FC2ブログ
忍者ツールズ

Latest Entries

「百年戦争記」ボトムズ模型作品展に行ってきました

三連休2日目の日曜朝、さて今日はなにをしようかと考えているとモデリズムの小林氏のツイートにて表参道でボトムズ模型作品展が開催されることを知った。

ちょうど今日(9/15)の11時~14時にポケGOのナエトルコミュニティデイもあるので、表参道まで散歩も兼ねて出かけることに。

ついでにモバイルルーターのバッテリーが劣化してきたので、その対処もしておこうと、こちらについてはなんだかんだで既に4年使っていてバッテリー交換するよりも機種変した方が安く且つ今後の利便性も大きいので機種変することに。
※それにバッテリー交換だと修理対応で数日かかるのに対して機種変なら即日で且つクーポン利用で実質機種変費用しかかからないので


いつも通勤で使っているJR原宿駅で降り、そこから会場のLAPIN ET HAROT(ギャラリーラパン)まで徒歩で10分ちょっと(正確にはナエトル捕りながら歩いてたんで20分ちょっとかかってたwww)で、休日の原宿の華やかな雰囲気とはちょっと異なった「むせる」空間がw

190915_02.jpg

会場は満員御礼状態で、ギャラリーの前で小林氏とも会って挨拶。ギャラリー内外にあんまりたくさん人が居るので、もしかしたら入れ替え制?と思ったくらいでしたがそうではないので早速入場することに。

190915_03.jpg
190915_04.jpg
190915_05.jpg
190915_06.jpg
190915_07.jpg
190915_08.jpg
190915_10.jpg
190915_09.jpg
190915_11.jpg
190915_12.jpg
190915_13.jpg
190915_14.jpg
190915_15.jpg
190915_16.jpg
190915_17.jpg
190915_18.jpg
190915_19.jpg
190915_20.jpg
190915_21.jpg
190915_22.jpg
190915_23.jpg
190915_24.jpg
190915_25.jpg
190915_26.jpg

どれも眼福な作品ばかりでしたが、個人的に良いなと思ったのは鏡面仕上げで観客が映り込んじゃうんで、画像に一部ぼかし入れなきゃいけないくらいなフォックススペシャルと、ATという量産機の中にあってPS専用のスペシャルな雰囲気を見事に醸し出していたストライクドッグかな。あと実物大の対ATライフルも迫力満点でした。

会場を後にして、ポケGOしながらゆるゆると原宿まで歩いていたら途中で小林氏に声かけていただいて、それから新宿まで一緒に帰ることに。ちょっとしたミニカー談義に花が咲いて、小林氏が探しているというミニカーを中野に戻ってからブロードウェイで探してみることに、残念ながらブロードウェイでは見つからなかった(その代わりちょっと良いミニカー見つけて買っちゃった♪)んだけど、その後夕飯の買い物に出たついでにソレを見つけて確保に成功。

見に行ったのはボトムズ模型作品展だったんだけど、今は同時にミニカー熱も上昇中です。

ナノブロック作品展に行ってきた

台風15号が近づいてますが、日曜の日中はまだ天気良かったので、池袋のオレンジギャラリーにて9/7,8で開催されていたナノブロック作品展に行ってきました。

190908_01.jpg

ナノブロック、ちょっと前にハマって色々小物作ってましたが、作品展を見ているとどれもアイデアたっぷりの力作揃いで、ナノブロック熱を再燃させる効果抜群でした。

190908_02.jpg
190908_03.jpg
190908_04.jpg
190908_05.jpg
190908_06.jpg
190908_07.jpg
190908_08.jpg
190908_09.jpg
190908_10.jpg
190908_11.jpg
190908_12.jpg
190908_13.jpg
190908_14.jpg
190908_15.jpg
190908_16.jpg
190908_17.jpg
190908_18.jpg
190908_19.jpg
190908_20.jpg
190908_21.jpg
190908_22.jpg
190908_23.jpg
190908_24.jpg
190908_25.jpg
190908_26.jpg
190908_27.jpg
190908_28.jpg
190908_29.jpg

