたので、現在二号の艦これ由良改二の建艦を着手したところ。

寒くなってきたので豚汁に昂ぶる

今年も早いもので、ついこの前まで随分と暑いと思っていたのに気がつけば涼しい季節を通り越して肌寒い初冬に。
寒くなってくると鍋も良いんですが、時たま無性に豚汁が恋しくなるときがあります。そんなワケで先週日曜(2018/11/18)と今週(2018/11/24)、対極的(?)な二軒の豚汁専門店に行って豚汁を堪能してきました。

■11月18日(土) ごちそうとん汁
ごちそうとん汁「生姜焼き豚汁」定食セット
生姜焼き豚汁(840円)+定食セット(ご飯と香の物で+100円)

代々木駅の西口から徒歩数分のところにある豚汁専門店「ごちそうとん汁」。店名が示すようにごちそうとして主張しているアレンジ利いた豚汁を楽しめます。

今回食べたのは生姜焼き豚汁で、豚汁の豚肉が生姜焼きになっていて後乗せされているモノ。そもそもココの普通の豚汁も豚肉が炭火焼きされたスペアリブ入ってるんですが、これがどちらも(スペアリブの方はアミタソと交換して食べてみた)どちらも豚汁の味付けにあっていて美味しかったです。なおココの豚汁は基本味付けが西京味噌のこってりめ、別に江戸甘味噌のもあったんでこちらはまた来た時に食べてみようと。

野菜も大きな塊でゴロっと入っているので食べ甲斐ありましたが、唯一ちょっと物足りなかったのがご飯を大で頼んだんだけど、ご飯茶碗が小さめで大盛りでも豚汁より先に無くなっちゃうコトかな?
定食セットが+100円なんで文句言うほどではないんだけど、別料金で良いから特盛り設定も欲しかった気分。

ココの店の豚汁は所謂普通の豚汁からかなりアレンジかかっているけれど、新しい主菜としての豚汁を楽しみたい方にはオススメの店だと思いました。

■11月24日(土) 吉田とん汁店
吉田とん汁店「豚汁定食」
豚汁定食(ご飯大) 680円

そもそも豚汁に昂ぶりたくなったのはこの店を知ったから。
場所は都バスの「東大正門前」バス停の近く。電車で行く場合は丸の内線の本郷三丁目が最寄り駅。

ポケGOしながらの散歩も兼ねてということで、総武線の御茶ノ水駅を下車して歩いて行ったんですが、結構気温も低めで着いた頃にはそこそこ身体も冷えてきて・・・

この店のメニューは至ってシンプル。持ち帰りもあるようですが基本「豚汁定食」1つのみ。選択肢はご飯のサイズ(大・中・小)と付合せ類(地卵や海苔など)のみ。
定食にはご飯と豚汁+小鉢2つと香の物が付いてきます。

ココの豚汁は至って普通の豚汁。具材で目立つのは大きめの豆腐とジャガイモで、豚肉は小さめのが程好い量入っていて、「そうそうこういうので良いんだよ」と感じる味付けです。しかも大きめの丼になみなみ入っていて、魚粉かけてあるのがアクセントかな?
なお今日の小鉢は青菜とウインナーのカレー風味炒め物とマカロニサラダ。

ご飯も大盛りだと結構な量で、食べ終わった頃にはすっかり身体も温まり、お腹もいっぱいになっていました。

東大前で学生も来るから値段もお手ごろなのかな?と思いつつ、とても満足な食後感。ココもたまに無性に行きたくなるお店となりました。

EXレイドでデオキシスがやってきた!

艦これ、アズレンに引き続いて、ウチのブログもポケモンGOの話題が増えてきたなぁ、と実感してきた今日この頃。

実は全然意識していなかったんだけど、たまたまミミロル欲しくてレイドバトルしたジムがEXレイド対象のジムだった為、先日10/31のEXレイドパスが送られてきました。時間は13:00~13:45、平日ではありますが仕事場のすぐ近くで且つ昼休みの時間帯なので参加は可能。

そして自分とは別にもう一人EXバトルに招待できるんですが、この時点でAzrielさんかアミタソかでちょっと悩んだ結果、平日の13時頃に現地に来れるか否か、そして他のフレンドからEXレイドの招待を受ける可能性を考えた結果アミタソを招待することに。

ついでだけど朝の通勤時に途中でコリンクのレイドバトル出来たんで、その分で手持ちのコリンクをルクシオに進化。そういえば昔パールからポケモン入ったんだけど、序盤でレントラーを主戦力にしてたなぁと思い出し、ルクシオを早くレントラーに進化させようと思ったり。

EXレイドバトルの場所は代々木公園のRed Dragon Wall Art。昼休みが12:30~13:30なので12:40にアミタソと待ち合わせ。昼食はEXバトル招待したこともあり、コンビニのサンドウィッチとドリンクだけだけれどこちらで用意。

ジムに黒いタマゴが出てきているのを確認し、でもまだ15分以上あるので近くのベンチでランチ。天気も良いしちょっとしたハイキング気分。

タマゴが孵る3分前くらいにジムの近くに移動。見るとやはり40~50人くらいの歴戦のポケモンハンターが。
そして定刻13時ジャストに黒タマゴからデオキシス誕生。

あとはもう、わかってると思いますがMAX人数の20人でデオキシスを即効袋叩き!!事実瞬殺状態にwww
得たプレミアボールは13個。金ズリも余裕あるのでたぶん大丈夫じゃないかな?と。
あと報酬のふしぎなアメ×9個も結構嬉しい♪

デオキシスGET達成!

ゲットチャレンジでも2投ほど威嚇で交わされましたが4投目のボールにてデオキシス無事GET達成。
アミタソも得られたプレミアボールが少なめで且つもうちょっと苦戦したようですが無事GET達成しました。やったーwww

その後ふしぎなアメをポリゴンのアメに換えてポリゴン2への進化も達成。良いお昼休みを満喫できました。

まだ一回だけではあったけど、感覚的にはミュウツーやギラティナよりは若干捕まえやすかったかな?という感想。あの2体よりも距離が近いからかな?

ダンバルのコミュニティデイリベンジ

10月28日(日)は一週間前に大規模ネットワーク障害で不発に終わったポケgoのコミュニティデイし切り直し日です。日頃ほとんどお目にかかれないポケモンのダンバルが12時~15時の3時間に大量発生するので、その進化ポケモンのメタング、メタグロスを手に入れる大チャンス。
あとダンバルには色違いも居るのでそれをGETする大チャンスでもあり。

なおこのコミュニティデイ開催前の段階での手持ちはメタングまで進化させた個体が1体と、10月21日の12時から10分ほどのあいだに取れた色違いダンバルが1体という状態。

個人的な目標は手持ちのメタングをメタグロスに、そして色違いダンバルも色違いメタグロスに出来ればな、というのと、付随してレイドバトルでアミタソにギラティナGETさせたいな、というところ。

10時にアミタソと出かけて11時にいつもの秋葉原電気街口でAzrielさんと待ち合わせ、それとちょうど東京遠征に来ているDさんとも合流して4人でコミュニティデイを楽しむことに。
11時半からちょっと早めのランチして、その途中でダンバル大量発生タイムに突入。ランチ後に腹ごなしも含めて秋葉原界隈を周回。

ギラティナの方はまず秋葉原公園でチャレンジするも4人全滅。その後肉の万世で再チャレンジ。秋葉原公園も凄い人だったけど、肉の万世前が凄い人数(数百人レベル)で非常にスマフォのレスポンスも低下。なので最初の混雑を待ってから開始。このレイドで自分はギラティナ逃がしちゃったけど、アミタソがGET達成。しかも結構個体値高いギラティナだった模様。

それからなんだかんだで15時の終了を待たずに大体の目標は達成できたので、14時半頃にはビッグカメラ付近でのレイドでコリンクGETしてからルノアールで戦果確認&休憩&ダベりタイムに。