個人的にはオッサンホイホイに見事にやられて、ダーティペアのケイとユリがお気に入りだったんですが、完成度的には足踏みミシンが絶品でしたね~

あと食パンの柔らかそうな表現も溜まりませんでした。

中野オクトーバーフェスト2019~Returns

先週末の金曜日(8/30)から中野の四季の森公園イベントエリアにて、中野オクトーバーフェスト2019~Returnsが開催中です。


自宅から歩いていける距離でオクトーバーフェスト。できることなら友人誘って行きたいところですが、なかなか予定の都合もつかないので土曜の夕方(秋葉原でMediaPad M5買ってきて、あらかたセットアップを終えた17時頃)にちょっと一人で行ってきました。


なんかお供にウィーゴかメイトを連れて行こうと考えて、今のところ最新作となる逸仙(イーシェン)メイトをお供に。
まだ期間ある(~9/16迄)から、いっそのこと再訪用にポーラウィーゴ(色々考えた結果、酒呑んでだらしな~くしてるのはメイトよりウィーゴのほうが似合うという結論に至った)でも作っちゃおうかなと考え中。

前に行った日比谷だの立川だのと比較するとちょっとイベントスペースも小さめだけど、一回中に入ってビール(クロスタードゥンケルっていうダークラガー)とザワークラウト買ってイベントテントの中に行けば、もう陽気な空気でいっぱい。


一人酒とはいえこれは楽しい♪

まだ半月ほどあるので、ポーラウィーゴ仕込んだ挙句に今度こそ友人誘って再訪しようと心に決めた土曜の夜なのでした。

HUAWEI MediaPad M5 Lite 8導入

一つは中華Dual OSタブレットのmomo8wがダメになったこと。そしてもう一つが艦これが第二期HTML5に進化し、アズールレーンも日に日にデカくなってきて(アプリサイズとデータサイズ、そしてアプリ自体の重さ)いること。

気が付けば艦これはまだなんとかなっているものの、アズールレーンについては快適に動作できる環境がスマホ(Xperia XZ)のみになっていることから、そろそろ両ゲームのバックアップというか自宅でのメイン環境をスマホ以外に用意しないといけないなぁと思っていたんですが、先週末に思い立って新しいタブレット調達してきました。

なお思い立ったキッカケは、まずアズレン8/29のアップデートで新規追加された駆逐「バッチ」と軽巡「ブラックプリンス」を早々に集められたコトへの(自分への)ご祝儀、そして8/31早朝より開始された艦これ2019夏イベントに向けての環境整備的な側面もあったり。

前々からちょっと気になっていたHUAWEIのMediaPad M5 Lite 8(LTEモデル)、ウチのタブレットとしては初のAndroid 9でメモリも3GBある快適タブレットです。

実のところ機種選定についてはちょっと悩んでいたこともあり、一応の第一候補はM5だったんですが、お仕事で弄る機会はあるもののプライベートではとんと縁のないiPadにようやく手を出そうかとも考えていて…

なので実質的に予算の関係もあって、週末にアキバ界隈巡回して探していたのは優先順的にも
MediaPad M5 > iPad mini 4 ≒ iPad Air 2
といったところ。
ほぼ一通り回ってiPad mini 4(WiFi)の容量64GBで結構良いのを見つけ、さて買おうかという寸前で今回買ったM5に巡り合ったという次第。

実のところiPadに興味があったのは事実だし、アズールレーンのプレイ環境としては申し分ないんだけれど、iOSだと艦これの動作がちょっと不安定という話も聞いていたので、まさに渡りに船状態。AndroidだったらブラウザでのHTML5版とアプリ版の両方動作可能という冗長性もあるし。

で、買ってきて早々に環境設定して艦これとアズレンのアプリ入れて(艦これは楽なんだけど、アズレンがアプリもデカいしアプリ入れてから実際にプレイできるまでの追加アップデートも多くて結構大変)動かしてみたんだけど、当たり前ながらどちらも非常に快適。スマホ環境と比較しても動作は軽快でストレス皆無。

日曜夕刻頃、M5からおもむろに艦これイベント海域にも進出して、1時間半ほどでE-1海域をクリア。ついでにE-1ボスのゲージ破壊時に新規追加の海防艦娘「御蔵」も無事ドロップ。今のところ運はこちらに味方している様子♪

海防艦娘「御蔵」

M5、当面は艦これ&アズレンの自宅プレイ環境としてWiFiで使うつもりなんだけど、せっかくSIMフリーのLTEモデルなので、いずれ格安SIM入れてお外でも使えるようにしてみようかと検討中。

ミクメイト作った♪

先にポケモンスタンプラリーに同行してちょこちょこ出てはいたけれどwww
以前、樹脂粘土でメカトロメイト捏造していた際に初音ミク風メイトも自作していたんだけれど、夏休みに入ってからハセガワプラモ版のメイトでミクメイト作っちゃいました。

今回はミクウィーゴ風にツインテール部分はメカっぽい感じで。


作る上でのプランはちょっと前から決めていて、実は半月ほど前にイエサブのパーツパラダイスでツインテール部分に使用するパーツを購入(ただし紆余曲折あって当初検討していたパーツとは別のパーツを使うことになったんだけど)、塗料も一緒に買ってたんだけど夏休みに入るまでウダウダしていたワケで。

ベースに使ったのはくろ&ももで身体はくろを頭部はももを持ってきて、ツインテール部分はガンプラのガンダムスローネツヴァイの前腕部(パーツパラダイスで\100だった♪)イメージとしてはなんか謎のフローティングデバイス状のナニか。

基本襟を切り詰めてツインテールを付加した以外は塗装での表現としたのでサクサクと完成したんだけど、結構上手くまとまった感もあってお気に入りに。

MikuMate02.jpg

作ってしばらくしてから樹脂粘土で得物の「魔法のバトン」も追加。とりあえず現状はなんとなく持たせているけれど、細い真鍮線接続にするか、手首毎交換にするかを未だ悩み中。
まぁこのままでいいやって気分が大半を占めてはいるんですが。

しかし今回使ったガイアカラーのミクグリーンが隠蔽力メチャクチャ強くてビックリした。スローネツヴァイの腕部分も一度塗りでほぼ色が載って二度塗りで万全なくらい。ペパーミントグリーン系なんで隠蔽力強いっていっても限度あるだろうしな~とか思っていたら、目から鱗でした。

JR東日本ポケモンスタンプラリー2019

今年の夏休みは8/10(土)~8/18(日)の9連休と長い休みだったんだけど、基本的に友人と会ったり日帰りの外出レベルで遠くには行ってなかった。例外としてポケモンスタンプラリーやってて、8/17(土)に大規模スタンプ収集作戦を実施したんだけど。

ちょっと前にウルトラマンやガンダムのスタンプラリーはアミタソと一緒に回ってコンプしていたんだけど、今回のポケモンスタンプラリーは収集すべきスタンプ総数こそ少ないものの、収集に回るエリアは過去最大。
今までは都区内パス(\750/日)+αで回れてたのが、今回は休日おでかけパス(\2,670/日)を利用しないと回りきれない感じ。


なので定期で回れるところやWF時期に秋葉原~蒲田あたりをピックアップで、夏休み初日に荻窪に買い物に行くついで(?)に八王子、立川、吉祥寺、西荻窪を回ったり、あと羽田国際線ターミナルを友人と会う前に回っておいたりと少しづつ下準備。

そして計画決行の当日(8月17日)。
最速で回るのならもっと効率良い計画もあるんだけど、基本ポケモンのスタンプを確保しつつ、一方でアミタソは駅のスタンプも一緒に収集、そして移動中の電車の旅を楽しむことを目的としての無理のない範囲での(?)旅の出発。