で、自分の戦果ですが、この日のギラティナGET数は0だったけど、メタグロス2体、色違いメタグロス3体、色違いダンバル1体、そしてダンバルのアメ400個強。逆算すると130~140匹ほどダンバルを乱獲した模様。

181028.jpg

ただしポケモンボールと木の実の消耗も激しくて開始時に200強超あった各種ポケモンボールは20個以下に、70個近くあったパイルの実も10個近くまで。

16時半頃にAzrielさん、Dさんと分かれて、でもまだ暫くアミタソとアキバ巡回。消耗したポケモンボール&木の実を回復させ、夕飯食べてから帰途に着き、帰宅したのは結局22時頃。

朝やってからは遠征(もしくは委託)以外放置していた艦これとアズレンのデイリー終わらせて就寝しちゃいました。

なおこの日にGETした入り違いメタグロスをアメの残数にかまけて強化しまくった関係で、現在ウチのポケモンでCP上最強なのはメタグロス(次席がサーナイト)ということに。

あー、それと地元に戻ってから不意にイーブイとも親しくなれたので、この日図鑑に新規登録されたポケモンはメタグロス(含む色違い)とエーフィも加わることとなりました。

今年の高円寺フェス

今年の高円寺フェスは10月27,28日。
28日は別途予定入れていたので27日にアミタソとブラついてきました。

休みの日は早くに目覚めるもんでまず一回5時頃に目が覚めたので艦これの遠征出して二度寝。7時前にまた起きてから朝の提督業を一通りこなす。

8時頃にそういえばポケgoのフィールドリサーチで「訪れたことのないポケストップを8箇所回す」があったなぁと思い、自転車でちょっと繰り出して自宅の南西方向をグルッと回ってくる。その後更になんだかんだでミカルゲGETまでのフィールドリサーチも終わらせちゃう(なんだかんだで1時間半ほど掛かったか?)

その後遅めの朝食摂ってからアミタソと高円寺の方に行こうということで昼頃に外出。

高円寺に着いてからはまず駅周辺を散策し、南口の氷川神社でやっていたリトル北海道!の第2回ザンギ-1GPでから揚げ&ビールを堪能。

その後は高円寺中央公園でゆるキャラ見て、駅前まで戻り上島珈琲で休憩。

それから北口の純情商店街を周回してから南口へ。まだアミタソがギラティナGETしてなかったのでレイドバトルやったけど二人ともゲットチャレンジでギラティナに逃げられwww

業務スーパーで買い物してから新高円寺駅まで歩いて丸の内線で帰還。

夕飯は近所の丼丸で海鮮丼買ってそれですましてその後はのんびりと。翌日のコミュニティデイに向けて英気を養った(?)のでした。

パルフォム「白露改」簡単にレビュー

先週末(2018/10/21)のポケGOコミュニティデイはアクセス過多によるサーバ障害なんか発生しちゃって結局後日に仕切りなおしってコトになったワケですが、まぁ開始直後にちょっとだけダンバル大量発生の片鱗なんかも除いてとりあえず5体ほどGET、その内の1体が色変わり個体だったので、まぁ一応は恩恵に預かれたのかな?と、その後日ってヤツを楽しみにすることに。

で、アミタソ&友人のAzrielさんと折角アキバに出たことだし、といつもどおりの巡回なんかもして、そこで前からちょっと買おうかどうか悩んでいたパルフォムの白露改が安かったので買っちゃいました。

パルフォム白露改

定価が(まぁあってないようなモノだけど)6,000円+税で、大体グルッと回った感じでの相場が5,200円~5,300円(税込)くらい(つまり大体2割引き前後)のところ、3,980円(税込)と4割引きに近いプライスだったのでワリと衝動買い。

そもそも論として白露は艦これの駆逐艦娘の中では一推しわワケで、自作ながらねんぷち、ねんどろいど、figma(あと可動グラフィグなんかも)も揃えたくらいですからねぇ