お供にミクメイトとカシマメイト改二も連れていくことにwww

190817_01.jpg

朝10時、中野駅から中央線で東京駅経由、京浜東北線で取り漏らしていた田町(ピカチュウ’) を回収。
以降
 ↓
蒲田(タケシ)
 ↓
川崎(ロコン)
 ↓
桜木町(ピカチュウ)
 ↓
横浜(ニャース)
 ↓
東戸塚(ギャラドス)
 ↓
大船(ウミオ)
と移動し、大船から宇都宮線の蓮田まで湘南新宿ライン宇都宮行きで一気に移動。
ここで移動時間が1時間半ほどあるのでグリーン券を別途購入(\780)してグリーン車でのんびりと駅弁での昼食を堪能。

190817_02.jpg

蓮田(ピジョット)
 ↓
大宮(リザードン)

190817_03.jpg

上尾(ゼニガメ)
 ↓
武蔵浦和(フシギバナ)
 ↓
越谷レイクタウン(プクリン’)
 ↓
柏(フシギダネ’)
 ↓
取手(ロコン’)
 ↓
牛久(ギャラドス’)

190817_04.jpg

松戸(ムサシ)
 ↓
日暮里(ニャース’)
 ↓
上野(コジロウ)
 ↓
津田沼(アーマードミュウツー)
 ↓
千葉(サカキ)

190817_05.jpg

この日最後の新浦安(ジュゴン’)をGETしたのが21:45、そこから東京駅経由で中野に戻って遅い夕飯を食べ、帰宅したのはほぼ日が変わる頃でした。

190817_06.jpg

移動時間自体はほぼ13時間、この日確保したスタンプが21個。移動中はエアコン効いた電車内で快適でしたが、駅の構内はエアコン効いていないところがほとんどだったので寒暖差もあってかなりドリンク消費しました。

とはいえ今回の周回の旅でコース上省いた数箇所を残してスタンプはほぼ回収。余裕をもってコンプリート達成できそうです。

そして休日おでかけパス、これは上手く利用すれば思う存分電車での旅を堪能できると分かったのも収穫でした。

艦娘メイト「金剛改二丙」とWF2019夏

今年も台風が夏を連れてきました。とはいえちょっと進路を気にしていた台風6号も土曜日のうちに熱帯低気圧に変わり、首都圏は夜中に結構雨が降ったようですが朝には雨も上がって(ただし湿度は100%!!)・・・、令和初のワンダーフェスティバルとなるワンダーフェスティバル2019夏が7月28日(日)に開催されたのでした。

といっても前回はアミタソ実家に行ってて参加しなかったワンフェス、今回についてもディーラー参加ではなく一般参加、そして今時点で模型的な熱はすっかりメカトロ中部に偏向しているので、特に目の色を変えて欲しくなるようなお目当てのガレキもなく。モデリズムと知り合いのディーラー回りが目的のヌルい参加に。

そこで今回はモデリズムが当日持ち込み企画として予定している「みんなのメカトロ各種」に参加することとしました。
当日持ち込んだのは2体。1体は自分の作品じゃないんですが、アミタソの要望を受けて親友Azrielさんが作ったシンプラー版ウィーゴの「かき氷ウィーゴ(イチゴ)」。
そしてもう1体が、先に「鹿島改メイト」、「雪風メイト(スク水&パーカーVer.)」で自分的にジャンルを確立した艦娘メイトの第3弾、「金剛改二丙メイト」です。

かき氷ウィーゴ&金剛メイト

艦これで秘書艦は由良改二ではあるものの、では一番信頼を置いていて且つ好きな戦艦娘は?となるとトータルバランスも考慮してやはり金剛が挙がる感じ。元々商品化には恵まれている艦娘だし、一度友人の為に可動グラフィグで作ったこともあるけれど、自分用に着手するのは実はほぼ初めて(実はグラフィグマスコット版で製品版の改造はしたけれど)な今回。