とはいえねんどろいどやfigmaと同じMax Factory製ながら初めて手にしてみたパルフォム、開封して弄ってみたら結構かってが違うようで…

パルフォム、原型をりゅんりゅん亭の遠那かんし氏がやっていて実際作風なんかもしっかり出てる感じ。パルフォムの艦これシリーズが今のところ夕立改二、時雨改二、村雨改、白露改と白露型姉妹で展開しているので、なんか嗜好もあってそうで美味い酒が?めそうな予感。

フォーマット的にはちょうどねんどろいどとfigmaの中間にあたりそうな少し頭身高めなディフォルメ体型となっています。

品質的にも不満はないんですが、ただやはりfigmaでの可動範囲の広さを知っていると色々気になるところは出てきちゃいます。

個人的な改修したいポイントとしては…

まず艤装関係、造形的には良く出来ているんですが、全体的に軍艦色のグレーが濃過ぎるかな?これは夕立改二、時雨改二ではあんまり気にならなかったんだけど、村雨改、白露改だとちょっと気になってリペイントしたくなる箇所。

そして太腿の魚雷発射管、太腿のリング部分に回転軸があり、これが足の外股/内股の可動域にもなっていますが、リング部分だけでの独立可動ではないので魚雷発射管の角度補正に足が影響しちゃいます。発射管自体は差し込んであるだけなので、ココをボールジョイント接続にしてあげればもっとポーズに幅が出せると思い、現在優先的な要改修ポイントに。

そして白露本体ですが全体的にfigmaと比べちゃっているからか可動範囲が狭く感じられました。
首も単なるボールジョイントなので、ここをfigmaかねんどろいどのジョイントに替えるとかなり可動範囲が改善されると思うし、股関節も造形的には良いんだけどそれに引っ張られて可動範囲が犠牲になっている感じ。

また手首はまぁ我慢できるかも?として、足首が左右のスイングしかできないんで、スタンドあるからポーズ決めての展示は大丈夫だけど、やっぱりfigma準拠でグリグリ動かせると嬉しい感じ。

などなど…
良くも悪くも同じメーカーからより動く可動フィギュアが出ているからこその不満なんですが、まぁ自分なりに満足できるように改修してみてから遊んでみようと思いました。

艦これ2018初秋イベントという名のGotland掘り

9月初旬から何気なくポケモンgoを始めた。そしてアズレンの一周年イベントも開始された。それと時期を同じくして艦これも2018初秋イベント「抜錨!連合艦隊、西へ!」開始。
なおそれと並行して9月下旬には四国旅行なんかも行っていたりwww

つまりまぁプライベートに関しては模型の入る隙間もなくほぼずーっとゲームしていたわけで orz...

ということもあり今回の初秋イベント、幸い中規模イベント(夏と併せての大規模イベントだったら軽くタヒねたなw)だったこともあってクリア自体はそれほど苦労せずに終わらせることが出来ました。ただしクリア報酬艦はGETできたものの、その間新規追加のドロップ艦は一切邂逅できないで終わっていたわけですが。

で、そのドロップ艦のウチ沼ったのが駆逐艦娘の岸波だったら最悪諦めもつこうモノですが、実際に沼ったのは瑞航空巡洋艦娘のGotlandだったからたまったものではないワケで。

実際、岸波はE3の戦力ゲージ4回ほど周回したらあっさりとドロップしてた。

駆逐艦娘「岸波」

なにせ艦これ初のスウェーデン艦だし、同じく軽巡枠の航空巡洋艦(なおまことbisは無類の軽巡洋艦好き)なんだしと、これを逃すわけにはいかないと!
※性能的には大淀も航空巡洋艦寄りの大型軽巡ではあるんだけど、これはこれで結構性格異なりますからねぇ