ちょっと間が空いちゃいましたが、更なる改装姿である金剛改二丙も実装されたので、この「金剛改二丙メイト」としてメカトロメイトを改造してみました。
なお今回はちょっとした理由もあってハセガワ製のプラモ版ではなく、モデリズムのキャストキット版がベース。

さて今回なぜキャストキット版をベースとしたかというと、改造に樹脂粘土を多用したから。ちょっと前に樹脂粘土造形で樹脂粘土がちょっとしたカラーエポパテ的な使い方ができると確信していたんだけど、今回それを実証してみよう(正確には雪風メイトでちょっと試し済みではあったけど)と思い、インジェクションキットのプラモ版よりは直感的にキャストキット版の方が親和性高そうに思えたから。

それとまぁこれは心情的なものになりますが、やはりキャスト版の方が「ちょっと特別♪」感があるんで、やはりその辺も影響しちゃって

艦娘メイト「金剛改二丙」

で、「鹿島改メイト」、「雪風メイト」では塗装表現で描いていただけの髪も今回は最初っ~樹脂粘土で造形。髪を盛る前に帽子パーツも接着後に削って成型したので頭の形もそこそこ変わってます。

なお艤装はどうしようか迷ったんだけど、結局艤装を取り付けることで却って扱い難くなりそうとの判断からオミットすることとしました。後ろ髪部分が艤装の有無どっちでも対応できるようになっているのはその辺の名残り。

「みんなのメカトロ各種」メカトロメイト部門のレギュレーションであるスタンドとしてペットボトルキャップを使用のこと、についても折角なんで艦娘らしく海面(or水面)をイメージできるようにちょっと青系のボトルキャップを探して、最終的にボルヴィックかエヴィアンかで迷った結果、海の色としては淡いんだけど清涼感のあるエヴィアンのボトルキャップを採用。
ただし接着はせずに足の裏とボトルキャップに2mmφの穴を開けてプラ棒接続としています。足の裏側の穴は後々ネオジム磁石埋め込むのにも使えるし。

ってな感じでWF前に一応こっそりと人目に触れぬように7/25(木)夜には「金剛改二丙メイト」は完成していたのでした。

そして週末、台風の進路が気にはなるものの基本的に「まぁなんとかなる」って感じで親友Azrielさん宅に前泊し、そこからAzrielさんの車で幕張メッセに向かうことに。

当日朝、まだ多少雨が残っていたものの幕張に着いた頃には雨も上がり、でも湿度は酷いことに。一般入場列に並んだけれど、なんか一般入場列の誘導もなんかスッキリせずなんともgdgdな印象を受けた。
10時開場直後にダイレクトパス入場絡みでちょっとゴタゴタあったようだけど詳細は知らないし知りたいとも思わず。入場してモデリズム卓に着いたのが確か10:35頃だったかな?

「みんなのメカトロ各種」のエントリーしてから今回のお目当てであるメカトロメイト100をGET。入手したのは黄色の№14。
別途でっちあげたメカトロメイト100の捏造末っ子№255(目の表記は16進数でFF)の認知を迫りwww

メカトロメイト100の№14と№FF(捏造)

その後1時間半ほど自由行動で会場内散策。その後企業ブースを回ってから「かき氷ウィーゴ」と「金剛改二丙メイト」を回収し、幕張メッセを離脱したのが1時半頃。

昼食食べてから東京テレポート駅まで送ってもらい、そこから自宅へ。帰宅したのは16時頃だったかな?
シャワー浴びてから寝落ちして、21時頃に目が覚めて夕飯買いに行ったりしたけれど、基本疲れきっていたんでダラダラと。

全体的に散在額も少なめだったけど、でも楽しくはあった今回のワンフェスでした。
いつもだったらアレを作りたいコレを作ってみたいとディーラー参加な目線での野望がふつふつと沸いたりするんだけど、今回は主に次に作るメイトのプランばっかり出てきた感じだったな。