Gotland

そんなワケで最終海域のE-5クリアして英戦艦娘のNelsonを手に入れてからその育成も兼ねてのE5-3 Gotland掘りの旅が始まったのでした。

ちなみに投入した連合艦隊の編成は以下のとおり
<1st>
Nelson(→Nelson改)、利根改二、伊勢改(→伊勢改二)、由良改二、鳥海改二、隼鷹改二

<2nd>
阿武隈改二、雪風改、Ташкент改、初春改二、Prinz Eugen改、妙高改二

結局のところNelsonさんが改になってLv.70に到達するまでかかり、途中で周回数を数えるの止めてたので正確な回数は忘れてるけど、どうもNelsonさん120本強はラム酒を空けた模様。
※Nelsonを旗艦にしてE5-3ボスマス到達時の台詞「よし!ラム酒を出そう!」より

そしてその間、一航戦/二航戦も対空値充実するほど沢山出たし、長門/陸奥も旨が熱くなるほど出てきたし、金剛型四姉妹も金剛以外はコンプできたし、この海域のボスマスで出ると言われている英艦娘、独艦娘もコンプリート。挙句の果てに瑞穂さんが二回連続でやってくるなど、これはもう気持ち的にダメかも知れんね、と思ってる頃に…
10月3日の夜、不意に験担ぎで旗艦をNelson改から筆頭秘書艦の由良改二さんに替えてみたら(戦術的には全く意味がないだけでなく、ネルソン・タッチ発動条件を満たさないのである意味不利な行為)その後2回目のボスマスS勝利でGotlandドロップに成功しました。

やっぱり効率とかそういうのよりも験担ぎって大事なのね。
そんなワケで2018年の艦これ初秋イベントMVPは独断と偏見により由良改二さんに決定。

独航空母艦娘のGraf Zeppelin、海防艦娘の松輪に続いての邂逅までに沼った艦娘になりましたわw
※しかも今回ボスで夜戦に突入すると8割くらいは友軍艦隊旗艦でやってくるので「そのまま帰るな~」な気持ちもあったし。

艦これ初秋イベントも来週10月10日11時のメンテナンスをもって終了予定だし、まぁなんとかイベント終われたなぁと。

なお並行してアズレン一周年イベントでの期間限定建造で追加されたアルバコア、ル・テメレール、エセックス、大鳳、ミニイベント報酬のニューカッスルも揃える事が出来たし、ポケモンgoでもまだLv.26だけどミュウツー2体確保出来たしと全体的に良くやれたのではないかと。

メカトロチャンクのしゃがませ方がわかった土曜のビッグサイト

9月29日(土)、東京ビッグサイトの東館7・8ホールで開催されていたホビーショー(第58回全日本模型ホビーショー)に行ってきました。
ただし最近ちょっと模型欲が減退中なんで感想も正直かなり淡白な感じに。

11:30にマクドナルドの有明パークビル店前にある喫煙所でAzrielさんと待ち合わせ。当初の予定では昼食食べてから会場入りしようかという話になっていたんですが、二人ともあんまり空腹感がないということでそのまま会場入り。

まず8ホールのバンダイ、WAVE、クレオスを回る。バンダイについては特に言うこともなし良くも悪くもいつものバンダイって感じでした。まぁCSフレーム使ったSD体型のマジンガーZ&グレートマジンガーがちょっと興味引いたけど、どうせ出たらそれを素体に機械獣作るんだろうし、自分。

あとはAzrielさんが宇宙戦艦ヤマト2202第六章のプロモ観て引いてたなぁと。バンダイも早いうちに(ヤマト2202から)手を引いたほうが良いのにね~というのが正直な感想だったみたい。自分もそう思った。

あとクレオスブースでAzrielさんがアクリジョンの下地カラーに興味持ってた。黄色はまぁしょうがないとしてもかなり各色の隠ぺい力&塗幕の強さは向上した様子。

7ホールに行ってコトブキヤ経由でハセガワブースへ。年末発売予定の1/35scaleメカトロウィーゴ「くりすたる&くりすたるみんと」、1/35scaleメカトロチャンク「オリジン&フォレスト」を観る。ウィーゴのくりすたる、透明なカウルは実は従来の金型とは違って新規で作り起こし(完全なクリアパーツの表面処理は不透明なものよりシビアなので)本当にPET樹脂で出来てるんじゃないかってくらいに透明でした。