艦娘メイト「雪風(スク水&パーカーVer.)」

前回艦娘メイトの「鹿島」作った際に、雪風も考えているけどどっちかというと作りたいって思っているのはZ3、アイオワ、高雄あたりとか言ってましたが…

18日のメンテナンス明けにちょっとした事案が発生。雪風の期間限定グラフィック「スク水&パーカーVer.」にコロっとヤラレて結局作っちゃいました。艦娘メイトの「雪風(スク水&パーカーVer.)」。

艦娘メイト「鹿島改」と「雪風(スク水&パーカーVer.)」

あと鹿島の方も雪風作る前に結局塗装だけでは満足できなくなってちょこちょこと改装、「鹿島改」となりました。

いやしかし自分で作っておいてこんなこというのもなんですが可愛いんですわこの2体、ホント中毒性があるんじゃないかってくらいに。

とりあえずこの2体で、メイトの顔部分には手を加えないという枷(主にプラモ版より先に樹脂粘土でメカトロメイト自作していた頃に色々やったけど、メカトロメイトであるという表現の為に守るべきお約束とした条件)を解放しちゃったので、できる表現は大幅に広がった感じ。

そしてこの2体が一つの基礎となってこの後に…

艦娘メイト「鹿島」と白オカメイト「ふく」

メカトロウィーゴにしろメカトロメイトにしろ、そしてメカトロチャンクにしろ、元のデザインが良いもんで改造する際に外形そのものに手を加えるか否かで悩んだりすることがある。

自分とこのお気に入りであり代表作であるモノについて、塗装だけのカスタマイズに留めるか思い切って切った貼ったの大改造までしちゃうか。

先に作ったUSBメモリメイトについては、そこそこ手は加えているものの極力外形はそのままでとしたこともあり、その後に下半身パーツの差し替えでできるターレメイトなんかも作ったけど、そろそろ本格的に「自分のカスタマイズメイトが欲しいな~」と思っていたので、艦これつながりで艦娘メイト「鹿島」を作ってみました。

艦娘メイト「鹿島」

といっても今回はあくまでも塗装のみで鹿島っぽくしただけ、今後色々手を入れたりする過程で外形が変化する可能性もありますが、基本的に現時点ではメカトロメイトそのまんまの形状です。
まぁちょっと反則気味ですが今回実施したのは前髪を塗装で表現したこと。これだけでも結構印象変わるもんだよなぁというのが自分でもちょっと驚き。

なお作る際に鹿島を選んだのはもう単純に帽子繋がりなワケで、それさえなければたぶんいつもどおりに白露か由良作っていた筈。

また出来た鹿島の「スカートで全然隠せていない」パンツ部分を見ていて「コレって雪風作ったらドハマりしそう」とかも考えているんですけれど、実は今のところ鹿島に続いて作ってみたい艦娘メイトは(やはり帽子周りの繋がりで)Z3、アイオワ、高雄あたりにシフトしつつあり、またこれはもうエポパテの大活躍になりそうではあるんだけれど、金剛改二も作ってみたいところ。

一方、思い切って外形にも手を入れたのがアミタソ用のメイトとして作ったオカメインコモチーフの白オカメイト「ふく」。

白オカメイト「ふく」

こちらについては当初の予定では鶏冠部分の冠羽をエポパテでアホ毛っぽく作ろうと当初考えていたんですけれど、鶏冠が可動して表情付けられたほうが面白いと気付き、メカトロウィーゴ「あにまる」のウサ耳を前後反転して取り付けてみたワケで。

鶏冠がまっすぐ上に立つとシルエット的にムーミンに出てくるミィっぽくなるのがちょっと面白いかなとこっそり思っていたり。

USBメカトロメイト完成

ハセガワ1/35scaleのメカトロウィーゴにUSBメモリ機能を内蔵したのがちょうど今から3年前。
最初にテストと破損した胴体ハッチ基部パーツの補強も兼ねて2GBのUSBメモリを内蔵した「デカ目ウィーゴ」を初めとして、その後に最大32GBまでのMicroSDカードを差し込めるUSBアダプタ内蔵の「りさいくる」、そして実質主力モデルとして持ち歩いている16GBのUSBメモリ内蔵モデルの「あぽろちょこ2号」と、なんだかんだで3体ほど作っていたワケです。

そして主力の「あぽろちょこ2号」については、百円ショップのミニケースにUSB延長ケーブル&MicroUSB変換ケーブルと一緒に入れて外出時なんかに持ち歩いているワケなんですが…

ハセガワからメカトロメイトが出るに至ってちょっと考えていた「もしかしてメイトにもUSBメモリ内蔵できるんじゃね?」を早速実行してみました。
なおメカトロチャンクやシンプラーのウィーゴなんかもアレコレできそうな気はするんですが、あっちはよりサイズも余裕あるし、USBメモリとして持ち歩くにはちょっと大きめなのでもう少し別の方向性での悪戯(MP3プレーヤー化とか)を考えたいところ。

で、USBメモリは前に省サイズの16GBのヤツを安価に用意しておいたので、それを持ってきてメイトのパーツと合わせてみて、USBメモリを入れるとなると頭部に内蔵して首チョンパ式か、腰部に内蔵して使う場合は腰部を外して差し込むか・・・

でもPCのUSBスロットからメイトの首が生えてるのって嫌じゃない?

と想像してUSBメモリ埋め込むのは必然的に腰部に決定。スペース的には頭部に入れるほうが余裕あるっぽいんだけど、その場合首が回らなくなるのも面白くないので。

usbmate190627_02.jpg

で、実際腰部にUSBメモリを入れるというか捻じ込むんですが、USBメモリ側もプラ部分をちょっと削ったりしてエポパテで固定。

上半身については背骨にあたるフレーム部分について、首のジョイントだけを残してこれを襟パーツに接着して固定。肩のポリキャップは元のフレームパーツは使わずに、USB端子の受けを作る際にエポパテで直接胴体パーツに固定して肩関節の可動を残しています。

あとはまぁ、ほぼそのまま組んだようなモノですが、ワンポイントとして目を2色にして蛍光ピンクのほうで「16」と内蔵メモリの容量表記を。それ以外の部分は蛍光ブルーにしたんだけど、消灯してるイメージで淡いグレーでも良かったのかも。

ついでに持ち運びやすいように頭頂部にキーチェーン付けて完成。

usbmate190627_01.jpg

腰のボールジョイントがなくなったので可動範囲は狭まったけど、でも首と腕部の可動は残せたので、このサイズとしては上々ではないかな~と。

USBウィーゴと比較しても、より小さくできつつ、PCなどのUSBスロットには延長ケーブルなしで接続できるようになったので利便性もちょっとだけ向上できた感じ。

USBウィーゴも持ち運びも荷物として邪魔にならないサイズだったけど、USBメイトはMicroUSBの変換ケーブルとセットでも大き目のガチャポンカプセルに収まるのでより持ち歩きやすくなったかな?

Appendix

プロフィール

まことbis

Author:まことbis
Twitter:@makoto_bis

東京都の○○区在住のしがないガチャ改造モデラー(?)です。
昔はプラバン使ったフルスクラッチがメインで「プラバンの魔術師」を自称してましたが、やっぱり趣味に時間が取れなくなると気軽にできるガチャ改造のほうがやりやすくって…

メカ/キャラ共にまんべんなく手を出していますが、とりあえずのフェイバリットはボールジョイントなどを使用したアクションフィギュア化改造です。
その関係上、新製品レビューでの視点は、あくまでも改造の素体と割り切り、どう弄ればより良くなるかという方向性が主ですので、予めご了承下さい。

あと、新製品だろうとレアな限定品だろうと自分が気に入らないとあっさりと改造しちゃう件についてもご了承願います。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索