そしてメカトロチャンク、展示されていた立体物はキャストキット版と小林さんが3Dプリンターで出力した内部あり胴体だけだったんですが、まずメカトロウィーゴと比較してもびっくりするくらい攻めた価格設定、そしてキャストキット版にはなかった平手付き、1/35のメカトロ先生(祝ウィーゴの神初インジェクションキット化)付属で胸部ハッチ&頭部の展開ギミックがキャストキット版から変わっているなど話題性満載。
ちなみにチャンクはツインスティック形式で操縦することが今回のハセガワ版キットで判明。たぶん両スティックの→←でしゃがんで←→でジャンプするに違いないと想像しています。

それ以外で個人的に興味を引いたのは、例のモンモデルのSD戦車パーシングが「君も大学選抜チームに入ろう!」な感じで結構見かけたのと、同シリーズ新作がM5スチュアート(注/M3スチュアートに非ず)と、もしかして潜在的に戦車道だけでなくタンカスロンも視野に入れてるんじゃないかと思ったりしたコトだったり。

それからワリと早めに会場を出てちょっと遅めの昼食。そこでAzrielさんが安く見つけてきたメカトロウィーゴRS「モリノ&アッシュ」をシェアし、その後は新宿に出て駿河屋経由で世界堂周り、夕方にAzrielさんと別れて、ゆるゆるとポケgoしながら歩いて帰宅しちゃいました。

徳島・香川の旅2018+α

9/22~24の三連休を利用してアミタソ、アミタソの両親、アミタソ妹夫婦と自分の6人で徳島・香川に1泊2日でドライブ行ってきました。

今回の旅行プランは、自分と義妹夫婦の3人が空路で徳島阿波おどり空港へ、朝が弱いアミタソは前日移動で実家(尼崎)へ、そこからアミタソ&アミタソ両親がクルマで徳島阿波おどり空港まで移動、合流後にレンタカー借りてグルっとドライブ、翌日夕刻に義妹夫婦を徳島阿波おどり空港に下ろして、そこから残り4人がアミタソ実家へ戻り、月曜に新幹線で東京に戻ってくるというもの。ちなみに自分の役割は基本的に運転手。
※アミタソは実家の店の手伝いもあって実家居残り、週末頃(?)に帰宅予定

■9月22日(土)
朝5時起床。朝の提督業終わらせて6時前に出発、羽田空港に7時過ぎに到着して朝食は朝マック。

07:40頃に義妹夫婦と合流し、08:55発ANA281便で徳島阿波おどり空港へ。定刻10:10に到着し、空港近くのニッサンレンタカーでセレナHybridを借りる。

この時点でアミタソ&アミタソ両親のクルマが鳴門北IC辺りまで来ているという事で暫し待機。10:45にアミタソ達も到着し、荷物を乗せ換えて11時に出発。

最初の目的地は三好市祖谷(いや)のかずら橋。徳島自動車道で井川池田ICまで移動(途中上板SAで昼食)し、そこから小歩危、大歩危経由でかずら橋に到着したのが14時半頃。

なおポケgoで徳島自動車道SA、PAにてチコリータが大発生していて一面の草むら状態でびっくりしてたんだけど、これってどうも単に当日がチコリータdayだっただけの様子。
ベイリーフ2体分を進化できるくらいに乱獲www

180922_01.jpg

かずら橋を渡ってみるのは有料で大人\550。三連休初日ということもあって人がたくさんで、高所恐怖症の人には辛そうだけど、渡るのに一番大変だったのは人が多く且つ立ち往生気味な人が多くて、そういう人達をすり抜けて渡らなきゃならないこと。
人が少なければ眼下の渓流の流れる音とかも楽しめただろうとは思ったけど、まぁそれは仕方ないかな?といったところ。

15時過ぎにかずら橋を出発して、次の目的地はアミタソの希望で去年もドライブで行ってきた賢見神社、16時過ぎに到着したけど去年来た時は夏真っ盛りでヒグラシの声が綺麗だったけど、今回は9月後半なんでツクツクボウシが遠くで鳴いている程度。あとトンボがたくさん飛んでました。

180922_02.jpg

賢見神社を出発したのが17時頃。この後は宿泊予定の香川県観音寺のかんぽの宿観音寺。徳島自動車道から高松自動車道の大野原ICで下りて、到着したのは18時10分くらい。

180922_03.jpg

部屋は自分とアミタソ、義妹夫婦がそれぞれ和室八畳、アミタソ両親が特別和洋室、久しぶりに窓側にミニテーブルといす付きの和室にテンション上がっちゃいました。窓の外の景色も高台にある5F部屋なんで瀬戸内の海が一望できてこれまた極上。
夕飯も豪華だったし、大浴場もシンプルながら良い感じで楽しめました。

■9月23日(日)
朝6時に起床。艦これとアズレンの遠征出してから朝風呂に。この大浴場での朝風呂が如何にも旅館泊まってるなぁって気分を満喫できて素敵。

朝食はバイキング形式での和食を楽しんで、10時に出発。
まず最初の目的地は道の駅ことひき(なおこの時点でこの場所がどういうトコか理解していない)
でもって道の駅に着いたらなんかこの場所、某勇者部のご当地だったワケでwww

180923_01.jpg
180923_02.jpg
180923_03.jpg

その後道の駅近辺の展望台に上がって、銭形砂絵を見てから移動、次の目的地は一気に徳島県の鳴門市。
高松自動車道をメインに移動して、義弟が行ってみたいと言っていた中華そば屋いのたにで昼食。

180923_04.jpg
180923_05.jpg

次に道の駅第九の里に行ってお土産買い込み、近くの四国八十八ヶ所霊場巡りの1番札所霊山寺を回って、徳島阿波おどり空港に戻ってきたのが16時半頃。レンタカーを返却し、義妹夫婦を見送ってからアミタソ実家に向けて出発。
途中淡路島南PAでトイレ休憩、淡路ハイウェイオアシスで軽い夕食。幸い明石海峡大橋~垂水の渋滞は軽微で、ほとんど渋滞らしい渋滞に嵌ることなく20時半にはアミタソ実家に到着しました。

その後はお風呂入ってアミタソ父とビール呑みながらいろいろ思い出話に花が咲いていた筈なんだけど、珍しくその後の記憶がちょっと曖昧で様はビール呑んでそのまま轟沈した模様。目が覚めたら部屋は消灯していて午前3時半くらいになってました。

■9月24日(月)
朝8時頃に起床し提督業を済ませ、9時過ぎに散歩がてらJR尼崎駅に帰りの新幹線の切符を確保しに行く。10時ちょっと過ぎにJR尼崎駅でミュウツーのレイドバトルが始まったので参戦。ミュウツーのGETに成功!
結構GET厳しいって前情報あったのでダメ元でだったけど、ボール11個貰い、4投目で予想外にあっさりと確保。
180924_01.jpg

とりあえず新幹線最終便の指定席確保してからアミタソ自宅へ。その後アミタソの提案で阪急線の武庫之荘駅にあるハワイスタイルカフェのPa'ina Wharf(パイナワーフ)へ。

180924_02.jpg
180924_03.jpg

ココでアミタソはエッグベネディクトを、自分はガーリックシュリンプをチョイス。ガーリックシュリンプは現地のガーリックバターたっぷりなのと比べるとだいぶ日本人向けにアレンジしてあるけどとっても美味かったです。

その後アミタソが旅行中の写真のをコンビニでプリントしてから武庫之荘駅前でまたミュウツーのレイドバトルが始まっていたので二人で参戦。今度はアミタソがミュウツーGETに成功。自分のほうは逃げられちゃいました。

それから夕飯をJR尼崎駅前のショッピングモールフードコートで食べて、1時間ほど前倒しで動けていたので新幹線の時間を変更し、新大阪21:13発の新幹線で東京に戻り、日付が変わる前に自宅に戻りました。

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索